【終了】日光和楽踊り〔日光市(日光)〕 にっこうわらくおどり

多くの市民が訪れる夏の風物詩

多くの市民が訪れる夏の風物詩
多くの市民が訪れる夏の風物詩
多くの市民が訪れる夏の風物詩
日光和楽踊りの歴史は古く、大正時代がはじまりです。
大正2年9月に大正天皇と貞明皇后が古河電工日光事務所を訪問されました。
その当時、天皇が民間企業を訪問されるのは初めてのことであり、その大任を果たした夜、会社・所員の祝賀の席で自然発生的に歌い踊られたのが、日光和楽踊り発祥の由来とされています。
発祥当初は従業員の慰労のためのものでしたが、現在では多くの市民が参加し、にぎやかなイベントとなっています。
 
電飾に包まれたやぐらを皆で囲みながら伝統の日光和楽を踊り、楽しい夜を過ごしませんか。
 
※会場では豪華景品の当たる抽選会も開催予定です
 

周辺観光情報

基本情報

住所 〒321-1444 栃木県日光市清滝500
電話番号 0288-54-0501 (古河電工日光事務所総務課)
営業時間/休業日 19:00~21:00
利用事前予約不要
料金 無料
電車・バスでのアクセスJR日光駅または東武日光駅から湯元温泉行きバス乗車約20分、清滝バス停下車徒歩約3分
車でのアクセス日光宇都宮道・清滝インター下車
開催期間 2019年8月2日(金)
開催時間 19:00~21:00
会場名 古河電工日光営業所
添付ファイルを見る