お知らせ

エリア
バックナンバー 検索条件をクリア
45ありました

注目
【お知らせ】世界遺産「日光の社寺」観光のための臨時駐車場の開設について

 観光シーズンにおける渋滞緩和を図るため、世界遺産「日光の社寺」観光のための臨時駐車場を日光霧降スケートセンターに開設しますので、ご利用ください。

○開 設 日  2017年4月29日(土)・4月30日(日)・
            5月3日(水・祝)・5月4日(木・祝)・5月5日(金・祝)・
            8月11日(金・祝)・8月12日(土)
○開設時間   各日とも10:00~18:00まで
○場   所  日光霧降スケートセンター駐車場(日光市所野2854)
○収容台数   680台
○利用料金   無料
○ト イ レ  臨時駐車場内にはトイレがございませんので、事前にお済ませになることをおすすめ
        します。
○シャトルバス  臨時駐車場から世界遺産「日光の社寺」までは、無料シャトルバスが10分間隔で
         運行します。
         なお、ペット同伴でのご乗車はできませんので、予めご了承ください。
         (シャトルバス下車後、日光の社寺まで徒歩約10分、距離800m)
○問い合わせ  日光市都市計画課 TEL 0288-21-5102
(お知らせ / 2017年4月27日配信)
日光エリア
 こちらもチェック

注目
【GWにおすすめ!】世界遺産「日光の社寺」初の『夜間参拝!』

 4月29日(土・祝)から5月5日(金・祝)までの期間限定で夜の世界遺産「日光の社寺」を参拝できます。普段は味わうことができない幻想的な夜の世界遺産を堪能できます。
 日光東照宮では「国宝陽明門ライトアップ」が午後6時から7時30分(最終受付)まで行われ、4年ぶりに3月10日からお披露目したばかりの陽明門が闇夜に照らされます。
 日光山輪王寺では『大猷院(たいゆういん)「燈籠」初点灯~春宵特別参拝~』が午後5時30分から8時まで行われ、大猷院の仁王門から拝殿まで参拝でき、境内建物のライトアップとともに「燈籠」が初めて点灯されます。
 日光(ふた)()(さん)神社では『「良い縁」特別参拝』が午後5時から7時まで行われ、拝殿・神苑・化燈籠などを参拝できます。
 毎年秋に「ライトアップ日光」として世界遺産「日光の社寺」の日光東照宮表門・五重塔、日光山輪王寺大猷院表門、日光二荒山神社本社拝殿・神橋・楼門などをライトアップしていますが、夜間に大猷院の有料拝観区域が参拝できるのは初めてのことです。
 
○期   間  2017年4月29日(土・祝)~5月5日(金・祝)
○場所・内容
 ■日光東照宮(日光市山内2301)
  実施時間  18:00~19:30(最終受付)
  参拝箇所  表門~陽明門
  参拝料  大人1,100円 小人350円 ※駐車場は600円
 ■日光山輪王寺(日光市山内2300)
  実施時間  17:30~20:00
  参拝箇所  大猷院仁王門~拝殿
  参拝料  550円 ※駐車場は無料
 ■日光二荒山神社(日光市山内2307)
  実施時間  17:00~19:00
  参拝箇所  拝殿・神苑・化燈籠など ※期間中に限り拝殿での参拝が可
  参拝料  200円 ※駐車場は無料
○交通ガイド  電 車:JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺温泉行き
            または湯元温泉行きで「西参道」下車徒歩約10分
         車 :日光宇都宮道路日光ICから約5分
○問い合わせ  日光市観光振興課 TEL 0288-21-5170

日光の宿泊はこちら
(お知らせ / 2017年4月27日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
【GWにおすすめ!】世界遺産「日光の社寺」初の『夜間参拝!』

注目
前売プレミアムチケット発売中!「宇都宮カクテルカーニバル2017」〔宇都宮市〕

 宇都宮カクテル倶楽部主催の「宇都宮カクテルカーニバル」が5月14日(日)にオリオンスクエアで開催されます。2008年に始まり、今回10回目を迎えるこのイベントは、倶楽部加盟店のバーテンダーがつくるカクテル(ノンアルコールカクテルを含む)と市内飲食店がカクテルに合う軽食を全種類500円(予定)で提供します。“カクテルの街「宇都宮」”を堪能できるイベントです。
 料金は、会場内で販売されるドリンク・フード引換券(1枚500円)による方式で、前売りのプレミアムチケットは、倶楽部加盟全店34店舗と、宇都宮観光コンベンション協会で販売しています。
 今年は、先着順に岩下の新生姜をプレゼントします。
 
○日   時  2017年5月14日(日)12:00~18:00
○場   所  オリオンスクエア(宇都宮市江野町8-3)
○料   金  ドリンク・フード引換券1枚500円
        ※前売プレミアムチケットは5月13日(土)まで加盟店舗で販売
         (宇都宮観光コンベンション協会は12日(金)まで)
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮駅西口から市内バス約5分「県庁前」下車徒歩約3分
            東武宇都宮駅から徒歩約4分
         車 :東北自動車道鹿沼ICから約20分または宇都宮ICから約25分
            北関東自動車道宇都宮上三川ICから約30分
○問い合わせ  宇都宮カクテル倶楽部 TEL 028-632-6669(20:00~4:00、第1・3月休)
        宇都宮観光コンベンション協会 TEL 028-632-2445
        (8:30~17:15 土・日・祝休)

ナイトスポット特集で宇都宮カクテル倶楽部のお店を紹介しています。
(お知らせ / 2017年4月25日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
前売プレミアムチケット発売中!「宇都宮カクテルカーニバル2017」〔宇都宮市〕

注目
バスで楽しむ、那須高原の春!季節運行バス「那須つつじ号」〔那須町〕

 これから見頃を迎える八幡のツツジマウントジーンズ那須のゴヨウツツジを楽しんでもらおうと、那須町観光協会では今年も4月29日(土・祝)から6月4日(日)まで、季節運行バス「那須つつじ号」を運行します。2014年(平成26年)春に初めて実証実験を行い、4年目を迎えます。ゴールデンウィークからツツジの時期の春、紅葉シーズンの年2回実施しています。
 ルートは昨年と同じく、那須湯本温泉を出発し、那須高原ビジターセンター八幡崎那須平成の森フィールドセンター、マウントジーンズ那須ゴンドラ那須どうぶつ王国那須アルパカ牧場那須フラワーワールドの8カ所(片道約15キロメートル)を往復します。便数は1日3往復です。
 普段はバスが運行していないエリアですので、ぜひこの機会にバスに乗ってゆったりとした那須高原の旅をお楽しみください。
 
○期   間  2017年4月29日(土・祝)~6月4日(日)
○ル ー ト  那須湯本温泉 → 那須高原ビジターセンター → 八幡崎 →
        那須平成の森フィールドセンター → マウントジーンズ那須ゴンドラ →
        那須どうぶつ王国 → 那須アルパカ牧場 → 那須フラワーワールド
        (片道約15キロメートル)
○料   金  区間運賃乗車、1日フリーパス:大人1,600円 小学生800円
○問い合わせ  (一社)那須町観光協会 TEL 0287-76-2619
(お知らせ / 2017年4月25日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
バスで楽しむ、那須高原の春!季節運行バス「那須つつじ号」〔那須町〕

注目
【GWにおすすめ!】お気に入りの一皿に出会える9日間「益子春の陶器市」〔益子町〕

 恒例の「益子春の陶器市」が城内坂・道祖土(さやど)地区をメイン会場に益子町内各所で4月29日(土・祝)から5月7日(日)までの9日間開催されます。陶器市は昭和41年から開催し、今回で99回を迎えます。秋の陶器市とともに、益子町最大のイベントで、毎年大勢の人で賑わいます。
 湯呑みや皿などの日用品から壷・花瓶などの美術作品まで多くの種類が通常価格より安く販売されます。販売店約50店舗のほか、約500張のテントでは陶芸作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。その他に地元産の農産物なども販売されます。
 
○期   間  2017年4月29日(土・祝)~5月7日(日)
○場   所  城内坂・道祖土(さやど)地区を中心に益子町内各所
○交通ガイド  電 車:真岡鐵道益子駅から徒歩約20分
            (つくばエクスプレス守谷駅で関東鉄道常総線に乗換え下館駅まで
             約62分。下館で真岡鐵道に乗換え約45分で益子駅着。)
            JR宇都宮駅から東野バス益子行きで約70分「益子参考館前」・
            「道祖土上」・「陶芸メッセ入口」・「城内坂」の何れかで下車
         車 :北関東自動車道桜川筑西ICから約20分または真岡ICから約25分
        高速バス:秋葉原駅から高速バス関東やきものライナーで約2時間30分
             「陶芸メッセ入口」下車徒歩約5分
○問い合わせ  益子町観光協会 TEL 0285-70-1120
(お知らせ / 2017年4月25日配信)
県東エリア
 こちらもチェック
【GWにおすすめ!】お気に入りの一皿に出会える9日間「益子春の陶器市」〔益子町〕

注目
【GWにおすすめ!】今年は春に開催!「竹の宵まつり」〔日光市(湯西川温泉)〕

 湯西川温泉の商店街で年4月28日(金)から6月4日(日)まで、七夕をロマン化した「竹の宵まつり」が開催され、春の夜の温泉街を照らします。
 湯西川温泉の湯平(ゆだいら)地区の商店や食堂が協力して新たな魅力づくりと平成16年から始められました。昨年までは7月に行われていましたが、今年は「本物の出会い 栃木」プレデスティネーションキャンペーンに合わせ、春に開催します。
 温泉街の約700mの店先に、竹を切り中にろうそくや電球を入れた竹灯ろうが並びます。街灯が消されるとろうそくに火が灯されます。闇夜の中竹の切り口に明かりが揺れる光景は幻想的です。店先には短冊とサインペンを用意していますので、願い事を綴り枝に下げてください。
 また、6月2日(金)から4日(日)まで、「平家大祭」が開催され、平家絵巻行列など数々の催しが行われます。
 
○期   間  2017年4月28日(金)~6月4日(日)18:00~21:00
○場   所  湯西川温泉の商店街から平家の里まで
○観 覧 料  無料
○交通ガイド  電 車:野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅から日光交通ダイヤルバスで
            約25分「平家の庄前」または「本家伴久前」下車徒歩約2分
         車 :日光宇都宮道路今市ICから国道121号経由で約60分
○問い合わせ  (一社)日光市観光協会 TEL 0288-22-1525

湯西川温泉の宿泊はこちら
(お知らせ / 2017年4月25日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
【GWにおすすめ!】今年は春に開催!「竹の宵まつり」〔日光市(湯西川温泉)〕

注目
【GWにおすすめ!】世界一の美しさを誇る大藤棚「ふじのはな物語~大藤まつり~」〔足利市〕

 2014年に日本で唯一、アメリカCNNが選出した「世界の夢の旅行先10カ所」に選ばれた「あしかがフラワーパーク」で「ふじのはな物語~大藤まつり~」が開催されます。広さ94,000平方メートルの園内は、350本以上の見応えのあるフジのガーデンです。
 栃木県の天然記念物にも指定されている広さ1,000平方メートルの藤棚を持ち樹齢150年におよぶ大藤(ムラサキフジ)、そして庭木作りのフジ、長さ80メートルの白藤のトンネル。世界でも珍しい八重の大藤棚、白藤のトンネルは花の真下を通り抜けることができ、人気を呼んでいます。シロフジはムラサキフジと比較して香りが強く、トンネルをくぐると甘い香りにつつまれて幸せな気分にひたれます。また、フジではありませんがフジに似た黄色の花をつけるキングサリ(和名「きばな藤」)が園内に約200本あり、特に日本で唯一の長さ80メートルのトンネルの美しさは人気を呼んでいます。この時期は5,000株以上のツツジやシャクナゲなど、春の花数百種も咲き乱れ、フジとの競演が百花繚乱の園内を演出します。
 期間中は園内全体をライトアップして幻想的な「夜の藤」を演出します。ライトアップは日本夜景遺産にも認定されています。
 
○期   間  2017年4月15日(土)~5月21日(日)※花の咲き具合により変動します。
■過去の開花状況:オオフジ(ムラサキフジ)
 
  2014年 2015年 2016年
開  花 4/16 4/16 4/15
5分咲き 4/26 4/26 4/25
8分咲き 4/30 4/29 4/28
満  開 5/2 5/1 4/30
■過去の開花状況:シロフジ
 
  2014年 2015年 2016年
開  花 4/23 4/22 4/22
5分咲き 4/30 4/29 4/29
8分咲き 5/4 5/3 5/3
満  開 5/6 5/5 5/5
※例年の見頃
 うす紅藤:4月中旬~下旬頃
 大藤棚(栃木県指定天然記念物):4月下旬~5月上旬頃
 白藤(栃木県指定天然記念物):5月上旬頃
 きばな藤:5月上旬~中旬頃
 
○場   所  あしかがフラワーパーク(足利市迫間町607)
○開園時間  ■昼の部:7:00~18:00 ■夜の部:17:30~21:00(夜間ライトアップ)
        ※最終チケット発売は閉園の30分前まで
        ※ライトアップ期間は花の咲き具合により変動します。
○入 園 料  ■昼の部:大人900円~1,700円 4才~小学生500円~800円
        ■夜の部:大人600円~1,400円 4才~小学生300円~700円
        ※花の咲き具合により料金が変動しますので、お問い合わせください。
○交通ガイド  電 車:JR両毛線富田駅から徒歩約13分
            東武伊勢崎線足利市駅から送迎バスで約30分
            ※期間中毎日運行、有料。
         車 :東北自動車道佐野藤岡ICから約18分
○駐 車 場  普通車:300台 大型車:40台
        ※期間中臨時駐車場 普通車:6,000台 大型車:80台増
○問い合わせ  あしかがフラワーパーク TEL 0284-91-4939
(お知らせ / 2017年4月25日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
【GWにおすすめ!】世界一の美しさを誇る大藤棚「ふじのはな物語~大藤まつり~」〔足利市〕

注目
【GWにおすすめ!】本州最大級の面積!25万株のシバザクラが斜面を彩る!「芝ざくら祭り」〔市貝町〕

 市貝町の観光名所「芝ざくら公園」は小貝川をイメージしたデザインで配色され、芝ざくらの植栽面積が約2.4ヘクタールで本州最大級を誇ります。
 4月8日(土)から5月7日(日)までは「芝ざくら祭り」を開催します。赤、白、ピンク、紫とカラフルな約25万株のシバザクラが斜面を彩り、多くの方の目を楽しませてくれます。
 また、「レストランはな」や「直売所」のほか、地元商店による模擬店が多数出店し、特産品やキャラクターグッズなどを販売します。
 今年もJR東日本と提携し、JR宇都宮駅から観光周遊バスの運行を予定しています。芝ざくら公園の後に、大畑武者絵資料館や道の駅サシバの里いちかい、イチゴ狩り、道の駅はがに立ち寄りJR宇都宮駅に戻るルートです。宇都宮駅からの料金は4,500円(往復のバス代、イチゴ狩り代金、芝ざくら弁当代)で、芝ざくらの苗を1ポットプレゼントします。
 
○期   間  2017年4月8日(土)~5月7日(日)
■過去の開花状況
 
  2014年 2015年 2016年
3分咲き 4/16 4/15 4/12
5分咲き 4/22 4/18 4/16
8分咲き 4/27 4/25 4/19
満  開 4/29 4/28 4/21
○場   所  芝ざくら公園(市貝町見上614-1)
○入 園 料  無料
○交通ガイド  電 車:JR烏山線烏山駅からタクシーで約15分
         車 :北関東自動車道宇都宮上三川ICから約40分
            または友部ICから約70分
○駐 車 場  祭り期間中のみ有料
        普通車500円(第1駐車場150台、第2駐車場800台)
        バス2,000円(第1駐車場15台、第3駐車場20台)
        マイクロバス1,000円(大型駐車場に隣接)バイク200円
        ※第2・第3駐車場からは無料送迎シャトルバスあり。
○問い合わせ  市貝町観光協会 TEL 0285-68-3483

※道路が混みあいますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。
 【公共交通で行ける!】芝ざくらまつり
(お知らせ / 2017年4月25日配信)
県東エリア
 こちらもチェック
【GWにおすすめ!】本州最大級の面積!25万株のシバザクラが斜面を彩る!「芝ざくら祭り」〔市貝町〕

注目
国内最大級のゴヨウツツジ群生地!マウントジーンズ那須「グリーンシーズンのゴンドラ運行」開始!

 マウントジーンズ那須では、本日からグリーンシーズンのゴンドラ運行を開始しました。
 マウントジーンズ那須のゴンドラ山頂駅(標高約1410メートル)から那須登山道にかけての6ヘクタールに、約3万株が自生しています。開花時は清楚な純白の花が咲き誇り、白い花のトンネルを散策できます。ここは国内最大級の貴重な群生地です。例年、5月下旬から6月上旬にかけて満開になります(気象状況により変動あり)。
 5月20日(土)から6月11日(日)までの土日は20時(下り最終20:30)まで、ナイトゴンドラの営業も行います。光り輝くゴヨウツツジと天空に広がる無限の星空をお楽しみください。

○春季運行日  2017年4月22日(土)~6月11日(日)
○営業時間   8:00~15:30(下り最終16:00)
○料   金  往復:大人(中学生以上)1,600円 子供(3歳以上)800円 ペット800円
        片道:大人(中学生以上)1,300円 子供(3歳以上)600円
○交通ガイド  東北自動車道那須ICから約30分
        または那須高原SAスマートICから約20分
○駐 車 場  800台(無料)
○問い合わせ  マウントジーンズ那須 TEL 0287-77-2300
(お知らせ / 2017年4月22日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
国内最大級のゴヨウツツジ群生地!マウントジーンズ那須「グリーンシーズンのゴンドラ運行」開始!

注目
参加者募集中!「那須高原ロングライド2017with那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン」〔那須町〕

 今年で7回目となる「那須高原ロングライドwith那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン」が7月9日(日)に開催されます。イベントには、プロレーシングチーム「那須ブラーゼン」、「宇都宮ブリッツェン」も参加します。環境への負担が少なく、健康増進のツールとしても注目されている自転車で雄大な那須高原の大地を走り、那須から全国に元気を発信します。また、自転車利用のマナー向上や自転車の普及を目標としています。
 コースは、そびえ立つ那須連山、茶臼岳の麓、峠の茶屋まで上りそこから一軒茶屋まで一気に下る上級者向けの「ヒルクライム100コース」や那須高原の風景をのんびり走りながら楽しむファミリー向けの「ファミリー35コース」、松尾芭蕉が歩んだ里山を走る中・上級者向けの「芭蕉苦行75プラスコース」、「那須DAKE80コース」など6コース。那須高原の大自然、歴史や文化が残る名所を巡り那須の魅力を感じながら走行することができます。
 4月15日(土)午後4時から6月4日(日)午後12時まで参加者を募集します。なお、定員になり次第、募集は締め切ります。
 
○日   時  2017年7月9日(日)開会式:7:00~ スタート:7:30~
        ■前夜祭
         日時:7月8日(土)18:30~21:00
         会場:SAPPORO那須森のビール園(那須町高久甲4453-49)
○場   所  那須町文化センター(那須町寺子乙2567-10)【スタート・ゴール】
○コ ー ス  
 ■ヒルクライム100コース(上級者向き)距離約107km
  噴煙あがる茶臼岳の麓まで、獲得標高約2,000mのヒルクライムコース。
 ■那須DAKE80コース(上級者向き)距離約80km
  八幡から約5kmで標高差約420mを一気に駆け上るヒルクライムコース。
 ■芭蕉苦行75プラスコース(中・上級者向き)距離約75km
  松尾芭蕉が歩んだ歴史探訪里山コース。
 ■チャレンジ70コース(中・上級者向け)距離約70km
  山岳中腹の八幡温泉まで上るヒルクライムチャレンジと伊王野・芦野を走るコース。
 ■エンジョイ55コース(初・中級者向け)距離約58km
  那須高原の風景と歴史文化を満喫でき、適度なアップダウンと平坦コースのバリエーションの
  あるコース。
 ■ファミリー35コース(初級者・ファミリー向け)距離約35km
  那須高原の風景をゆっくり満喫でき、ファミリーでのんびりと自転車の旅を楽しめる
  短距離コース。
○参 加 費  ■ヒルクライム100コース  大人8,000円  中高生4,000円
        ■那須DAKE80コース      大人7,500円  中高生4,000円
        ■芭蕉苦行75プラスコース  大人7,000円  中高生4,000円
        ■チャレンジ70コース    大人6,000円  中高生3,000円
        ■エンジョイ55コース    大人5,000円 小中高生3,000円
        ■ファミリー35コース    大人5,000円 小中高生3,000円
        ※参加費には記念品代が含まれます。
○申込期間   2017年4月15日(土)16:00~6月4日(日)24:00
        申し込み番号 0570-550-846
○交通ガイド  東北自動車道那須ICから約20分
○問い合わせ  那須高原ロングライド実行委員会事務局
        (宇都宮ブリッツェン/サイクルスポーツマネージメント株式会社)
        TEL 028-611-3993

那須高原の自転車さんぽ旅

★アクティブ女子には「ポタリング」がおすすめ!
(お知らせ / 2017年4月21日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
参加者募集中!「那須高原ロングライド2017with那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン」〔那須町〕