益子焼 

益子焼は、江戸時代末期、笠間で修業した大塚啓三郎が窯を築いたのが始まりとされています。当初は主に鉢、水がめ、土瓶といった日用品の産地として発展しました。1924年、濱田庄司がこの地に移住し、「用の美」着目した柳宗悦らと共に民芸運動を進めると、地元の工人たちに大きな影響を与え、益子焼は芸術品としての側面も持つようになります。現在、窯元は約250、陶器店は約50。若手からベテランまで、多種多様な陶芸家たちの作品がそろいます。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県芳賀郡益子町 町内各所 
電話番号 0285-70-1120 (益子町観光協会)
公式URL http://blog.mashiko-kankou.org/
営業時間/休業日 店舗による
利用事前予約店舗による
料金 店舗による
電車・バスでのアクセス【電車】真岡鐵道益子駅から徒歩10分~
【バス】JR宇都宮駅から東野バス益子行で70分
【高速バス】秋葉原駅から高速バス関東やきものライナーで150分
車でのアクセス北関東自動車道桜川筑西ICから車で20分
北関東自動車道真岡ICから車で25分
駐車可能台数店舗による
駐車料金店舗による
備考