お知らせ

エリア
バックナンバー 検索条件をクリア
51ありました

注目
1万発の花火と音楽の大迫力のコラボレーション!「尊徳夏まつり大花火大会」〔真岡市(二宮)〕

 「尊徳夏まつり大花火大会」は尊徳太鼓の勇壮な響きとともに幕を開け、約10,000発の花火が夜空を彩ります。尺玉花火のほか特大スターマイン、仕掛け花火などが、大迫力の音楽による演出の中打ち上げられ、会場は熱気につつまれます。会場となる鬼怒川河川敷内は、堤防沿いに芝生が広がっていて、ゆっくりと花火を観賞できます。
 また、約100店の模擬店が立ち並ぶ中、花火打ち上げ前には郷土芸能の披露や盆踊りが行われ、大勢の人でにぎわいます。

○日   時  2019年8月31日(土)19:30~20:30[予定]
        ※荒天時は、翌日に順延。
○場   所  鬼怒川河川敷緑地公園(真岡市砂ケ原)
○料   金  観覧無料
○打ち上げ数  約10,000発
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線自治医大駅から車で約15分
         車 :北関東自動車道真岡ICから約20分
○駐 車 場  約3,000台(無料)
○問い合わせ  尊徳夏まつり実行委員会 TEL 0285-74-4666
(お知らせ / 2019年8月21日配信)
県東エリア
 こちらもチェック
1万発の花火と音楽の大迫力のコラボレーション!「尊徳夏まつり大花火大会」〔真岡市(二宮)〕

注目
間近で見るスターマインは迫力満点!「サシバの里いちかい夏まつり」〔市貝町〕

 今年で第7回目となる「サシバの里いちかい夏まつり」では、さまざまなステージイベント(予定)が開催され、まつりの終盤を彩る花火大会は、スターマインを中心とした昔ながらの連続花火を間近で見学でき迫力満点です。
 サシバとは絶滅危惧二類の猛禽類で、東南アジアから日本へ繁殖のため渡ってきます。市貝町役場近くにある「道の駅サシバの里いちかい」周辺地域が、このサシバの世界的な繁殖地となっているため、市貝町は「サシバの里」と言われており、繁殖地・中継地・越冬地が集まった国際サシバサミットの第一回が市貝町で今年5月に開催されました。
 また、サシバが子育てにやってくるこの地域で生産される農産物は、安全で美味しく栄養価が高いと言われています。

○日   時  2019年8月31日(土)18:00~[予定]
        ※雨天時は翌日に順延予定
○場   所  市貝町中央公民館(市貝町上根1577)
○入 場 料  無料
○打ち上げ数  約5,000発
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮駅からJRバス関東茂木行きで約50分
            「市貝温泉入口」下車徒歩約3分
         車 :北関東自動車道真岡ICから約30分
○問い合わせ  市貝町企画振興課 TEL 0285-68-1118
(お知らせ / 2019年8月21日配信)
県東エリア
 こちらもチェック
間近で見るスターマインは迫力満点!「サシバの里いちかい夏まつり」〔市貝町〕

注目
令和元年に大正へ思いをはせる「大正天皇御生誕140年記念コンサート」〔那須塩原市〕

■写真:旧塩原御用邸全景(塩原温泉福渡)

 かつて塩原温泉には御用邸がおかれ、皇室の夏の避暑地としてご利用されてきました。大正天皇はお生まれが明治12年8月31日で、塩原滞在中にお誕生日をむかえることが度々あり、東京から宮内省の楽師が御用邸を訪れ、室内管弦楽の演奏会が開かれたとの記録が残されています。
 今年は大正天皇の御生誕140年にあたり、大正天皇がお出かけになった松方別邸がある千本松牧場、そして企画展を開催中の塩原もの語り館にて演奏会を開催します。
 第1第2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽四重奏とチェンバロの響きで、モーツァルト作「ディヴェルティメント ニ長調」や「七つの子」「この道」などの童謡を約1時間演奏します。

○日   時  2019年8月31日(土)13:30~(約1時間)
○場   所  千本松牧場(那須塩原市千本松799)・塩原もの語り館(那須塩原市塩原747) ※同時開催
○交通ガイド
 ■千本松牧場
  電 車:JR宇都宮線西那須野駅からJRバス塩原温泉行きで約15分「千本松」下車
   車 :東北自動車道西那須野塩原ICから約2分
 ■塩原もの語り館
  電 車:JR宇都宮線西那須野駅からJRバス塩原温泉行きで約45分
      「塩原温泉バスターミナル」下車徒歩2分
   車 :東北自動車道西那須野塩原ICから約25分
○問い合わせ  (特非)塩原温泉観光協会 TEL 0287-32-4000
(お知らせ / 2019年8月20日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
令和元年に大正へ思いをはせる「大正天皇御生誕140年記念コンサート」〔那須塩原市〕

注目
日本の伝統的な夏祭り「那珂川町夢まつり」〔那珂川町(馬頭)〕

 旧那珂川町役場庁舎跡地とその周辺を会場に、地元の方に親しまれている「那珂川町夢まつり」が開催されます。
 昨年好評だった自分の特技や自慢のモノを披露して競い合う「N-1グランプリ」を今年も開催する他、仮装部門もある「盆踊りコンテスト」、打ち上げ数約2,000発の花火大会も実施します。
 子どもたちが日本の伝統的な夏祭りを体感できて、思い出になるようなまつりです。

○日   時  2019年8月31日(土)15:00~20:10
        ※雨天時は9月1日(日)に順延
○場   所  旧那珂川町役場庁舎跡地(那須郡那珂川町馬頭409)及びその周辺
○交通ガイド  東北自動車道矢板ICから約40分
○問い合わせ  那珂川町商工会 TEL 0287-92-2249
(お知らせ / 2019年8月20日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
日本の伝統的な夏祭り「那珂川町夢まつり」〔那珂川町(馬頭)〕

注目
原人体験できるのはこのイベントだけ!「第32回くずう原人まつり」〔佐野市(葛生)〕

 古代ロマンをテーマにした葛生恒例のイベント「くずう原人まつり」が佐野市葛生地区の嘉多山(かたやま)公園で行われ、今回で32回目の開催となります。
 ライブステージや地元の小・中学生による吹奏楽、和太鼓の競演、ミニ動物園など数々のイベントがあり、大人から子供まで楽しめます。
 原人村では、化石発掘体験や古代火おこし体験、ふれあいどうぶつ園では、ひよこ・ふくろう・ポニー・ヤギや亀、うさぎなどの動物に実際に触ってふれあうことができます。

○期   間  2019年8月24日(土)~25日(日)
○場   所  佐野市嘉多山(かたやま)公園(佐野市嘉多山町1790)
○交通ガイド  電 車:東武佐野線葛生駅から徒歩約20分
         車 :東北自動車道栃木ICまたは北関東自動車道佐野田沼ICから約20分
○駐 車 場  約250台(無料)
        ※葛生あくとプラザ(佐野市あくと町3084)
         イベント会場まで徒歩約9分(期間中無料シャトルバスあり)
○問い合わせ  佐野市あそ商工会葛生支所 TEL 0283-85-2539
(お知らせ / 2019年8月14日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
原人体験できるのはこのイベントだけ!「第32回くずう原人まつり」〔佐野市(葛生)〕

注目
約5,000発の花火の競演!「さくら市きつれがわサマーフェスティバル&花火大会2019」〔さくら市(喜連川)〕

 1981年(昭和56年)11月6日の喜連川温泉湧出を記念して行われたのが始まりで、今では喜連川地区の夏の風物詩となっています。一昨年まで、毎年8月15日に開催されていましたが、昨年から8月の下旬に変更となり、今年は8月24日(土)に開催されます。
 花火の打ち上がる場所が四方を山に囲まれた盆地のため、花開く花火とともに響き渡る轟音を体感できます。特に終演を彩る尺玉と超豪華スターマインのコラボは圧巻の一言です。
 また、花火大会の前に歌謡ショー・フラダンス・公方太鼓・カラオケ大会などのステージショーが行われ、模擬店や露店も約40店舗が出店します。

○日   時  2019年8月24日(土)
        ■サマーフェスティバル:12:00~
        ■花  火  大  会:19:45~21:00 ※荒天順延
○場   所  道の駅きつれがわ脇 荒川水辺公園内(さくら市喜連川4145-10付近)
○打ち上げ数  約5,000発
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線氏家駅からバスで約15分「連城橋」下車徒歩約10分
         車 :東北自動車道矢板ICから約15分
○問い合わせ  喜連川観光協会 TEL 028-686-3013
(お知らせ / 2019年8月14日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
約5,000発の花火の競演!「さくら市きつれがわサマーフェスティバル&花火大会2019」〔さくら市(喜連川)〕

注目
約2,500発の花火が打ち上がる!「壬生ふるさとまつり」〔壬生町〕

 壬生ふるさとまつりでは、町内で多く生産される干瓢をテーマにした「かんぴょう踊り」や「ハア~さて、東西皆様方よ(エッサーエッサーエッサッサー)・・・」で始まる壬生町発祥のかんぴょう音頭を聞きながら踊る盆踊りなどを開催します。まつりの最後には、約2,500発の花火が打ち上がります。
 まつり当日は、東武宇都宮線「おもちゃのまち駅西口」及び「壬生町城址公園駐車場」より、送迎用の無料シャトルバスを午後5時から午後10時まで随時運行します。

○日   時  2019年8月24日(土)■かんぴょう踊り:18:30~ ■花火打上:20:00~
        ※雨天時は25日(日)に順延、25日が雨天の時は、19:00から花火打上のみ実施予定
○場   所  壬生総合公園陸上競技場(壬生町国谷783-1)(壬生町おもちゃ博物館隣)
○交通ガイド  電 車:東武宇都宮線国谷駅またはおもちゃのまち駅から徒歩約25分
            ※当日は16:00から22:00頃まで、おもちゃのまち駅及び壬生町城址公園
             駐車場から、会場への無料シャトルバスを運行予定。
         車 :北関東自動車道壬生ICから約3分
            ※19:00から20:00頃は会場周辺道路が大変混み合います。
             お車の方は迂回されますようご協力ください。
○駐 車 場  駐車場に限りがありますので、乗り合わせの上ご来場ください。
        公園周辺道路上の駐車はご遠慮ください。
○問い合わせ  壬生町観光協会 TEL 0282-81-1844
(お知らせ / 2019年8月13日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
約2,500発の花火が打ち上がる!「壬生ふるさとまつり」〔壬生町〕

注目
10万本のひまわりが咲き誇る!「第12回かみのかわサンフラワー祭り」〔上三川町〕

 上三川町の日産栃木自動車大学校北側約3ヘクタールの広々とした畑に約10万本のヒマワリが咲き誇ります。ヒマワリ畑の東側で、8月23日(金)から25日(日)まで、今回で12回目となる「かみのかわサンフラワー祭り」を開催します。
 イベント会場内にステージが設置され、キャラクターショーや歌謡ショーなどが行われる予定です。今年もひまわりを活用したまちおこしを実施する栃木県内の3町(上三川町、野木町、益子町)が連携し、豪華賞品が当たる「サンサンスタンプラリー」を実施します。
 また、24日(土)には「かんぴょう収穫祭り」、25日(日)には会場近くの愛宕(あたご)神社で、200年以上続けられている伝統行事「子供奉納相撲」も行われます。

○期   間  2019年8月23日(金)~25日(日)10:00~16:30
○場   所  ■ヒマワリ畑:日産栃木自動車大学校北側(上三川町上郷)
        ■イベント会場:農村環境改善センター(上三川町上郷2140)
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線石橋駅から車で約15分
         車 :北関東自動車道宇都宮上三川ICから約5分
○駐 車 場  周辺指定の駐車場をご利用ください。
○問い合わせ  かみのかわサンフラワー祭り実行委員会(上三川町商工会内)
        TEL 0285-56-2206
(お知らせ / 2019年8月13日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
10万本のひまわりが咲き誇る!「第12回かみのかわサンフラワー祭り」〔上三川町〕

注目
【イベント】 『オリオン通りお化け屋敷』 開催中! 〔宇都宮市〕

暑い夏に、お化け屋敷でひと涼みしてみませんか?

オリオン通りの夏の風物詩『オリオン通りお化け屋敷』が開催中です!
お化け一同、ご来場をお待ちしています!!

■開催期間
  2019年8月25日(日)まで ※無休

■開催時間
  午前11時 ~ 午後7時

■開催場所
  オリオンACプラザ(宇都宮市江野町3-10 竹川ビル1F)

■料  金
  高校生以上 300円
  中学生   200円
  小学生   100円
  未就学児  無 料
(お知らせ / 2019年8月8日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
【イベント】 『オリオン通りお化け屋敷』 開催中! 〔宇都宮市〕

注目
「本物の出会い 栃木」観光月報2019年9月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました!

暑い暑い夏が過ぎ、涼しさとともに栃木の山々にはすぐに紅葉がやって来ます。過ぎ去る夏に感謝するとともに、県内各地では秋の収穫を祝うおまつりが開催されます。長い夜を、栃木の地酒とともに秋の味覚で過ごされてみてはいかがでしょうか。
 
(お知らせ / 2019年8月7日配信)
日光エリア 那須エリア 県央エリア 県南エリア 県東エリア
 こちらもチェック