【終了】金山神社例大祭「吹子祭」〔足利市〕 ふいごまつり

代々受け継がれてゆく、鉄の輪

代々受け継がれてゆく、鉄の輪
代々受け継がれてゆく、鉄の輪
 昔ながらの鍛冶(かじ)技法の伝統を後世に伝える貴重な儀式「吹子祭(ふいごまつり)」が、足利市福富新町の鉄工団地内の一角にある金山神社で厳かに行われます。この神社の祭神は鉱山・金属業を司る神様の金山彦命(かなやまひこのみこと)であり、本宮は岐阜県垂井町(たるいちょう)にある南宮(なんぐう)大社です。1924年(大正13年)に当時の関係者が、そのご分体を足利市伊勢町の飯成(いいなり)神社境内に(まつ)りましたが、この後、1974年(昭和49年)、現在地に造営し遷宮(せんぐう)しました。
 毎年12月、年1回の大祭では、鍛冶職にとって、もっとも大切な(ふいご)に感謝し、鉄工の神様に鉄工関係者の安全と繁栄を祈願します。足利鉄工協同組合・鉄工団地協同組合員から選ばれた5人の鍛冶鍛錬者たち(奉行:見分役、横座:親方〔小槌をもち、指図する役〕、先手2名:大槌により材料から形を作る役、鞴:炉の管理役)が烏帽子、直垂白装束をまとい、力を合わせてひとつの新しい鉄の輪を鍛え作ります。会場には「トンテンカン、トンテンカン」と金床に金槌を打ちつける音が響きわたります。20分ほどで鉄の輪が完成し、代々続く鉄の輪につなぎ、新たな鎖として神社に奉納します。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県足利市福富新町726
電話番号 0284-42-7545 (足利鉄工業協同組合事務局)
電車・バスでのアクセスJR両毛線足利駅から車で約15分
東武伊勢崎線足利市駅から車で約10分
車でのアクセス東北自動車道佐野藤岡ICから約30分
北関東自動車道足利ICから約20分
駐車可能台数普通車8~10台
開催期間 2017年12月8日(金)
開催時間 ■大祭挙行(式典・奉納)10:00~ ■鍛錬式 10:30~(鍛錬式終了後 直会)
会場名 金山神社(足利市福富新町726 足利鉄工団地敷地内)