日光街道杉並木 にっこうかいどうすぎなみきみち

全長37km 天にそびえ立つ緑のカーテン

全長37km 天にそびえ立つ緑のカーテン
全長37km 天にそびえ立つ緑のカーテン
全長37km 天にそびえ立つ緑のカーテン
全長37km 天にそびえ立つ緑のカーテン
日光街道・例幣使街道・西会津街道の3つの街道で、全長37kmに渡って道の両側に約1万3300本もの杉の木がうっそうとそびえ立つ並木道。 徳川家の忠臣・松平正綱が20年余りの年月をかけて20万本以上もの杉を植樹し、家康の33回忌の年に日光東照宮の参道並木として寄進しました。高さ約30mにも成長したこの杉並木は現在日本で唯一、特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けており、平成3年には「世界一長い並木道」としてギネスブックに認定され、「日光街道杉並木まつり」や「杉並木マラソン」などの催しも行われています。日光街道を宇都宮に向かう右側には、桜が寄生した珍しい「桜杉」があります。(写真は、「日光フォトコンテスト入賞作品」を使用しています。)

周辺観光情報

基本情報

住所 〒321-1263 栃木県日光市瀬川地内 杉並木公園他
電話番号 0288-21-5611 (日光市観光協会今市支部)