雅楽奉納〔大田原市〕 

古式ゆかしい音色が響き、雅な雰囲気に

古式ゆかしい音色が響き、雅な雰囲気に
 正浄寺(しょうじょうじ)の雅楽は、江戸時代末期頃から春秋の彼岸などの法要で奉楽され、栃木県無形民俗文化財に指定されています。
 檀家有志で組織する正浄寺雅楽部のメンバーと地元佐久山小学校雅楽部の児童たちが参加して雅楽を奉納します。演奏に使用する楽器は、笙(しょう)や篳篥(ひちりき)、竜笛(りゅうてき)などです。
 住職の入退堂の時、狩衣(かりぎぬ)と立烏帽子(たてえぼし)で正装し、古式ゆかしい音色を響かせ、堂内は雅な雰囲気に包まれます。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県大田原市佐久山1301
電話番号 0287-28-0051 (正浄寺)
電車・バスでのアクセスJR宇都宮線西那須野駅から車で約20分
車でのアクセス東北自動車道矢板ICから約20分
開催期間 2019年9月23日(月・祝)
会場名 正浄寺(大田原市佐久山1301)