• スポットを探す








観光情報検索

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
132ありました
1
平和観音

平和観音

大谷石の岩壁に掘られた高さ27mの大観音 
宇都宮市内にある、石の里・大谷。 大谷石の採掘場跡の岩壁に掘られた大観音像。その高さは27m。階段で展望台まで登ると町並みを一望することができます。この大観音像は、戦没者の慰霊と世界平和を祈念するために彫り始められ、そのすべてが手彫りで制作されています。大谷石の歴史と巨大地下空間がある大谷資料館と合わせて見学したいスポットです。 平和観音は、特撮テレビ番組「ウルトラマン80」に、平和観音の後光で…
県央エリア
2
第4回 うずま川行灯まつり〔栃木市〕

第4回 うずま川行灯まつり〔栃木市〕

幻想的な行灯のあかりが小江戸情緒を醸し出す 
 栃木市のシンボルであり、市内の中心を流れる巴波川(うずまがわ)の夏の夜を幻想的に彩る「第4回 うずま川行灯あんどんまつり」が開催されます。  開運橋から幸来橋を経てうずま公園まで、蔵や切り絵の作品を貼り付けた100個を超える行灯が設置され、夏の夕べを美しく彩ります。  設置期間中は、点灯式やあかりの夕べ、お囃子などのイベントのほか、栃木市無形民俗文化財に指定されている「百八灯流し」も開催されます…
県南エリア
3
野木町煉瓦窯

野木町煉瓦窯

明治の薫りを楽しもう! 
日本の近代化遺産,ホフマン式円形輪窯かつて野木町の近代産業を支えた旧下野煉化製造会社の工場の一部.国の重要文化財に指定されている煉瓦窯は,「ホフマン式円形輪窯」といい,明治23年に作られました.現存するものの中で唯一完全な形を保っている貴重な産業遺物です.外形は16角形,高さ約34メートル,周囲は約100メートル.明治23年から昭和46年までの約80年間,多いときで408,000本もの赤レンガを焼…
県南エリア
6
真岡の夏まつり〔真岡市〕

真岡の夏まつり〔真岡市〕

真岡が熱い3日間! 
 真岡市最大のイベント「真岡の夏まつり」が7月21日(金)から23日(日)までの3日間、行われます。昨年は3日間で約28万人の人出で賑わいました。  初日の21日(金)は夏祭りの出陣式に当たる「宮出し・出御(しゅつぎょ)祭・町会渡し」が大前(おおさき)神社で行われます。宮出しの後の出御祭では多くの人が参加し、神輿(みこし)渡御(とぎょ)や屋台巡行の安全、五穀豊穣、疫病退散、産業発展を祈ります。その…
県東エリア
7
道の駅 明治の森・黒磯(青木別邸)

道の駅 明治の森・黒磯(青木別邸)

7.5ヘクタールの広大な敷地に、国の重要文化財である青木家那須別邸を整備し、道の駅としてオープンした施設。 
那須塩原市は広大な那須野ヶ原や、那珂川の清流など、自然に恵まれた都市です。 開拓の地でもある当市(黒磯地区)は、酪農が盛んで、生乳の生産額は本州第一位を誇っています。 「明治の森・黒磯」ではこうした乳製品や地元野菜の直売所があるほか、那須野ヶ原開拓の一人、青木周蔵の那須別邸があり、明治時代の開拓の歴史を見ることができます。 青木邸は、明治時代にドイツ公使や外務大臣、駐米全権大使などを歴任した青木周…
那須エリア
9
旧青木家那須別邸

旧青木家那須別邸

国の重要文化財に指定されている美しい洋館 
道の駅「明治の森・黒磯」の敷地内に建つ洋館。明治時代にドイツ公使や外務大臣等を務めた青木周蔵の別邸で、ヨーロッパ式の建築技術を用いて建てられた建造物です。青木邸の前には、四季折々の花が美しく咲き誇るハンナガーデンが広がり、那須のさわやかな風に吹かれながらお散歩を楽しめます。道の駅には、新鮮な野菜や、酪農が盛んな地域の特色を生かした乳製品などが揃っています。パン工房やカフェレストランもあり、グルメも…
那須エリア
10
~開運のまち おやま~徳川ゆかりの地をめぐる旅

~開運のまち おやま~徳川ゆかりの地をめぐる旅

頼朝…家康…次に開運力をゲットできるのはあなたかも? 
慶長五年(1600年)、関ヶ原の合戦における徳川家康の勝利と、これに続く徳川幕府の樹立という開運をもたらした「小山評定」は小山市で開かれ、現在は小山市指定史跡となっております。 また、鎌倉時代にさかのぼれば、小山氏の祖・小山政光、妻で源頼朝の乳母を務めた寒川尼夫妻は、源平合戦の際、不在だった夫に代わり、妻が源氏方への助力を決意し、頼朝へ合戦の勝利と鎌倉幕府樹立という開運をもたらしました。 「小山評…
県南エリア
16
日光街道杉並木

日光街道杉並木

全長37km 天にそびえ立つ緑のカーテン 
日光街道・例幣使街道・西会津街道の3つの街道で、全長37kmに渡って道の両側に約1万3300本もの杉の木がうっそうとそびえ立つ並木道。 徳川家の忠臣・松平正綱が20年余りの年月をかけて20万本以上もの杉を植樹し、家康の33回忌の年に日光東照宮の参道並木として寄進しました。高さ約30mにも成長したこの杉並木は現在日本で唯一、特別史跡と特別天然記念物の二重指定を受けており、平成3年には「世界一長い並木…
日光エリア
17
烏山城跡

烏山城跡

「のぼうの城」の成田長親、織田信長の息子信雄の居城 
旧烏山町の中心から北西に位置する八高山に築かれた山城で、山の形が牛の寝姿に似ていると「臥牛城」とも呼ばれています。 那須与一末裔の兄那須資之と弟沢村五郎資重の不仲に端を発し、資重が下境の稲積城に移った後、応永25年(1418)に烏山城を築城しました。 以後、下那須氏の本拠となり永正13年(1516)の上下那須氏統一から天正18年(1590)の那須氏改易まで那須宗家の居城でした。 以後、織田(信雄)…
県央エリア
19
門前地区

門前地区

あるこうか♪もおか 
「真岡門前」。古くはお寺の門前町として栄え、さらに大正~昭和には、料亭や芸者置屋が並ぶ花街として賑わいました。その名残は今も街のあちこちに残っています。 現在は個性的なお店が集まる門前ですが、時代の流れとともに廃業や衰退が進んでいました。しかし、レトロな雰囲気にひかれた店主が古家具店を始めたことをきっかけに個性豊かなお店が集まり、週末には若者が集まる町並みとなりました。 8月を除く偶数月の第2日曜…
県東エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設