お知らせ

エリア
バックナンバー 検索条件をクリア
46ありました

注目
全高6メートル!26段飾り!ずらりと並んだ、超ビッグなひな飾り!「第十章 真岡・浪漫ひな飾り」〔真岡市〕

 「第十章 真岡・浪漫ひな飾り」が、2月1日(金)から3月3日(日)までの約1ヶ月間開催され、つり雛、段飾りを展示します。
 国登録文化財の久保講堂を会場に、全高6メートルの26段飾りや親王雛など30以上のひな飾りが並ぶ光景は圧巻の一言です。50本以上を数えるつり雛の同時展示も必見です。華やかな雛人形でいっぱいとなる久保講堂で、日本古来の美を堪能してください。
 久保講堂は通常は入れませんので、貴重な機会です。

○期   間  2019年2月1日(金)~3月3日(日)10:00~16:00(最終日は15:00まで)
○場   所  久保講堂 ※最寄りの施設:真岡市青年女性会館(真岡市田町1344)
○料   金  入館無料
○休 館 日  2/5(火)・2/12(火)・2/19(火)・2/26(火)
○交通ガイド  電 車:真岡鐵道真岡駅から徒歩約15分
         車 :北関東自動車道真岡ICから約10分
○駐 車 場  無料(大型バス有り)
○問い合わせ  真岡市観光協会 TEL 0285-82-2012
(お知らせ / 2019年1月17日配信)
県東エリア
 こちらもチェック
全高6メートル!26段飾り!ずらりと並んだ、超ビッグなひな飾り!「第十章 真岡・浪漫ひな飾り」〔真岡市〕

注目
歴史と文化があふれる街を「光」で情緒豊かな夜を演出!「足利銘仙灯り」〔足利市〕

 2016年から始まった「足利冬物語」の夜間演出の一環として「足利銘仙灯(あか)り」が開催されます。このイベントは、足利に春を呼ぶ伝統行事「節分鎧年越(よろいとしこし)」などが行われる2月に、足利織姫神社の石段などまちなかに特製の「銘仙行灯(あんどん)」を設置し、優しい灯りを灯します。
 行灯には古くから織物の産地として有名な「足利銘仙」のデザイン柄が施され、幻想的で足利らしい雰囲気を楽しめる行事です。

○期   間  2019年2月1日(金)~28日(木)
○場   所  足利織姫神社周辺(足利市西宮町3889)
○交通ガイド  電 車:JR両毛線足利駅から徒歩約25分
            東武伊勢崎線足利市駅から徒歩約25分
         車 :北関東自動車道足利ICから約15分
            東北自動車道佐野藤岡ICから約30分
○問い合わせ  (一社)足利市観光協会 TEL 0284-43-3000
(お知らせ / 2019年1月17日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
歴史と文化があふれる街を「光」で情緒豊かな夜を演出!「足利銘仙灯り」〔足利市〕

注目
まちなかで、やさしく、ホット!「足利冬物語」〔足利市〕

 足利の冬に賑わいを創り出そうと、2月1日(金)から28日(木)まで、「足利冬物語」として様々なイベントを行います。
 節分の夜、鎧(よろい)・冑(かぶと)に身を固めた武者たちが歴史絵巻さながらにまちなかを国宝鑁阿寺(ばんなじ)に向かって練り歩き、本堂にて武者たちによる追儺式(ついなしき)(豆まき)を行う「節分鎧年越(よろいとしこし)」をはじめ、足利織姫神社の石段などに、足利銘仙柄を使用した特製の行灯を設置し、街を優しく包み込み幻想的な雰囲気を演出する「足利銘仙灯(あか)り」を開催します。
 また、足利の食と芸術・文化を楽しめる「足利風土祭」や、美味しいお料理とお酒のセットをお手頃な価格で味わえる「足利ほろ酔いウォーク」など、足利の魅力を存分に感じていただけるイベントも開催予定です。
 今年は冬物語期間中に「映像まつり」も開催され、映像のまちとしてロケ誘致を行っている足利市にゆかりのある作品を上映する「まちなか上映会」やワークショップなどが行われます。

○期   間  2019年2月1日(金)~28日(木)
        ■足利銘仙灯り:2月1日(金)~28日(木)
        ■節分鎧年越:2月3日(日)
        ■映像まつり:2月23日(土)~24日(日)
○場   所  足利市内各所
○料   金  店舗・イベントにより異なります。
○交通ガイド  電 車:JR両毛線足利駅から徒歩約15分
            東武伊勢崎線足利市駅から徒歩約15分
         車 :北関東自動車道足利ICから約10分
            東北自動車道佐野藤岡ICから約30分
        ※鑁阿寺を基準に掲載しています。
○問い合わせ  (一社)足利市観光協会 TEL 0284-43-3000
(お知らせ / 2019年1月17日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
まちなかで、やさしく、ホット!「足利冬物語」〔足利市〕

注目
「本物の出会い 栃木」観光月報2019年2月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました!

当協会編集・発行の「観光月報2月号」を発行しました。

大藤・芝ざくら・梅・桜(夜桜)など県内各地の花まつりイベントを始め、日光に絢爛たる春を告げる「弥生祭」や益子町最大のイベント「益子春の陶器市」など、栃木県のイベント情報が満載です。

※写真:
ふじのはな物語 ~大藤まつり~〔足利市〕

【 2月号の内容 】

★ 特集 花まつり ★
①ふじのはな物語 ~大藤まつり~〔足利市〕
 2019年4月13日(土)~5月19日(日)
②芝ざくらまつり〔市貝町〕
 2019年4月6日(土)~5月6日(月・振休)
③第40回天平の花まつり〔下野市(国分寺)〕
 2019年3月20日(水)~5月6日(月・振休)
④第22回観音山梅の里梅園梅まつり〔市貝町〕
 2019年3月23日(土)
⑤つがの里花彩祭2019〔栃木市(都賀)〕
 2019年3月31日(日)~4月14日(日)
⑥第27回芳賀町さくら祭り〔芳賀町〕
 2019年4月1日(月)~4月14日(日)
⑦夜桜 ~Night Blossom~〔真岡市〕
 2019年4月6日(土)
⑧鬼怒川温泉夜桜大宴会2019〔日光市(鬼怒川温泉)〕
 2019年4月6日(土)~4月14日(日)


★ トピックス ★
⑨大田原屋台まつり〔大田原市〕
 2019年4月20日(土)~4月21日(日)
⑩弥生祭〔日光市(日光)〕
 2019年4月13日(土)~4月17日(水)
⑪益子春の陶器市〔益子町〕
 2019年4月27日(土)~5月6日(月・振休)
⑫もおか“いちご”フェスタ2019〔真岡市〕
 2019年3月17日(日)

★ 規施設オープン情報 ★
⑬ツインリンクもてぎに日本最大の屋内ネットアスレチック
 「巨大ネットの森 SUMIKA」3/9(土)オープン!〔茂木町〕
 2019年3月9日(土)

詳しくは、「添付ファイルを見る」(PDF)をダウンロードしてご覧ください。

(お知らせ / 2019年1月15日配信)
日光エリア 那須エリア 県央エリア 県南エリア 県東エリア
 こちらもチェック
「本物の出会い 栃木」観光月報2019年2月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました!

注目
日本夜景遺産認定の景色は必見!「第26回湯西川温泉かまくら祭」〔日光市(湯西川温泉)〕

■写真:沢口河川敷のミニかまくら

 湯西川温泉の冬の風物詩「かまくら祭」は今回で26回目を迎え、1月26日(土)から3月3日(日)まで開催されます。
 湯西川温泉の平家のロマンを伝える観光施設「平家の里」がメイン会場となり、2009年(平成21年)に「日本夜景遺産」に認定された沢口河川敷のミニかまくらを中心とし湯西川温泉全体で楽しめるイベントとなっています。
 メイン会場の「平家の里」(有料)には、大きなかまくらが建ち並び、中を見学したり、雪遊び広場でソリ遊び(有料)を楽しんだりすることができ、夜はミニかまくらにロウソクを灯し、里全体を温かくライトアップします。
 その他、大きな雪のすべり台が楽しめる水の郷スノーパーク会場(有料)や大きなかまくらの中でバーベキューができる沢口会場(要予約・有料)など、メイン会場を含め湯西川温泉内に7つの会場(メイン会場を含め一部有料会場有)があります。
 中でも、日本夜景遺産認定された「沢口河川敷のミニかまくら」は、数百個のミニかまくらにロウソクの灯がともされ幻想的な世界が広がります。「死ぬまでに一度は見たい絶景」にも選ばれています。1月26日(土)から3月3日(日)までの期間中毎週水曜・木曜日以外毎日鑑賞できます。
 また、温泉街では、趣向を凝らしたプチかまくらと雪のぼんぼりが街道を彩ります。

※「インスタ映え」するということで、奇跡の一枚を狙ったインスタグラマーの
 方々も多数訪れていますが、撮影時はマナーを守ってお願いいたします。


■イベント詳細・会場マップはこちら

★湯西川温泉の宿泊はこちら

○期   間  2019年1月26日(土)~3月3日(日)9:00~21:00
        ※温暖な日、天候状況などで日時か変更になる場合があります。
○場   所
 ★メイン会場:平家の里(日光市湯西川1042)
  ■時 間 9:00~21:00
  ■入場料一日利用券:大人510円 小人250円
   ナイトチケット:大人300円 小人200円(17:00~21:00)

 ★沢口河川敷ミニかまくら会場
  ■時 間 17:30~21:00(天候により遅延・中止の場合あり)
  ■定休日 毎週水曜日・木曜日

 ★沢口会場かまくらバーベキューブース
  ■時 間 11:00~・12:00~・13:00~・14:00~(各50分間使用)
  ■定休日 毎週水曜日・木曜日
  ■料 金 1人前1,500円(2人前より受付)+かまくら使用料1棟1,500円(50分間)
  ■先行予約 ①2019年1月18日(金)~1月25日(金)※1/23(水)は休み
         ・受付時間:10:00~14:00
        ②2019年1月26日(土)~ ※毎週水曜日・木曜日は休み
         ・受付時間:10:00~14:00
  ※予約の電話番号については(一社)日光市観光協会(TEL 0288-22-1525)にお問い合わせ
   ください。

 ★沢口会場 売店ブース
  ■時 間 10:00~21:00
  ■定休日 毎週水曜日・木曜日

 ★水の郷スノーパーク
  ■時 間 10:00~15:00(最終受付14:00)
  ■入場料 大人1,000円 子供500円 ※そり遊び代、水の郷観光センター入浴代含む

○交通ガイド  電 車:野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅から
            日光交通ダイヤルバス湯西川温泉行きで約20分終点下車徒歩約10分
         車 :日光宇都宮道路今市ICから国道121号・県道249号経由で約70分
 ※スタッドレスタイヤ装着かチェーンを必ず持参してください。
 ※雪が多い日は除雪車が出動しますが、路面の雪を全て取り除くことはできません。

○ご 注 意  湯西川温泉の豊富な雪を利用して行う「かまくら祭」。路面にも雪がありますので、
        革靴・ヒール等は控えていただき、スノーブーツまたは、靴底の面の荒い履物で
        お越しください。

○問い合わせ  (一社)日光市観光協会 TEL 0288-22-1525
(お知らせ / 2019年1月13日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
日本夜景遺産認定の景色は必見!「第26回湯西川温泉かまくら祭」〔日光市(湯西川温泉)〕

注目
神秘的な灯につつまれる「塩原温泉 竹取物語」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

 「塩原温泉 竹取物語」が1月19日(土)から3月31日(日)まで開催され、塩原温泉の中心街、門前・古町地区に竹灯篭が並び、幻想的な灯りが夜の温泉街をやさしく彩ります。
 橋の欄干や歩道に沿って設置される竹灯篭は、地域の人々が切り出しからくり抜きまで手作業で製作したものでその数約1,000基。期間中の午後6時頃から9時頃まで点灯され、塩原温泉街ならではの情緒を楽しめます。

○期   間  2019年1月19日(土)~3月31日(日)18:00~21:00
○場   所  塩原温泉街(門前・古町地区)
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線西那須野駅からJRバス塩原温泉行きで約42分または
            JR那須塩原駅からJRバス塩原温泉行きで約65分「塩原門前」下車徒歩約2分
         車 :東北自動車道西那須野塩原ICから約20分
○問い合わせ  塩原温泉観光協会 TEL 0287-32-4000

■塩原温泉の宿泊はこちら

■塩原温泉のご当地グルメ
 とて焼
 スープ入り焼きそば
(お知らせ / 2019年1月13日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
神秘的な灯につつまれる「塩原温泉 竹取物語」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

注目
全国一の「かんぴょう」に触れ、楽しむ一日!「第18回栃木のかんぴょう祭り2019」〔下野市〕

■写真提供:栃木県干瓢商業協同組合

 「栃木のかんぴょう祭り2019」が1月26日(土)、道の駅しもつけで行われます。このイベントは栃木県干瓢(かんぴょう)商業協同組合主催により今回で18回目を迎え、毎年多くの来場者で賑わいます。
 栃木県の干瓢は300年の歴史を持ち、栽培面積・生産量ともに全国一を誇る特産物です。近年の食生活の変化などにより、家庭での消費量が減少しているため、消費拡大の願いをこめ、「干瓢の日(1月10日)」と同月に多数の消費者参加イベントとして、「楽しみ(食・遊)」を盛り込みながら開催します。
 当日は、小山北桜高校女子生徒限定の「恵方巻を食べよう!」、温かいかんぴょうみそ汁の無料試食や小山北桜高校生徒による試食販売など、誰でも楽しめるものばかりです。
 そのほか、チャリティイベントとして、かんぴょうボウリング、県産カットかんぴょうつかみ取り、食品バザーも行われます。このイベントは社会貢献も大切な目的で、チャリティイベントの売上を全て、交通遺児のために寄付します。

○日   時  2019年1月26日(土)10:30~13:30 <毎年1月第4土曜日開催>
○場   所  道の駅しもつけ(下野市薬師寺3720-1)
○内   容
 ■かんぴょうみそ汁の無料試食
 ■小山北桜高校生徒による試食販売
 ■小山北桜高校女子生徒限定の「恵方巻を食べよう!」:第1部11:30~ 第2部13:00~(予定)
 ■チャリティイベント
  ①かんぴょうボウリング:10:50~・12:00~(予定)
   参加者に1回200円の寄付を募り(干瓢小袋提供)、球の代わりに「ふくべ」を投げ、当たった
   商品を賞品としてもらえます。※商品がなくなり次第終了。
  ②県産カットかんぴょうつかみ取り:11:00~(予定)
   2センチメートルカットのかんぴょうを片手1回100円でひとつかみ。
  ③食品バザー
   県産乾燥かんぴょう・味付かんぴょうと海苔の1セットを200円で販売。
○交通ガイド  北関東自動車道宇都宮上三川ICから約20分
○問い合わせ  栃木県干瓢商業協同組合 TEL 0285-53-0212
(お知らせ / 2019年1月11日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
全国一の「かんぴょう」に触れ、楽しむ一日!「第18回栃木のかんぴょう祭り2019」〔下野市〕

注目
練り歩く華やかな稚児行列「寒川(さむかわ)の花桶かつぎ」〔小山市〕

 小山市指定無形民俗文化財の「花桶かつぎ」は、寒川地区に古くから続いている伝統行事です。美しく着飾った稚児(ちご)行列で知られる「花桶かつぎ」は胸形(むなかた)神社の祭礼で、主役は数え年7歳の女の子です。
 祭りは夕刻より始められ、七五三の祝いをする7歳の女の子たちが美しく着飾り、五色の紙の造花で飾られた花桶をかつぎ、神輿や山車を先導し、龍樹寺(りゅうじゅじ)から胸形神社まで村中を練り歩きます。
 この祭りには五穀豊穣、家内安全のほか子供たちの健やかな成長と学業成就の祈りが込められています。

○日   時  2019年1月26日(土)17:00頃~ <毎年1月第4土曜日開催>
○場   所  胸形神社(龍樹寺→胸形神社 17:00頃出発)
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線間々田駅から車で約15分
         車 :東北自動車道佐野藤岡ICから約30分
○問い合わせ  小山市生涯学習課 TEL 0285-22-9669
(お知らせ / 2019年1月11日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
練り歩く華やかな稚児行列「寒川(さむかわ)の花桶かつぎ」〔小山市〕

注目
ライトアップされた世界をぐるり一周!「イルミネーションin東武ワールドスクウェア」〔日光市(鬼怒川温泉)〕

 東武ワールドスクウェアでは、11月3日(土・祝)から3月3日(日)までの毎日と3月9日(土)から17日(日)までの土・日、3月21日(木・祝)から31日(日)までの毎日、営業時間を延長して、「イルミネーションin東武ワールドスクウェア」を開催します。
 東京スカイツリー®、エッフェル塔、凱旋門、ミラノ大聖堂をはじめ園内に展示されている1/25スケールで精巧に再現された21ヶ国102点の世界の名所がイルミネーションライトやスポットライトで照らし出され、幻想的かつ華やかな世界を演出します。今年も約140万個のイルミネーションでお迎えします。併せて、西遊記シリーズ6場面の「台湾ランタン」を展示点灯します。

「インスタ映え」するということで、奇跡の一枚を狙ったインスタグラマーの方々も多数訪れていますが、撮影の時にはマナーを守ってお願いいたします。

○開催期間
 2018年11月3日(土・祝)~2019年3月3日(日)までの毎日・
 2019年3月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)・
 2019年3月21日(木・祝)~31日(日)までの毎日
○開催時間
 ■11/3(土・祝)~12/21(金)平日:16:30~19:30 土・日・祝日:16:30~20:00
 ■12/22(土)~1/3(木)16:30~20:30
 ■1/4(金)~2/8(金)16:30~19:00
 ■2/9(土)~3/3(日)17:00~19:30
 ■3/9(土)・3/10(日)・3/16(土)・3/17(日)・3/21(木・祝)~3/31(日)18:00~20:00
 ※時期により一部点灯時間の異なるエリアがあります。
 ※入園は閉園の30分前まで
○場   所  東武ワールドスクウェア(日光市鬼怒川温泉大原209-1)
○入 園 料  ■16:30まで:大人2,800円小人1,400円
        ■16:30以降:大人1,500円小人1,000円(園内で利用できる金券500円付)
○交通ガイド  電 車:東武鬼怒川線東武ワールドスクウェア駅から徒歩約1分
            または東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅から日光交通ダイヤルバス日光江戸村行きで約5分
         車 :日光宇都宮道路今市ICから約20分
○問い合わせ  東武ワールドスクウェア TEL 0288-77-1055

★鬼怒川温泉の宿泊はこちら

★入園前に「いちご狩り!」
 日光ストロベリーパーク
 日光花いちもんめ
(お知らせ / 2019年1月5日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
ライトアップされた世界をぐるり一周!「イルミネーションin東武ワールドスクウェア」〔日光市(鬼怒川温泉)〕

注目
過去最大約22万球の光が輝く!佐野プレミアム・アウトレット「Winter Illumination」〔佐野市〕

 佐野プレミアム・アウトレットでは、11月2日(金)から2019年2月20日(水)の期間中、「光輝く夜空~SPARKING ILLMINATION~」をテーマに、過去最大規模の約22万球のLED イルミネーションが場内を彩ります。シャンパンゴールドを基調にホワイトやウォームゴールド、ハニーゴールドのLEDの光で彩られたエントランスやハートのオブジェなど、思わず足を止めて写真を撮りたくなるようなフォトスポットが各所に登場。時間とともにカラーが変化するイルミネーションも初めて登場します。

「インスタ映え」するということで、奇跡の一枚を狙ったインスタグラマーの方々も多数訪れていますが、撮影の時にはマナーを守ってお願いいたします。

○期   間  2018年11月2日(金)~2019年2月20日(水)日没~21:00
○場   所  佐野プレミアム・アウトレット(佐野市越名町2058)
○営業時間   10:00~20:00※季節により異なります。
○定 休 日  年1回(2月第3木曜日)
○交通ガイド  電 車:JR両毛線・東武佐野線佐野駅から市内循環バスで約20分
         車 :東北自動車道佐野藤岡ICから約800m
○駐 車 場  約4,300台(無料)
○問い合わせ  佐野プレミアム・アウトレット TEL 0283-20-5800
(お知らせ / 2019年1月5日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
過去最大約22万球の光が輝く!佐野プレミアム・アウトレット「Winter Illumination」〔佐野市〕