お知らせ

エリア
バックナンバー 検索条件をクリア
31ありました

注目
日光表参道おもてなしクーポン販売中!

 「日光表参道おもてなしクーポン(鉢石宿)」を販売しております。

かつての宿場町で、日光東照宮の門前町である「鉢石宿」。老舗も多く、さまざまな店舗・施設が並ぶ、日光の歴史を感じる「鉢石宿」で、日光名物の湯波や羊羹などをお楽しみいただけるお得なクーポンとなっております。

 

販売価格:650円(税込)/1冊(クーポン券5枚綴り)

販売場所:日光郷土センター(栃木県日光市御幸町591)

クーポン利用可能店舗はこちら
(お知らせ / 2016年5月24日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
日光表参道おもてなしクーポン販売中!

注目
いにしえの栄華がよみがえる2日間「平家大祭」〔日光市(湯西川温泉)〕

 平家伝説の里で知られる湯西川温泉で6月4日(土)、5日(日)、「平家大祭」が開催され、平家絵巻行列など数々の催しが行われます。この祭りは1985年(昭和60)6月の「平家の里」オープンとともに始まり、今年32回目を迎えます。
 4日(土)には前夜祭が開催され、琵琶演奏などが行われます。5日(日)は勇壮な「平家絵巻行列」が行われ、関係者が平清盛・平重盛・鎧武者などに扮して行列を作り、湯殿山神社から平家の里までの約1kmを練り歩きます。到着後、凱旋式、大祭の宴が行われます。
 また、6月4日(土)、湯西川温泉の旅館、ホテル、民宿に宿泊される方を対象に、「平家絵巻行列」の参加者も募集します。

○期   間  2016年6月4日(土)~5日(日)
        ■6月4日(土)19:00~21:00(入場18:30)[予定]
                琵琶演奏、白拍子の舞、琴の演奏、上臈参拝[平家の里]
                ※同演目を2回上演
        ■6月5日(日)10:10~ 出陣式(三献の儀など)[湯殿山神社]
                10:35~ 平家絵巻行列出発
                10:45~ 勝鬨(かちどき)[本家伴久前]
                11:15  平家絵巻行列 平家の里到着
                11:35~ 凱旋式[平家の里 伝習館前]
                     赤間神宮神事 上臈参拝、蘭陵王の舞、鏡開きなど
                12:30~ 大祭の宴(琵琶演奏、演劇など)
                15:00~ 終了予定
        ※天候その他の事由でイベントの一部が変更になる場合があります。
○場   所  湯西川温泉街・平家の里(日光市湯西川1042)
○料   金  ■4日(日)宿泊者 大人1,000円 小人500円
              一 般 大人1,500円 小人750円
        ■5日(日)平家の里での観覧には観覧料(大人510円、小中学生250円)が必要。
○交通ガイド  電 車:会津鬼怒川線湯西川温泉駅から日光交通ダイヤルバスで約35分
         車 :日光宇都宮道路今市ICから国道121号経由で約90分
○問い合わせ  (一社)日光市観光協会 TEL 0288-22-1525
(お知らせ / 2016年5月22日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
いにしえの栄華がよみがえる2日間「平家大祭」〔日光市(湯西川温泉)〕

注目
太鼓と御神火が作り出す幻想的な雰囲気の火祭「御神火祭(ごじんかさい)」〔那須町〕

 那須は国内で最も大きな火山帯として知られ、過去数回の大噴火により多くの犠牲者を出しました。近隣近在の村人は山の怒りを鎮めるため身を清め、那須温泉(ゆぜん)神社に詣でて無間地獄の火に採火し「御神火」として崇めるようになりました。以来、いつしか五穀豊穣と無病息災を祈願する行事として定着しました。
 「御神火祭(ごじんかさい)」は、白装束に身を固めた参加者が松明を持ち那須温泉神社から殺生石(せっしょうせき)まで行列し、大松明(御神火)へ火を放ち、幻想的な雰囲気を醸し出します。御神火が燃える中、九尾の狐伝説の地「殺生石」では、郷土芸能の白面金毛九尾狐太鼓も披露されます。幻想的な木立の中を歩く「松明行列」は一般の方(先着100名)も無料で参加できます。
 今年は、午後から教伝地蔵の供養祭と千体地蔵の開眼供養を行う「教伝(きょうでん)地蔵尊縁日」、「九尾の市」も開催予定です。

○期   日  2016年5月29日(日)
        ※詳細なスケジュールについては、那須町観光協会HPをご確認ください。
○場   所  那須温泉神社・殺生石
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線黒磯駅から東野(とうや)バス那須湯本行きで約40分
            「那須湯本温泉」下車徒歩約3分
         車 :東北自動車道那須ICから約20分
○駐 車 場  殺生石駐車場は当日の利用はできません。
        那須湯本県営無料駐車場(大型:7台・普通車:30台)
        ※臨時駐車場(那須小学校)(約200台)から殺生石間のシャトルバス
         (乗車時間1~2分)をご利用下さい。
○問い合わせ  (一社)那須町観光協会 TEL 0287-76-2619
(お知らせ / 2016年5月21日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
太鼓と御神火が作り出す幻想的な雰囲気の火祭「御神火祭(ごじんかさい)」〔那須町〕

注目
さつき見るなら、やっぱり鹿沼!「第45回鹿沼さつき祭り」〔鹿沼市〕

 「鹿沼さつき祭り」は全国一のさつきの産地として知られている鹿沼市で、鹿沼市花木センターとJAかみつが鹿沼花木センターを会場に5月28日(土)から6月6日(月)まで開催されます。この祭りは、さつきの販路拡張や観光客の誘致、産業の振興などを目的として、昭和47年から開催されています。
 祭りのメインイベントは「さつき大展示会」です。全国各地の愛好家が丹精こめた見事なさつきが約300点出品され、見応え十分です。また、期間中、数万本のさつきの展示即売や特産品の販売、押し花展、さつき講習会、さつき苗木の無料配布などイベントも多数開催されます。
 今年の「さつき祭り協賛花火大会」は、大雨被害を受けた会場(黒川河川敷)の使用が困難のため、中止となります。

○期   間  2016年5月28日(土)~6月6日(月)9:00~17:00
○場   所  第1会場:鹿沼市花木センター(鹿沼市茂呂2086-1)
        第2会場:JAかみつが鹿沼花木センター(鹿沼市奈佐原町584-1)
○交通ガイド  電 車:東武日光線新鹿沼駅・JR日光線鹿沼駅から期間中無料送迎バス運行
         車 :東北自動車道鹿沼ICから約10分(第1会場)、約20分(第2会場)
○駐 車 場  1,000台(第1会場)、200台(第2会場)※ともに無料
○問い合わせ  鹿沼さつき祭り実行委員会(鹿沼市花木センター)TEL 0289-76-2310
(お知らせ / 2016年5月21日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
さつき見るなら、やっぱり鹿沼!「第45回鹿沼さつき祭り」〔鹿沼市〕

注目
国内最大級の群生地!マウントジーンズ「ゴヨウツツジ散策・鑑賞」〔那須町〕

 敬宮愛子(としのみやあいこ)内親王殿下のお印として話題のシロヤシオ(別名ゴヨウツツジ)は、那須のスキー場「マウントジーンズ那須」のゴンドラ山頂駅(標高約1410m)から那須登山道にかけての6haに、約3万株が自生しています。開花時は清楚な純白の花が咲き誇り、白い花のトンネルを散策できます。ここは国内最大級の貴重な群生地です。例年、5月下旬から6月上旬にかけて満開になります(気象状況により変動あり)。
 マウントジーンズ那須では、4月23日(土)から6月12日(日)までゴンドラの運行を行います。運行距離約1,800m、所要時間約10分、8名乗りのゴンドラから那須高原を一望できます。ゴンドラには愛犬を連れての乗車もできます。

○期   間  2016年4月23日(土)~6月12日(日)※開花予想期間
○営業時間   8:00~15:30(下り最終16:00)
○場   所  マウントジーンズ那須(那須町大島)
○料金(往復)大人(中学生以上)1,600円 子供(3歳~小学生)800円 ペット(1頭につき)800円
○交通ガイド  東北自動車道那須ICから約30分
        または那須高原SAスマートICから約20分
○駐 車 場  800台(無料)
○問い合わせ  マウントジーンズ那須 TEL 0287-77-2300
(お知らせ / 2016年5月19日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
国内最大級の群生地!マウントジーンズ「ゴヨウツツジ散策・鑑賞」〔那須町〕

注目
「本物の出会い 栃木」観光月報2016年6月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました

当協会編集・発行の「観光月報6月号」を発行しました。
日光山開山1250年記念「吉祥天」初開帳、「英国大使館別荘記念公園」(日光市)の新規施設オープン、那須りんどう湖LAKE VIEWの「トライデントイルミネーション」、「ウェルカム新緑!ウェルかぶ塩原♪ 塩原高冷地かぶキャンペーン」、湯西川温泉の「平家大祭」などの祭り・イベント、足利市や那須フィッシュランド(板室温泉)の「ホタル観賞会」、ハンターマウンテンの「ゆりパーク」、栃木市や大田原市(黒羽)、益子町の「あじさいまつり」など、初夏の情報が満載です。

6月号の主な内容

①日光山開山1250年記念「吉祥天」初開帳〔日光市(日光)〕
 2016年7月30日(土)~2017年11月30日(木)
 ※2016年12月1日(木)~2017年3月31日(金)の期間は非公開
②「ハンターマウンテンゆりパーク」7月16日(土)営業開始!〔那須塩原市(塩原温泉)〕
 2016年7月16日(土)~8月28日(日)
③那須りんどう湖LAKE VIEW「トライデントイルミネーション」〔那須町〕
 2016年7月16日(土)~18日(月・祝)・7月23日(土)~8月28日(日)
 ■花火大会開催日:2016年7/16(土)~7/18(月・祝)・8/6(土)~8/21(日)
④「英国大使館別荘記念公園」7/1(金)オープン!〔日光市(日光)〕
⑤ウェルカム新緑!ウェルかぶ塩原♪ 塩原高冷地かぶキャンペーン〔那須塩原市(塩原温泉)〕
 2016年5月20日(金)~6月30日(木)
⑥平家大祭〔日光市(湯西川温泉)〕2016年6月4日(土)~5日(日)
⑦がんばっぺ やいた軽トラ市〔矢板市〕2016年6月5日(日)
⑧第28回名草ホタルまつり〔足利市〕2016年6月10日(金)~30日(木)
⑨那須フィッシュランド「天然ほたる観賞会2016」〔那須塩原市(板室温泉)〕
 2016年7月7日(木)~31日(日)
⑩とちぎあじさいまつり〔栃木市〕2016年6月17日(金)~7月3日(日)
⑪第24回芭蕉の里「くろばね紫陽花まつり」〔大田原市(黒羽)〕
 2016年6月18日(土)~7月10日(日)
⑫あじさい祭り〔益子町〕2016年6月24日(金)~7月25日(月)


詳しくは、「添付ファイルを見る」(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
(お知らせ / 2016年5月16日配信)
 こちらもチェック
「本物の出会い 栃木」観光月報2016年6月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました

注目
約300万本のポピーが咲き誇る!「第13回きつれ川ポピーまつり」〔さくら市(喜連川)〕

 さくら市の荒川河川敷にある約1.5ヘクタールの畑に、約300万本の赤やピンクのポピーが5月中旬から下旬にかけて咲き誇ります。
 さくら市身体障害者福祉会が地域の人たちに楽しんでもらおうと十数年前に植栽を始め、現在はボランティアも加わったポピー畑管理委員会が栽培しています。5月28日(土)には、イベントも開催されます。

○日   時  2016年5月28日(土)9:00~16:00 ※雨天の場合は翌日に順延
○場   所  荒川河川敷兎田河原(さくら市早乙女)
○料   金  入場料無料
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線氏家駅東口から東野バス喜連川温泉行き
            または馬頭車庫行きで約20分「連城橋」下車徒歩約10分
         車 :東北自動車道宇都宮ICから約30分または矢板ICから約20分
○問い合わせ  さくら市商工観光課 TEL 028-686-6627
(お知らせ / 2016年5月13日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
約300万本のポピーが咲き誇る!「第13回きつれ川ポピーまつり」〔さくら市(喜連川)〕

注目
新緑の塩原で、幻の新鮮なトロカブを食べよう!「ウェルカム新緑!ウェルかぶ塩原♪ 塩原高冷地かぶキャンペーン」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

 塩原温泉で地産地消を推進する「塩原温泉うんまいもんプロジェクト」(事務局:塩原温泉旅館協同組合)は、5月20日(金)から6月30日(木)まで、塩原名物の「塩原高冷地かぶ」を活用した塩原温泉の誘客キャンペーン「ウェルカム新緑!ウェルかぶ塩原♪」を行います。5月から6月に旬を迎える「塩原高冷地かぶ」はトロカブとも言われ、瑞々しくとても柔らかく、甘いのが特徴で、首都圏の有名料理店でも使用されています。
 「ウェルカム新緑!ウェルかぶ塩原♪」協賛の宿泊施設(27施設)や飲食店(8施設)では、このおいしい塩原高冷地かぶを使用した料理を提供します。また、直売所(9施設)では、お土産に高冷地かぶを販売します。

○期   間  2016年5月20日(金)~6月30日(木)
        ※季節ものですので、キャンペーン期間はあくまでも目安ですので、
         ご了承ください。
○場   所  塩原温泉の宿泊施設(27施設)・飲食店(8施設)・直売所(9施設)計44施設
        ※施設名は「添付ファイルを見る」をクリックし、ご確認ください。
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線西那須野駅からJRバス塩原温泉行きで約40分
            または那須塩原駅からJRバス塩原温泉行きで約60分
            「塩原温泉入口」下車徒歩3分
         車 : 東北自動車道西那須野塩原ICから約20分
○問い合わせ  (特非)塩原温泉観光協会 TEL 0287-32-4000

■写真はイメージです。
(お知らせ / 2016年5月12日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
新緑の塩原で、幻の新鮮なトロカブを食べよう!「ウェルカム新緑!ウェルかぶ塩原♪ 塩原高冷地かぶキャンペーン」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

注目
日光山開山1250年記念「勝道上人立像」初公開〔日光市(日光)〕

 中禅寺は、日光を開山された勝道上人(しょうどうしょうにん)が延暦3年(784)に創建されたお寺です。その由来は、上人が中禅寺湖のほとりで祈願を込めたところ、湖上に観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)を感得(かんとく)され、そのお姿を桂の木に立木のまま御手彫(おてぼり)されました。これが「立木観音(たちきかんのん)」とも称される日光山輪王寺(にっこうざんりんのうじ)別院「中禅寺」の御本尊「十一面千手観世音菩薩(じゅういちめんせんじゅかんぜおんぼさつ)」(国重要文化財)であり、以来、日光山信仰の神髄たる「男体山権現」の本地仏として、朝野(ちょうや)あまたの善男善女から篤(あつ)い崇敬(すうけい)を受け、大正3年には国の重要文化財に指定されて現在に至っています。
 今年は、勝道上人が日光山を開山(766年)してから1250年目の年を迎えます。この「日光山開山1250年」を記念して、日光山中禅寺立木観音では、秘蔵されてきた「勝道上人立像」を4月29日(金・祝)から常設展示をしています。
 また、開山1250年記念事業として、秘仏とされていた天女像「吉祥天」を7月30日(土)から初開帳します。「吉祥天」は、勝道上人が修行中、歌ヶ浜で感得したと伝わる天女で、人々にいろいろな福楽ごとを与えるといわれています。

○期   間  2016年4月29日(金・祝)~常設展示
○場   所  日光山中禅寺立木観音(日光市中宮祠2578)
○拝観時間   4月~10月:8:00~17:00 11月:8:00~16:00
        12月~2月:8:30~15:30 3月:8:00~16:00
○拝 観 料  大人500円(450円) 小中学生200円(180円)
        ※( )内は20名以上の団体料金
○交通ガイド  電 車:JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺温泉
            または湯元温泉行きで約50分「中禅寺温泉」下車徒歩約20分
         車 :日光宇都宮道路清滝ICから約40分
○問い合わせ  日光山中禅寺立木観音 TEL 0288-55-0013
(お知らせ / 2016年5月6日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
日光山開山1250年記念「勝道上人立像」初公開〔日光市(日光)〕

注目
明治の薫りを楽しもう!「野木町煉瓦窯」5/10(火)グランドオープン!〔野木町〕

ホフマン窯はドイツ人のフリードリヒ=ホフマンが1858年に特許を取得した赤煉瓦焼成用の窯で、日本各地に築造されましたが、現在は栃木県野木町、埼玉県、滋賀県、京都府に4基のみ残っています。
 野木町煉瓦窯は、かつて野木町の近代産業を支えた旧下野煉化製造会社の工場の一部で、「ホフマン式円形輪窯」といい、1890年(明治23)に作られました。また、1979年(昭和54)の国の重要文化財に指定され、近代化遺産としては飛び抜けて古い指定となっています。この窯は、国内で現存するホフマン窯の中で唯一完全な形を保っている貴重な産業遺産です。
 このたび「野木町煉瓦窯」の修復が終了し、5月10日(火)から一般公開を行います。近くには、野木町交流センター「野木ホフマン館」も同時オープンし、野木町煉瓦窯や渡良瀬遊水地の展示説明室をはじめ、軽食コーナーや地元物産販売コーナーを併設しています。
 また、5月10日(火)から15日(日)まで、グランドオープンウィーク記念イベントを開催します。

■主なグランドオープンウィーク記念イベント
【煉瓦窯特別公開】
  野木町煉瓦窯をボランティアガイドによる案内付きで見学できます。見学無料。
 ○期  間  2016年5月10日(火)~15日(日)9:00~17:00(5/10のみ14:00~)
 ○場  所  野木町煉瓦窯

【ライトアップ】
  光と音の競演。煉瓦窯とメタセコイアの並木をレーザー光線、スモーク、音楽などを交え
  幻想的に演出します。見学無料。
 ○期  間  2016年5月10日(火)~15日(日)18:30~20:00
 ○場  所  野木町煉瓦窯・メタセコイア並木

○オープン日  2016年5月10日(火)14:00~ 一般公開
○所 在 地  野木町野木3324-10
○開館時間   ■野木ホフマン館:9:00~22:00
        ■煉瓦窯見学時間:9:00~17:00
        ■カフェレストラン「こびとカフェ」:9:00~19:30
○休 館 日  毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌平日閉館)、12/29~1/3
○料   金  ■野木ホフマン館入館料:無料
        ■煉瓦窯見学料:一般100円(80円)未就学児・小学生・中学生は無料
                ( )内は15名上の団体
        ■研修室、ピザ窯等は有料
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線野木駅から車で約10分
         車 :東北自動車道佐野藤岡ICから約50分
○駐 車 場  80台(大型バス5台を含む)
○問い合わせ  野木町交流センター TEL 0280-33-6667
(お知らせ / 2016年5月4日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
明治の薫りを楽しもう!「野木町煉瓦窯」5/10(火)グランドオープン!〔野木町〕