お知らせ

エリア
バックナンバー 検索条件をクリア
39ありました

注目
第9回湯西川温泉オーロラファンタジー〔日光市(湯西川温泉)〕

 この夏も、湯西川温泉で「オーロラファンタジー」を8月5日(土)から24日(木)までの20日間開催します。レーザー光線で創作した7色のオーロラで、澄み切った夜空いっぱいに光のドラマが浮かび上がります。
 今年は、昨年までのやすらぎの森自然公園から湯西川温泉街の「平家の里」に会場を移して行われます。
 湯西川温泉の旅館・民宿に宿泊の方は、協力金大人600円、小人300円で入場できます。それ以外の方は、通常の協力金として大人800円、小人500円をお願いいたします。
 
○期   間  2017年8月5日(土)~24日(木)
        ■第1回目:19:30~19:50 ■第2回目:20:40~21:00
        ※天候により中止となる場合があります。
○場   所  湯西川温泉「平家の里」(日光市湯西川1042)
○鑑賞協力金  入場鑑賞料として協力金をお願いします。
        湯西川温泉の旅館・民宿に宿泊の方:大人600円 小人300円
        上記以外の方:大人800円 小人500円
○交通ガイド  各宿泊施設にお尋ねください。
○問い合わせ  (一社)日光市観光協会 TEL 0288-22-1525 
        湯西川温泉旅館組合 TEL 0288-98-0885
(お知らせ / 2017年7月24日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
第9回湯西川温泉オーロラファンタジー〔日光市(湯西川温泉)〕

注目
関東屈指の花火大会!2017足利夏まつり「第103回足利花火大会」〔足利市〕

 足利夏まつりのクライマックスを飾る「足利花火大会」は、1903年(明治36年)に開始された伝統ある大会で、今年で114年、103回を数えます。伝統と歴史に加え、質、量とも関東屈指の大会として知られ、毎年30万人を超える観覧者が関東一円から集い、「30万人の夕涼み」として多くの人に親しまれています。
 恒例の尺玉や仕掛花火、ワイドスターマイン、日本の名玉大玉花火など約2万発の花火が打ち上げられ、フィナーレの全長400メートルの二段掛けナイアガラと大スターマインの競演は圧巻です。
 市の中心部で行なわれることから交通アクセスにも優れ、無料駐車場も用意されています。
 また、「足利夏まつり」期間中、7月29日(土)から8月5日(土)まで、北仲通りで「七夕竹飾り」、8月3日(木)、4日(金)の2日間、前夜祭イベントとして「夜店まつり」、市民イベント、足利織姫神社でのイベントも開催されます。
 
○日   時  2017年8月5日(土)19:00~20:45 ※中止の場合は順延
        <毎年8月第1土曜日開催>
○場   所  田中橋下流渡良瀬運動公園及び河川敷
○交通ガイド  電 車:JR両毛線足利駅から徒歩約5分
            東武伊勢崎線足利市駅から徒歩約10分
         車 :北関東自動車道足利ICから約15分
            東北自動車道佐野藤岡ICから約30分
○駐 車 場  公共施設等を仮設駐車場として無料開放する予定
○問い合わせ  足利夏まつり実行委員会(足利商工会議所)TEL 0284-21-1354
(お知らせ / 2017年7月24日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
関東屈指の花火大会!2017足利夏まつり「第103回足利花火大会」〔足利市〕

注目
小山の夏を、最高潮に盛り上げる!「第66回小山の花火」〔小山市〕

 小山市の夏の風物詩「小山の花火」が7月30日(日)に開催されます。今回で66回目を迎え、毎年多くの方が訪れる、関東有数の規模を誇る花火大会です。
 打上げ場所と観覧席が非常に近く、尺玉の連続打上げやワイドスターマインをはじめ、市民参加のナイアガラ瀑布など、2万発を超える迫力の花火が間近で体感できます。また、JR宇都宮線、東北新幹線ほか各線小山駅から徒歩約8分と会場まで近いのも魅力です。
 花火大会前日の土曜日には、「オープニングカーニバル」が開催されます。市役所周辺の会場で灯の舞みこしとおはやしのパレードなどの市民参加イベントが予定され、出店ブースなどさまざまな催しが行われます。また、最後にはミニ花火ショーも行います。
 
○日   時  ■オープニングカーニバル:2017年7月29日(土)15:30~21:30
        ■第66回小山の花火:2017年7月30日(日)19:10~20:45
        ※雨天・荒天時は翌日以降に延期
○場   所  7月29日(土):小山市役所周辺
        7月30日(日):観晃橋下流思川河畔(小山市役所西側)
○打ち上げ数  約20,000発
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線小山駅西口から徒歩約8分
         車 :東北自動車道佐野藤岡ICから約30分
        ※当日は小山市内の道路が混雑しますので、公共交通機関をご利用ください。
○問い合わせ  おやまサマーフェスティバル2017実行委員会事務局(小山市商業観光課内)
        TEL 0285-22-9273
(お知らせ / 2017年7月24日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
小山の夏を、最高潮に盛り上げる!「第66回小山の花火」〔小山市〕

注目
真夏の太陽、町中がひまわりでいっぱい!「第26回ひまわりフェスティバル」〔野木町〕

 「花とレンガのまち野木町」の夏の風物詩として毎年恒例の「ひまわりフェスティバル」が7月28日(金)から30日(日)まで開催されます。面積約4.3haのひまわり畑に約20万本の花が咲き誇ります。
 期間中、高さ約2メートルのヒマワリの中を縫うように設置される「ひまわり大迷路」は200円(小学生以上)で入場でき、来場者を楽しませてくれます。29日(土)、30日(日)には、好評のヘリコプター遊覧、ひまわりトレイン号の運行も予定しています。29日(土)には花火大会も実施され、ひまわり畑の上に花開く花火も見ものです。
 今年もひまわりを活用したまちおこしを実施する栃木県内の3町(野木町、益子町、上三川町)が連携し、豪華賞品が当たる「サンサンスタンプラリー」を実施します。
 
○期   間  2017年7月28日(金)~30日(日)9:00~17:00
        ※7月29日(土)のみ20:00まで
○場   所  野木町野木地内(野木第二中学校南側)
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線野木駅西口から徒歩約30分
            ※期間中はJR野木駅、ひまわりフェスティバル会場、昨年5月にオープンした
             野木町煉瓦窯を結ぶ無料シャトルバスの運行を予定しています。
         車 :東北自動車道加須ICから約40分または佐野藤岡ICから約30分
○駐 車 場  7月28日(金)会場(約400台)
        7月29日(土)・30日(日)会場、野木第二中学校(約700台)
        ※その他、大型バス用駐車場(約3台)があります。
○問い合わせ  野木町ひまわりフェスティバル実行委員会事務局(野木町産業課商工観光係内)
        TEL 0280-57-4153


★ほかの「ひまわり」のイベント

 ひまわり祭り〔益子町〕2017年8月11日(金・祝)~20日(日)

 かみのかわサンフラワー祭り〔上三川町〕2017年8月25日(金)~27日(日)
(お知らせ / 2017年7月21日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
真夏の太陽、町中がひまわりでいっぱい!「第26回ひまわりフェスティバル」〔野木町〕

注目
湯西川を7色に彩る!「湯西川温泉心かわあかり」〔日光市(湯西川温泉)〕

 湯西川温泉街を流れる湯西川で2015年から始めた「湯西川温泉(しん)かわあかり」が、6月に続いて、7月22日(土)から8月3日(木)まで開催されます。
 当日は、7色に灯る「やまほたる」を約2,000個川へ流し、無数の華やかな光が川面を彩ります。ゆらゆらと光りながら川面を流れる景色は幻想的です。直径24センチの半透明のビーチボールにLEDライトを挿入した「やまほたる」を使用します。
 期間中、湯西川上流の天楽堂橋付近から下流の湯前橋まで約300メートルにわたり光のショーを楽しめます。
 
○期   間  2017年7月22日(土)~8月3日(木)
        ■やまほたる放流受付:19:30~20:30 放流券1個500円
        ■放流:20:30~21:00
○放流場所  湯西川本流(天楽堂つり橋上付近から湯前橋下流)
○交通ガイド  電 車:野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅から日光交通ダイヤルバスで
            約30分終点下車
         車 :日光宇都宮道路今市ICから国道121号経由で約60分
○問い合わせ  湯西川温泉旅館組合 TEL 0288-98-0885

★湯西川温泉の宿泊はこちら
(お知らせ / 2017年7月21日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
湯西川を7色に彩る!「湯西川温泉心かわあかり」〔日光市(湯西川温泉)〕

注目
【アクセス】「東京~日光・鬼怒川温泉間」路線バス7/20(木)から運行開始!

 東北急行バスは、本日7月20日(木)から東京⇔日光・鬼怒川温泉間で1日1往復路線バスの運行を開始します。東京駅八重洲南口から約3時間30分で、世界遺産の日光や鬼怒川温泉に到着します。是非ご利用ください。
 詳しくは「関連リンク」をクリックしご覧ください。
 
○運行開始日  2017年7月20日(木)
○時 刻 表
 
下り 停  留  所 上り
7:50 東京駅八重洲南口(JRバス5番のりば)
東京駅日本橋口(JRバスおりば)
19:00
 
10:30 下 今 市 駅
(2番のりば)
16:15
10:45 東 武 日 光 駅
(定期観光バスのりば2E)
16:00
11:10 東武ワールドスクウェア
(園内バスロータリー4番のりば)
15:35
11:15 鬼 怒 川 温 泉 駅
(日光交通ダイヤルバス営業所内10番のりば)
15:30

○運   賃  東京駅⇔下今市駅・東武日光駅・東武ワールドスクウェア・鬼怒川温泉駅
        片道2,500円 往復4,000円
○問い合わせ  東北急行バス予約センター(9:00~18:00)TEL 03-3529-0321
 
(お知らせ / 2017年7月20日配信)
日光エリア
 こちらもチェック

注目
【お知らせ】江戸ワンダーランド 日光江戸村「夏休みSP☆時間延長」について

 江戸ワンダーランド 日光江戸村では、夏休み期間の「土曜日」は、お客様にゆっくりと過ごしていただけるよう、営業時間を19:00まで延長します。
 お楽しみイベントがいっぱいの夏の江戸ワンダーランド。
 一日かけても足りないくらい、のお声にお応えできれば!の気持ちです。
 昼間の賑やかなお祭り騒ぎから、美しい夏の夕暮れまで、思い切り欲張りに過ごしてください。

○延長営業日  2017年7月22日(土)・29日(土)
            8月5日(土)・12日(土)・19日(土)・26日(土)
○営業時間   9:00~19:00 ※最終入場は18:00となります。
○料   金  一日手形:大人(中学生以上)¥4,700 小人(小学生)¥2,400 未就学児無料
             シルバー料金(65歳以上)¥3,290
○交通ガイド  電 車:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅からダイヤルバスで約15分
            ※鬼怒川温泉行きダイヤルバスは17:23発が最終となります。
         車 :日光宇都宮有料道路今市ICから国道121号を鬼怒川方面へ約15分
○問い合わせ  江戸ワンダーランド 日光江戸村 TEL 0288-77-1777
(お知らせ / 2017年7月19日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
【お知らせ】江戸ワンダーランド 日光江戸村「夏休みSP☆時間延長」について

注目
東武ワールドスクウェア「夏休みイベント 」〔日光市(鬼怒川温泉)〕

 開園25年目を迎えた東武ワールドスクウェアでは、新駅「 東武ワールドスクウェア」が7月22日(土)に開業し、新駅の開業を記念して7月22日(土)に限り「入園無料Day」を実施します。
 新駅は 9:18から18:18の時間帯に、特急列車を含めてほぼ全ての列車が停車するほか、8月10日(木)から運転を開始するSL「大樹」も1日6本全てが停車します。あわせて、SL座席指定券や特急券・普通乗車券(一部を除く)を東武ワールドスクウェアで発売します。
 これまで鬼怒川温泉駅からバスでの移動たは小佐越徒歩約8分での東武ワールドスクウェアへのアクセスが、新駅からは徒歩1分となり、大変便利になります。
 また、夏休み期間中には、家族や友達で楽しめるイベントも開催します。

■夏休みイベント
「ワールドパフォマンスショー」(1日3回開催)

 外国人パフォーマによるンスショーを開催します。
○期 日
 2017年7月15日(土)~17日(月・祝)・22日(土)・23日(日)・29日(土)・30日(日)
     8月5日(土)・6日(日)・10日(木)~16日(水)・19日(土)・20日(日)

「七夕装飾」2017年7月1日(土)開始
 入園口付近に七夕装飾を施します。併せてお名前(姓を除く)に「七・夕・織・姫・彦・星」のいづれかが付いている方は特別料金で入園きます。

オリジナルキャラクターショー「ピースフェアリートム&マイム」11月下旬までの土日祝日開催
 オリジナルキャラクター「トム&マイム」がステージで楽しくダンス。トム&マイムと写真を撮ったり、一緒に楽しくあそぼう!!

「世界一周スタンプラリー」毎日開催
 世界旅行をしながら、各ゾーンにあるスタンプを全部集めて、「世界一周認定印」をもらっちゃおう!

○問い合わせ  東武ワールドスクウェア TEL 0288-77-1055
(お知らせ / 2017年7月19日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
東武ワールドスクウェア「夏休みイベント 」〔日光市(鬼怒川温泉)〕

注目
「本物の出会い 栃木」観光月報2017年8月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました

当協会編集・発行の「観光月報8月号」を発行しました。
11年ぶりに復活した国選択無形民俗文化財の「大捻縄引(だいもじひ)き」(大田原市)、足利市と宇都宮市での2万発の花火大会、塩谷町と真岡市での1万発の花火大会、湯西川温泉の「オーロラファンタジー」、佐野市の「さの秀郷まつり」や「くずう原人まつり」、「真岡の灯ろう流し」、「日光山輪王寺薪能」、「日光ツーデーウオーク」、「塩原温泉まつり」などのまつり・イベント、益子町や上三川町のひまわりまつりなど夏や初秋の情報が満載です。

※写真:大捻縄引き〔大田原市(湯津上)〕

8月号の主な内容

①「大捻縄引(だいもじひ)き」〔大田原市(湯津上)〕2017年8月19日(土)
②2017足利夏まつり「第103回足利花火大会」〔足利市〕2017年8月5日(土)
③2017うつのみや花火大会〔宇都宮市〕2017年8月12日(土)
④第22回塩谷町ふるさと納涼祭花火大会〔塩谷町〕2017年8月15日(火)
⑤尊徳夏まつり大花火大会〔真岡市(二宮)〕2017年8月26日(土)
⑥第9回湯西川温泉オーロラファンタジー〔日光市(湯西川温泉)〕
 2017年8月5日(土)~24日(木)
⑦第25回さの秀郷まつり〔佐野市〕2017年8月11日(金・祝)~12日(土)
⑧石尊山の梵天祭り〔足利市〕2017年8月14日(月)
⑨真岡の灯ろう流し〔真岡市〕2017年8月15日(火)
⑩第30回記念日光山輪王寺薪能〔日光市(日光)〕2017年8月26日(土)
⑪第30回くずう原人まつり〔佐野市(葛生)〕2017年8月26日(土)~27日(日)
⑫第2回「山の日」記念全国大会連携「第18回日光ツーデーウオーク」〔日光市(日光)〕
 2017年9月2日(土)~3日(日)
⑬塙の天祭〔那須烏山市(南那須)〕2017年9月3日(日)
⑭那須与一公墓前供養と「福原餅つき唄」奉納〔大田原市〕2017年9月10日(日)
⑮塩原温泉まつり〔那須塩原市(塩原温泉)〕2017年9月10日(日)~11日(月)
⑯ひまわり祭り〔益子町〕2017年8月11日(金・祝)~20日(日)
⑰かみのかわサンフラワー祭り〔上三川町〕2017年8月25日(金)~27日(日)


詳しくは、「添付ファイルを見る」(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
(お知らせ / 2017年7月14日配信)
日光エリア 那須エリア 県央エリア 県南エリア 県東エリア
 こちらもチェック
「本物の出会い 栃木」観光月報2017年8月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました

注目
全国最大級!400万輪のゆり畑『ハンターマウンテンゆりパーク「2017ゆり博」』〔那須塩原市(塩原温泉)〕

 塩原温泉のスキー場、ハンターマウンテン塩原の「ゆりパーク」で「2017ゆり博」が7月15日(土)から8月27日(日)まで開催されます。「ゆりパーク」には、今年も400万輪のゆり畑がお目見えします。黄・白・ピンク・赤・オレンジの色鮮やかな約50種類のゆりが3万坪に咲き誇り、緩やかな斜面を彩ります。
 全長1,000メートル、約10分間のフラワーリフトに乗ると、眼下に広がるゆりの絨毯(じゅうたん)を眺めることができます。リフトを降り、約5分登ると人気エリアの白樺の丘があり、白樺とゆりのコントラストは見応え十分です。リフト降り場からは最長2キロメートルにも及ぶゆりパーク遊歩道になっており、ゆりの美しい色と甘い香りを堪能しながら散策を楽しめます。園内では、ターザンロープ・ブランコ・ハンモックなどの遊具も設置してあります。
 期間中、ゆり散策を楽しみながら、ゆりパーク内に設置されたスタンプを集めておトクなチケットをGETできる「ゆり散策スタンプラリー」や「ゆり」がつくお名前のお客様はお得な割引がある「ゆり割」、人気のフォトコンテストなどイベント盛りだくさんです。
 また、レストランでは、ここでしか味わえない「オリジナルゆりソフトクリーム」や店内でじっくり焼き上げた熱々もちもちの「ゆり根のマルゲリータ」を召し上がることができます。
 
○営業期間   2017年7月15日(土)~8月27日(日)
        ※花の開花状況により変更する場合があります。
○場   所  ハンターマウンテン塩原(那須塩原市湯本塩原字前黒)
○営業時間   9:00~16:00(下り最終16:15)
○料   金  ■セット券(入園料+フラワーリフト上り券)
         大人:1,600円 子供(3歳~小学生):800円
        ■ゆりパーク入園料
         大人:1,000円 子供(3歳~小学生):500円 ペット:無料
        ■フラワーリフト片道
         大人:700円 子供(小学生):400円 ペット:400円
        ※リフト下り線はフラワーリフト山頂でチケットをお買い求めください。
         往復券はありません。
○交通ガイド  電 車:JR東北新幹線那須塩原駅からタクシーで約60分
            東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅からタクシーで約50分
            ※予約制無料シャトルバス運行予定
         車 :東北自動車道西那須野塩原ICから約50分
            日光宇都宮道路今市ICから約60分
○駐 車 場  約3,000台(無料)
○問い合わせ  ハンターマウンテンゆりパーク TEL 0287-32-4580
(お知らせ / 2017年7月12日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
全国最大級!400万輪のゆり畑『ハンターマウンテンゆりパーク「2017ゆり博」』〔那須塩原市(塩原温泉)〕