【終了】一瓶塚稲荷神社初午祭〔佐野市(田沼)〕 いっぺいづかいなりじんじゃはつうままつり

名物しんこまんじゅうで無病息災

名物しんこまんじゅうで無病息災
 江戸時代初期から続く伝統行事「一瓶塚(いっぺいづか)稲荷神社初午祭(はつうままつり)」が3月8日(金)から10日(日)まで開かれます。
 祭りの期間中は、稲荷神社周辺の道路を歩行者天国にし、境内や道路に約300もの露店や植木商などが軒を連ねます。名物「しんこまんじゅう」も売られます。「しんこ」は新粉のことを意味するほかに、稲荷神社を信仰するという意味もあり、「しんこまんじゅう」は精白した田沼産のうるち米の粉と小豆をおいしい田沼の水で手間隙かけて練って仕上げたものです。昔からこのまんじゅうを食べると無病息災になるといわれています。
 この祭りは春を告げる祭りとして、栃木県内はもちろん東京、埼玉、群馬方面からの参詣者も多く、数万の人出で賑わいます。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県佐野市田沼町
電話番号 0283-62-3655 (佐野市あそ商工会)
電車・バスでのアクセス東武佐野線田沼駅から徒歩約5分
車でのアクセス東北自動車道佐野藤岡ICから約30分
北関東自動車道佐野田沼ICから約5分
開催期間 2019年3月8日(金)~10日(日)
会場名 一瓶塚稲荷神社(佐野市田沼町1404)