繭玉市〔足利市〕 まゆだまいち

色とりどりの繭玉を買い、商売繁盛・開運祈願

色とりどりの繭玉を買い、商売繁盛・開運祈願
 毎年1月13日に商売繁盛や開運を願う「繭玉市(まゆだまいち)」が徳正寺(とくしょうじ)で開かれます。この祭りは、丑・寅年の守り本尊の虚空蔵菩薩を祀る徳正寺が、1739年(元文4年)に虚空蔵堂を修復し、その時から始まったと伝えられています。
 昔は、「蚕や繭が育ちますように」と養蚕家のための行事でしたが、織物が盛んになってきた頃からは「織物・家業がますます繁盛しますように」と商売繁盛を願うようになり、参道では「繭玉」が売られるようになりました。毎年、参道は縁起物の繭玉やだるまを買い求める大勢の人で賑わいます。
 

周辺観光情報

基本情報

住所 〒326-0808 栃木県足利市本城3丁目2090
電話番号 0284-21-5797 (徳正寺)
電車・バスでのアクセスJR両毛線足利駅または東武伊勢崎線足利市駅から車で約10分
車でのアクセス北関東自動車道足利ICから約15分
東北自動車道佐野藤岡ICから約35分
開催期間 2020年1月13日(月・祝) <毎年同日開催>
開催時間 9:00~20:00頃
会場名 徳正寺(足利市本城3丁目2090)