お知らせ

エリア
バックナンバー 検索条件をクリア
9ありました

注目
【お知らせ】4/1(月)から「本物の出会い 栃木」アフターデスティネーションキャンペーンSTART!

栃木県では、4月1日(月)から6月30日(日)まで「本物の出会い 栃木」アフターデスティネーションキャンペーン(DC)を実施します!
花、食、温泉、自然、歴史・文化の5つのテーマの下、県内各地でさまざまな特別企画やイベントを行います。
皆様の本県へのお越しをお待ちしております。

「本物の出会い 栃木」アフターDCの概要は「添付ファイルを見る」をクリックしご覧ください。(「アフターDC特別企画一覧」(233企画)はこちらをご覧ください。
「本物の出会い 栃木」アフターDCの特別企画やイベントの情報は「関連リンク」をご覧ください。

「本物の出会い 栃木」アフターDCのガイドブックはこちらをご覧ください。
※送付ご希望の方は、栃木県観光交流課までお問い合わせください。

○問い合わせ:「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン実行委員会事務局(栃木県観光交流課)TEL 028-623-3305
(お知らせ / 2019年2月14日配信)
日光エリア 那須エリア 県央エリア 県南エリア 県東エリア
 こちらもチェック
【お知らせ】4/1(月)から「本物の出会い 栃木」アフターデスティネーションキャンペーンSTART!

注目
【お知らせ】「本物の出会い 栃木パスポート~season2」スタート!(2017年4月1日~2020年3月31日)

 いつも「本物の出会い 栃木パスポート」をご利用いただきありがとうございます。
 2014年4月から発行を開始しました「本物の出会い 栃木パスポート」は、皆さまに支えられ、順調に3年目を終了いたしました。
 利用者の皆さまや参画施設等様々な方から、事業の継続を望む声を多数頂戴していること、JRグループによる国内最大級の観光キャンペーンである2018年春の「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン開催決定を踏まえまして、有効期限を2020年3月31日まで延長して実施いたします。
 今までお持ちのパスポートは引き続きご使用いただけます。
 これからも様々な「おもてなし」で皆さまをお待ちしておりますので、引き続き「本物の出会い 栃木パスポート」をご活用くださいますようお願いいたします。

○問い合わせ 栃木県産業労働観光部 観光交流課 国内誘客担当 TEL 028-623-3305
(お知らせ / 2017年4月1日配信)
 こちらもチェック

注目
「#栃木DC」フォトコンテスト受賞作品決定!

「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン期間(平成30(2018)年4月~6月)に実施しました「#栃木DC」フォトコンテストにつきまして、受賞作品が決定いたしました!

受賞作品はこちら(ページ下部)でチェック!!

本コンテストでは、おかげさまを持ちまして、皆さまから5,210作品ものご投稿をいただき、県内外に栃木県の魅力を発信することができました。

受賞作品を参考に、是非栃木県へ足をお運びください!!
(お知らせ / 2018年10月24日配信)
日光エリア 那須エリア 県央エリア 県南エリア 県東エリア
 こちらもチェック
「#栃木DC」フォトコンテスト受賞作品決定!

注目
平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業の募集について

1 事業概要
(1)事業名
平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業
(2)事業目的
平成31(2019)年4月1日から同年6月30日まで開催する「本物の出会い 栃木」アフターデスティネーションキャンペーン(以下「栃木アフターDC」という。)に向け、旅行業者による、栃木県内の各市町が磨き上げた地域観光商品や素材(以下「アフターDC特別企画」という。)を組み入れた旅行商品の造成やその旅行商品の流通量と情報発信量の拡大を促進することにより、栃木アフターDC期間中の県外からの観光客の増大と当該旅行商品の定着を図ることを目的とします。
(3)事業内容
別添「平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業実施要領」のとおり
2 募集概要
(1)募集期間
【 第Ⅰ期 】 平成30年10月22日(月)~ 平成30年11月16日(金)
【 第Ⅱ期 】 平成30年12月10日(月)~ 平成31年1月11日(金)
(2)募集内容
旅行パンフレット制作に対する助成
詳細は「栃木県旅行商品造成支援事業助成金交付要領」に記載のとおり
(3)応募方法
応募申請書に交付要領に定める書類を添付し、郵送又は持参にて事務局宛てご応募ください。(郵送の場合消印日有効)
各募集期間経過後審査を行い、速やかに応募者宛て採否の通知をいたします。
(4)助成の条件
アフターDC特別企画を、制作する旅行パンフレットに掲載いただくことを条件としています。
・ 主なアフターDC特別企画は「2019年度 栃木県観光素材提案集」に掲載しております。ご希望の場合は事務局宛てお問い合わせください。
3 要領等
【申請に必要な資料】
(1)平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業実施要領
(2)栃木県旅行商品造成支援事業助成金交付要領
(3)別表1~5
(4)別記様式1~9
(5)別記様式1①旅行パンフレット制作内容概要書兼助成額計算書
(6)委任状(申請者が代表者以外の場合)
【参考資料】
(7)アフターDC特別企画
※ アフターDC特別企画は随時更新させていただきますので、最新の情報をご参照ください。
(8)申請手続きの流れ
(9)申請様式記入見本
(10)栃木県旅行商品造成支援事業に関するQ&A
(11)栃木県旅行商品造成支援事業全体概要(ポンチ絵)
(12)募集チラシ

≪お問合せ≫
「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン実行委員会事務局
(栃木県産業労働部観光交流課内)
電話番号 028-623-3305
FAX番号 028-623-3306
E-mail kanko@pref.tochigi.lg.jp
(お知らせ / 2018年10月22日配信)
日光エリア 那須エリア 県央エリア 県南エリア 県東エリア
 こちらもチェック
平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業の募集について

注目
「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン「DC通信」について

「DC通信」第25回目のお知らせをします。
第25回目は、「DCグランドフィナーレ」のお知らせや「栃木県観光PRパンフレット夏季版」の完成情報を取り上げています。
(お知らせ / 2018年6月29日配信)
 こちらもチェック

注目
「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン「DC通信」について

「DC通信」のお知らせをします。
第23回目は、4月1日(日)に開催された「DCオープニングイベント」の情報を取り上げています。
第23回目はコチラです。

第24回目は、GW中のDC特別企画の情報を取り上げています。
第24回目はコチラです。
 
(お知らせ / 2018年4月26日配信)
 こちらもチェック

注目
「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン「DC通信」について

「DC通信」のお知らせをします。

第19回目は、DCの取組み活動の様子や「DCガイドブック」の知事撮影風景を取り上げています。
第19回目はコチラです。

第20回目は、DCの取組み活動の様子を取り上げています。
第20回目はコチラです。

第21回目は、DCの取組み活動の様子や「DCガイドブック」完成情報を取り上げています。
第21回目はコチラです。

第22回目は、「DCオープニングイベント」情報を取り上げています。
第22回目はコチラです。
(お知らせ / 2018年4月9日配信)
 こちらもチェック

注目
「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン「DC通信」について

「DC通信」のお知らせをします。

第16回目は、DCの取組み活動の様子やツーリズムEXPOジャパン、観光情報誌秋季版を取り上げています。
第16回目はコチラです。

第17回目は、DCの取組み活動の様子を取り上げています。
第17回目はコチラです。

第18回目は、「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン実行委員会の様子やDC宣伝活動の様子を取り上げています。
第18回目はコチラです。
(お知らせ / 2017年12月8日配信)
 こちらもチェック

注目
【お知らせ】英国大使館別荘記念公園事業が平成28年度日本造園学会田村剛賞を受賞しました!

 この度、平成29年5月20日(土)に行われた平成29年度日本造園学会全国大会において、英国大使館別荘記念公園事業が下記のとおり平成28年度日本造園学会田村剛賞を受賞しましたので報告いたします。

 1 受 賞 日本造園学会 田村剛賞

 2 受賞者 栃木県(英国大使館別荘記念公園事業)

 3 公益社団法人 日本造園学会 
   公益社団法人 日本造園学会は、大正14年に設立されたわが国最初の造園学
  に関する学術団体。

 4 田村剛賞
   田村剛賞は、自然公園及び自然保護に関する研究論文や設計作品、著作、事
  業・マネジメントにおいて優れた業績をあげ、その分野の発展や普及・啓発に
  優れた功績を残した個人又は団体・組織に授与される。
  参考:平成27年度受賞者 該当なし
     平成26年度受賞者
 小沢晴司氏「わが国の国定公園の成立に関する研
                    究」
              小野寺浩氏「人間と自然の共生をめざす新たな自然
                    環境保全計画思想の構築と実践」

 5 受賞理由 
   栃木県は、寄贈を受けた旧英国大使館別荘を、国際避暑地の歴史を受け継ぐ
  施設として、当時の建材の再利用や石積み三段テラスの復元など丁寧な手法と
  創意工夫により創建当時の姿に復元するとともに、開園後は訪日外国人を含む
  多くの来訪者に「国際避暑地の歴史を体験できる新たな風景」の提供に取り組
  んでいる。
   これらの取組みが自然公園の整備の分野における優れた業績であり、当該分
  野の進歩、発展等に対し顕著な功績として認められた。

  ※写真は公益社団法人日本造園学会宮城俊作会長(平成28年度)と栃木県知事

  
☆英国大使館別荘記念公園の詳細についてはこちら☆
(お知らせ / 2017年6月7日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
【お知らせ】英国大使館別荘記念公園事業が平成28年度日本造園学会田村剛賞を受賞しました!