御供加持〔日光市(日光)〕 ごくうかじ

修行安全を願い、山伏がもちを練る

修行安全を願い、山伏がもちを練る
修行安全を願い、山伏がもちを練る
 歳末恒例の「御供加持」と呼ばれるもちつきが、毎年12月21日、日光山輪王寺(りんのうじ)の三仏堂境内で行われます。もちつきは「餅練り」とも呼ばれ、奈良時代末から日光連山へ峰修行に向かう山伏が出発に先立ちもちを供え、修行安全を祈願するとともに、携帯食にしたと伝えられています。
 午前8時20分、僧侶が結界の中で真言を唱えた後、山伏姿の僧侶が代わる代わる杵を振り下ろします。つきあげたもちは2俵(120キログラム)分で、鏡もちにして30日まで各御堂の御本尊に供え、正月を迎えます。

周辺観光情報

基本情報

住所 〒321-1494 栃木県日光市山内2300
電話番号 0288-54-0531 (日光山輪王寺)
公式URL http://www.rinnoji.or.jp/
電車・バスでのアクセスJR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺温泉行きまたは湯元温泉行きで約7分「西参道」下車徒歩約5分
車でのアクセス日光宇都宮道路日光ICから約5分
開催期間 2019年12月21日(土) <毎年同日開催>
開催時間 8:20~
会場名 日光山輪王寺三仏堂境内(日光市山内2300)