• スポットを探す








観光情報検索

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
181ありました
1
芭蕉の里「くろばね紫陽花まつり」〔大田原市(黒羽)〕

芭蕉の里「くろばね紫陽花まつり」〔大田原市(黒羽)〕

堀跡の斜面が、アジサイで埋め尽くされる 
 花の公園として親しまれている黒羽城址公園とその周辺に植栽されている約6,000株のアジサイの開花に合わせて「くろばね紫陽花まつり」を開催します。公園内の橋上から堀跡沿いにアジサイを展望できます。  期間中は俳句大会や写真コンテストなど各種イベントが開催され、売店なども設置されます。夜間(午後7時から9時)にはライトアップが行われ、夜でもアジサイを楽しめます。城址公園入口には案内所を開設し、ボラン…
那須エリア
2
ハンターマウンテンゆりパーク「2018ゆり博」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

ハンターマウンテンゆりパーク「2018ゆり博」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

全国最大級!400万輪のゆり畑 
 塩原温泉のスキー場、ハンターマウンテン塩原の「ゆりパーク」で「2018ゆり博」が7月14日(土)から8月26日(日)まで開催されます。「ゆりパーク」には、今年も400万輪のゆり畑がお目見えします。黄・白・ピンク・赤・オレンジの色鮮やかな約50種類のゆりが3万坪に咲き誇り、緩やかな斜面を彩ります。  全長1,000メートル、約10分間のフラワーリフトに乗ると、眼下に広がるゆりの絨毯(じゅうたん)を…
那須エリア
4
とちぎあじさいまつり〔栃木市〕

とちぎあじさいまつり〔栃木市〕

1,000段の階段を彩るあじさい 
 西洋あじさいをはじめ、額あじさい、山あじさいなど約2,500株のあじさいが太平山神社表参道、約1,000段の石段の両側に咲きそろいます。これらのあじさいは、昭和49年(1974年)にライオンズクラブが植樹したのが始まりで、見頃は6月下旬から7月上旬です。石段はこの山で産出する石を使った「のづら積み」で、信徒の労力と寄進によるものです。 ★あじさいを見た後には、太平山三大名物「だんご、焼き鳥、玉…
県南エリア
5
あじさい祭り〔益子町〕

あじさい祭り〔益子町〕

かわいい稚児がアジサイを奉納 
 約5千株のあじさいが咲き誇る太平(たへい)神社で、恒例の「あじさい祭り」が行われます。初日24日(日)には、4人の稚児(ちご)が巫女に扮し、「献花祭(けんかさい)」が行われます。  「献花祭」は、自然の恵みに感謝し、無病息災を祈願する神事で、春夏秋冬一年の四季を表す4人の稚児が願いをこめて、白・ピンク・紫色のあじさいを神前に奉納します。また、同日午後7時からは「献燈講社祭(けんとうこうしゃさい)…
県東エリア
7
つがの里ハスまつり〔栃木市(都賀)〕

つがの里ハスまつり〔栃木市(都賀)〕

4日間で散る、儚く、可憐なハスの姿 
 6月下旬頃から約1000株3000本の可憐なハスが次々と咲き、つがの里を鮮やかに彩ります。ハスの花は7月下旬まで楽しめます。  ハスは朝花開き、午後には閉じてしまいます。それを繰り返し4日目には散ってしまう儚い花です。早朝から午前中のご来園をおすすめします。  まつり期間中は様々なイベントを予定しています。また、同時期には園内でスイレン、アジサイ、ラベンダー、キキョウ、ヘメロカリスなどの花もご覧…
県南エリア
8
戦場ヶ原

戦場ヶ原

奥日光に広がる日本有数の湿原 
 この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる戦場ヶ原。かつて湖であったものが湿原化したもので、400ヘクタールの広大な面積を誇ります。湿原をぐるりと囲むように自然探究路が整備され、2時間ほどで歩けるハイキングコースになっています。350種類にも及ぶ植物が自生し、野鳥の種類が多いことでも有名。男体山を背景に広大な湿原を見渡せる展望ポイント…
日光エリア
9
吉祥寺あじさい弁天まつり〔足利市〕

吉祥寺あじさい弁天まつり〔足利市〕

 
 吉祥寺(きっしょうじ)は足利氏5代目頼氏が弘長年間(1261年~1263年)に創建したお寺です。お寺の境内に15種1,500株のアジサイが見事に咲き誇り、「あじさい寺」と呼ばれ親しまれています。  6月23日(土)、24日(日)には「吉祥寺あじさい弁天まつり」が開かれ、あじさいの鑑賞、地元の方の作った加工物等の販売、けんちん汁の振舞いが行われます。24日(日)のみ音楽演奏(予定)、午後1時から祈…
県南エリア
10
【終了】マウントジーンズ「ゴヨウツツジ散策・鑑賞」「那須ゴンドラ 春の運行」〔那須町〕

【終了】マウントジーンズ「ゴヨウツツジ散策・鑑賞」「那須ゴンドラ 春の運行」〔那須町〕

国内最大級のゴヨウツツジ群生地! 
 敬宮(としのみや)愛子(あいこ)内親王殿下のお印として話題のシロヤシオ(別名ゴヨウツツジ)は、那須のスキー場「マウントジーンズ那須」のゴンドラ山頂駅(標高約1410メートル)から那須登山道にかけての6ヘクタールに、約3万株が自生しています。  開花時は清楚な純白の花が咲き誇り、白い花のトンネルを散策できます。ここは国内最大級の貴重な群生地です。例年、5月中旬から6月上旬にかけて満開になります(…
那須エリア
12
【終了】きつれ川ポピーまつり〔さくら市(喜連川)〕

【終了】きつれ川ポピーまつり〔さくら市(喜連川)〕

色鮮やかに300万本のポピーが皆様をお迎えします 
 さくら市の荒川河川敷にある約1.5ヘクタールの畑に、約300万本の赤やピンクのポピーが5月中旬から下旬にかけて咲き誇ります。  さくら市身体障害者福祉会が地域の人たちに楽しんでもらおうと十数年前に植栽を始め、現在はボランティアも加わったポピー畑管理委員会が栽培しています。 5月26日(土)、27日(日)のポピーまつりには、イベントやテントショップも出店されます。  5月26日(土)、27日(日…
県央エリア
15
那須神社

那須神社

那須与一ゆかりの神社。例大祭には流鏑馬も 
杉並木の中に立つ荘厳な神社。社宝には、屋島の戦いで名を馳せた那須与一が奉納した太刀があり。春と秋の例大祭も有名で、特に敬老の日の例大祭では、弓の名手と知られる与一にちなんで流鏑馬が行われます。本殿と楼門は、国重要文化財にも指定されています。隣接している道の駅「那須与一の郷」には、那須与一ゆかりの地として那須家に代々伝わる資料の展示がある「那須与一伝承館」が併設されています。
那須エリア
16
霧降高原

霧降高原

ニッコウキスゲをはじめとする高山植物の宝庫 
霧降高原は赤薙山(あかなぎさん)斜面に広がる標高約1200mの高原地帯。高山植物の宝庫で、ニッコウキスゲの群生地として知られており、6月下旬~7月中旬には約26万株のニッコウキスゲが見ごろを迎え、黄色い花が一面に咲き誇ります。群生地のキスゲ平はハイキングコースが整備されているので気軽に散策も楽しめます。春には色とりどりのツツジ、秋は紅葉、冬はスキーと年間を通して豊かな自然を堪能できる霧降高原。レス…
日光エリア
17
中禅寺湖

中禅寺湖

海抜高度1269メートル、日本屈指の高さを誇る湖! 
奥日光の入り口に位置する中禅寺湖。周囲約25キロメートル、最大水深163メートルで、およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができたといわれています。穏やかな気候のため、明治から昭和初期にかけては外国人の避暑地として賑わいました。男体山のふもとに広がるのどかな湖畔は四季折々の表情を楽しめますが、特に初夏のツツジ、秋の紅葉が見事です。また、遊覧船に乗って水上からの景色を楽しむ…
日光エリア
18
那須ロープウェイ

那須ロープウェイ

那須高原を眼下に見渡す空中遊覧へ出発! 
那須高原のメインストリート、那須街道を進み、殺生石を通過し、ボルケーノハイウェイ(旧那須高原有料道路)を登っていくと、那須ロープウェイ山麓駅にたどり着く。ここから茶臼岳の9合目まで約4分間で結ばれている。 眼下にはボルケーノハイウェイ(旧那須高原有料道路)や那須野が原の雄大な眺めが広がる。山頂駅から茶臼岳頂上までは歩いて約50分。頂上からは天候が良ければ、磐梯山、日光連山、関東平野、筑波山などが望…
那須エリア
19
唐沢山城跡・唐澤山神社

唐沢山城跡・唐澤山神社

上杉・北条と攻防を繰り広げた戦国時代の山城跡。戦国当時の高石垣が訪れる人を出迎えます。 
〔唐沢山城跡〕 続・日本百名城、関東七名城のひとつで、国指定史跡の山城跡です。唐沢山山頂に本丸を有し、本丸周辺では関東平野を一望できる眺めと季節の花が楽しめ、400年以上前に築かれた貴重な高石垣が訪れる人々を出迎えます。 〔唐澤山神社〕 唐沢山山頂の本丸跡には、この地に城を構えたという藤原秀郷を祀った唐澤山神社があります。 境内では四季折々の草木や周辺の眺望を楽しむことができます。春のツツジや秋…
県南エリア
20
みかもハーブフェスタ(みかも山公園)

みかもハーブフェスタ(みかも山公園)

香花爛漫!三毳山麓のハーブまつり 
みかも山公園西口にある「みかもハーブ園」では、ラベンダー、ミント、ローズマリーなど、約40種類のハーブの花や香りを楽しめます。 6月開催の「みかもハーブフェスタ」では、ハーブを使った体験講座やハーブティーの試飲、園内のガイドウォークなど、ハーブに親しめるイベントをたくさん行います。ぜひ、お楽しみください。
県南エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設