板室温泉 三大祈願祭〔那須塩原市(板室温泉)〕 いたむろおんせん さんだいきがんさい

板室温泉に入って、三大ご利益を

板室温泉に入って、三大ご利益を
板室温泉に入って、三大ご利益を
板室温泉に入って、三大ご利益を
板室温泉に入って、三大ご利益を
 板室温泉は、康平2年(1059年)那須三郎宗重によって発見されたと言われています。古くから「下野の薬湯」といわれ、湯治場として親しまれています。ぬるめの湯温なので長時間の入浴が可能です。温泉利用の効果が十分期待できることから、昭和46年(1971年)に環境庁(現環境省)から国民保養温泉地に指定されています。
 昨年の冬から板室温泉では「三大祈願祭」を行い、期間中、三大祈願所(木の俣地蔵・篭岩(かごいわ)神社・板室温泉神社)で祈願されたお札を、1ヶ月ごとに板室温泉宿泊施設内にある温泉の湯口にお供えします。板室温泉に入ることで、健康祈願や子宝祈願、関節・神経痛治癒祈願のご利益が得られます。
 また、4月23日(日)には、三大祈願お炊き上げを行い、お炊き上げ後は餅つきが行われます。

板室温泉の宿泊はこちら
 

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県那須塩原市板室
電話番号 0287-62-7155 (黒磯観光協会)
公式URL http://www.kuroiso-kankou.org
電車・バスでのアクセスJR宇都宮線黒磯駅から東野バス板室温泉行きで約35分終点下車
車でのアクセス東北自動車道黒磯板室ICから約20分
開催期間 2017年1月1日(日・祝)~4月23日(日)
開催時間 ■お炊き上げ:4月23日(日)11:00~ ■餅つき:お炊き上げ終了後
会場名 板室温泉地内(那須塩原市板室)