【終了】思川の流しびな〔小山市〕 おもいがわのながしびな

思川に流す、下野人形に託した願い

思川に流す、下野人形に託した願い
 小山市の夏の風物詩「思川の流しびな」は、毎年7月の第1日曜に行われる伝統行事で、浴衣姿のおとなや子どもたちが紙人形をのせたワラ舟を手に思川河畔に集い、さまざまな願いを託してそっと思川に流します。半世紀前から和紙の人形(ひとがた)を流し続けています。
 使われる人形は「下野(しもつけ)人形(ひとがた)」と名づけられた10センチメートルから40センチメートルのもので、「下野しぼり」と呼ばれる技法で作られた和紙を使っています。人形には、丸髷(まるまげ)島田髷(しまだまげ)の着物姿や洋装のものもあり、取り付けられた短冊には願い事が書かれています。
 「思川の流しびな」への参加は誰でも可能です。浴衣での参加者先着50人に「流しびな」をプレゼントします。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県小山市
電話番号 0285-30-4772 ((一社)小山市観光協会)
電車・バスでのアクセスJR宇都宮線小山駅西口から徒歩約8分
車でのアクセス東北自動車道佐野藤岡ICから約20分
駐車可能台数小山市役所駐車場をご利用ください。
開催期間 2019年7月7日(日)<毎年7月第1日曜日開催>
開催時間 ■受付:9:30~ ■開場:10:00~
会場名 観晃橋下流思川河畔(小山市役所西側)