• スポットを探す








観光情報検索

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
189ありました
1
彼岸花ウィーク〔茂木町〕

彼岸花ウィーク〔茂木町〕

50万本の彼岸花が斜面を埋め尽くす! 
 城山公園は鎌倉時代に茂木城(桔梗城)があったところです。茂木町の中心部を見渡せる小高い丘からは逆川や煙を上げて走るSLを遠くに見ることができます。  9月中旬から10月上旬にかけて、城山公園の南斜面一帯が約50万本の彼岸花で真っ赤に染まり、訪れる人の目を楽しませます。斜面での彼岸花の群生は珍しく、平地とは違った角度から写真を撮れるということで多くのカメラマンが集まります。
県東エリア
2
コスモス祭り〔益子町〕

コスモス祭り〔益子町〕

可憐なコスモスが益子の里を彩る 
 今年も益子町南部の生田目(なばため)地区に約11ヘクタールの大規模な「コスモス畑」が出現し、繊細で色鮮やかなコスモスが咲き誇ります。観覧は無料です。イベント期間中は、「コスモス畑」の眺望を無料で楽しめる展望台の設置や農産物などの直売も行われます。 【オープニングセレモニー】10月5日(土) 【コスモス夜祭り】10月19日(土)  
県東エリア
3
茶臼岳(那須岳)

茶臼岳(那須岳)

今なお噴煙上がる活火山 
 那須連山の中央に位置する活火山。今もなお白い噴煙を吹きあげています。ロープウェイで8合目まで登ることもでき、眼下に広がる大パノラマを堪能。さらに山頂までは歩道も整備されているので、家族連れや初心者でも気楽に登山を楽しむことができます。山頂からは、天気が良いと関東平野を一望できて、まさに絶景です。  茶臼岳山麓は、夏は緑が鮮やかで、秋は美しい紅葉が見られます。ロープウェイで山頂駅まで登ると、約40…
那須エリア
4
那須ロープウェイ

那須ロープウェイ

那須高原を眼下に見渡す空中遊覧へ出発! 
那須高原のメインストリート、那須街道を進み、殺生石を通過し、ボルケーノハイウェイ(旧那須高原有料道路)を登っていくと、那須ロープウェイ山麓駅にたどり着く。ここから茶臼岳の9合目まで約4分間で結ばれている。 眼下にはボルケーノハイウェイ(旧那須高原有料道路)や那須野が原の雄大な眺めが広がる。山頂駅から茶臼岳頂上までは歩いて約50分。頂上からは天候が良ければ、磐梯山、日光連山、関東平野、筑波山などが望…
那須エリア
5
茂木の城山公園

茂木の城山公園

 
鎌倉時代に茂木城が築かれていた場所で、現在は茂木町のシンボル的な公園。 町の中心部を見渡せる小高い丘からは、逆川や煙をかげて走るSLを見ることができます。 春には約1カ月かけてさまざまな種類の桜がかわるがわる開花し、秋には南斜面を真っ赤に染める約30万株の彼岸花が私たちをむかえてくれます♪ 芝生広場や遊具もあるので子ども連れでも楽しめますよ。
県東エリア
7
戦場ヶ原

戦場ヶ原

奥日光に広がる日本有数の湿原 
 この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる戦場ヶ原。かつて湖であったものが湿原化したもので、400ヘクタールの広大な面積を誇ります。湿原をぐるりと囲むように自然探究路が整備され、2時間ほどで歩けるハイキングコースになっています。350種類にも及ぶ植物が自生し、野鳥の種類が多いことでも有名。男体山を背景に広大な湿原を見渡せる展望ポイント…
日光エリア
8
市貝町芝ざくら公園

市貝町芝ざくら公園

360度広がる芝桜のじゅうたん 
※「芝ざくらまつり」2019年4月6日(土)~5月6日(月・振休)開催! 4月中旬から5月にはピンク色の芝桜が地面を飾る美しい公園。展望台から見渡すパッチワークの光景は圧巻! 平成18年4月1日開園、面積80,000㎡(うち、芝ざくら植栽面積18,000㎡)、約20万株の芝ざくらが植栽されています。
おもてなし施設 県東エリア
9
国指定史跡「唐沢山城跡」・唐澤山神社

国指定史跡「唐沢山城跡」・唐澤山神社

上杉・北条と攻防を繰り広げた戦国時代の山城跡。戦国当時の高石垣が訪れる人を出迎えます。 
〔唐沢山城跡〕 続・日本百名城、関東七名城のひとつで、国指定史跡の山城跡です。唐沢山山頂に本丸を有し、本丸周辺では関東平野を一望できる眺めと季節の花が楽しめ、400年以上前に築かれた貴重な高石垣が訪れる人々を出迎えます。 〔唐澤山神社〕 唐沢山山頂の本丸跡には、この地に城を構えたという藤原秀郷を祀った唐澤山神社があります。 境内では四季折々の草木や周辺の眺望を楽しむことができます。春のツツジや秋…
県南エリア
10
中禅寺湖

中禅寺湖

海抜高度1269メートル、日本屈指の高さを誇る湖! 
 奥日光の入り口に位置する中禅寺湖。周囲約25キロメートル、最大水深163メートルで、およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができたといわれています。穏やかな気候のため、明治から昭和初期にかけては外国人の避暑地として賑わいました。男体山のふもとに広がるのどかな湖畔は四季折々の表情を楽しめますが、特に初夏のツツジ、秋の紅葉が見事です。また、遊覧船に乗って水上からの景色を楽し…
日光エリア
11
第41回天平の花まつり〔下野市(国分寺)〕

第41回天平の花まつり〔下野市(国分寺)〕

八重桜が咲き誇り、春の陽気に天平の香り 
 41回目の「天平の花まつり」が開催されます。根尾淡墨桜、山高神代桜、三春滝桜の日本三大桜や盛岡石割桜など、名立たる桜の子孫樹が一堂に集まる天平の丘公園は、3月末の淡墨桜から4月末の八重桜まで約1ヶ月間に渡り、桜を鑑賞することができます。特に園内各地に咲き誇る八重桜は壮観です。  地元商店の出店、ステージでの歌謡ショーやキャラクターショー、ロードレイン「坊っちゃん列車」の運行などを予定しており、家…
県南エリア
12
八方ヶ原〔矢板市〕

八方ヶ原〔矢板市〕

レンゲツツジの名所。ハイキングにもおすすめです! 
日光国立公園の一部で、標高1,000~1,200メートルの高さにある高原。6月中旬までには20万株のレンゲツツジが咲き誇り、辺り一面が朱色に染まります。展望台もあり、日光や那須連山、遠く関東平野まで見渡すことができます。遊歩道が整備されているので、山歩きや家族連れでのハイキングも楽しむことができます。紅葉の時期は散策の人達で賑わいます。 八方ヶ原の階段状の台地には下から順に学校平(がっこうだいら…
那須エリア
14
小田代原

小田代原

湿原と草原の特徴を持つ希少な草原地帯 
湯ノ湖から流れる湯川の西側に広がる周囲2キロの草原で、面積は戦場ヶ原の約4分の1ほど。ミズナラの林に囲まれた大自然が広がります。 初夏から夏にかけてはウマノアシガタ(6月~7月)、ホザキシモツケ(7月~8月)、ニッコウアザミ(7月~8月)の群落に、秋にはミズナラの黄葉や草紅葉の美しい光景に出合うことができます。 また、草原の真ん中に生えている「小田代原の貴婦人」と呼ばれる1本のシラカンバの木が美し…
日光エリア
15
竜頭ノ滝

竜頭ノ滝

日光三名瀑の一つとされる奥日光を代表する滝 
男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちる滝。 幅10メートルほどの階段状の岩場を勢いよく流れる渓流爆で、滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれています。 5月から6月は赤紫色のトウゴクミツバツツジが咲き誇るオススメの季節。 また、9月下旬頃からは紅葉の名所として人気が高く、モミジやシナノキなどに彩られた美しい景観…
日光エリア
16
【終了】ハンターマウンテンゆりパーク「ゆり博2019」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

【終了】ハンターマウンテンゆりパーク「ゆり博2019」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

全国最大級!400万輪のゆり畑 
 塩原温泉のスキー場、ハンターマウンテン塩原の「ゆりパーク」で「ゆり博2019」が7月13日(土)から8月25日(日)まで開催されます。「ゆりパーク」には、今年も400万輪のゆり畑がお目見えします。黄・白・ピンク・赤・オレンジの色鮮やかな約50種類のゆりが3万坪に咲き誇り、緩やかな斜面を彩ります。  全長1,000メートル、約10分間のフラワーリフトに乗ると、眼下に広がるゆりの絨毯(じゅうたん)を…
那須エリア
17
那須神社

那須神社

那須与一ゆかりの神社。例大祭には流鏑馬も 
杉並木の中に立つ荘厳な神社。社宝には、屋島の戦いで名を馳せた那須与一が奉納した太刀があり。春と秋の例大祭も有名で、特に敬老の日の例大祭では、弓の名手と知られる与一にちなんで流鏑馬が行われます。本殿と楼門は、国重要文化財にも指定されています。隣接している道の駅「那須与一の郷」には、那須与一ゆかりの地として那須家に代々伝わる資料の展示がある「那須与一伝承館」が併設されています。
那須エリア
18
【終了】萩まつり〔足利市〕

【終了】萩まつり〔足利市〕

紅白の美しいハギが境内に咲きそろう 
 足利市寺岡にある元三大師(がんざんだいし)境内に赤と白の花をつける2種類の美しいハギが約400本咲き、9月中旬から10月上旬にかけて見頃を迎えます。  9月15日(日)には「萩まつり」が開かれ、午前10時から演奏会、午前11時30分から萩祭り特別護摩(1口1,000円にて限定札授与)、正午からお宝まき式(本堂正面にてお菓子などをまきます)が行われます。
県南エリア
19
湯ノ湖

湯ノ湖

三ツ岳の噴火でできた静かな山間の湖 
 三ツ岳の噴火で湯川がせき止められてできた湖。周囲は約3キロメートル、三方を山で囲まれており、どことなく神秘的な雰囲気が漂います。湖岸には散策路があり1時間ほどで一周できます。湖の周囲には、ノリウツギ、オオカメノキ、ウダイカンバなどの広葉樹と、コメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、変化に富んだ手つかずの自然を楽しむことができ、9月下旬から10月中旬には赤・黄・茶、色とりどりの見事な紅葉…
日光エリア
20
天平の丘公園

天平の丘公園

JR東日本『大人の休日倶楽部』ポスターの舞台 
広大な敷地に、美しい自然林と貴重な史跡が残る公園です。春には、約450本の八重桜が咲き、4月中旬から下旬に開催される天平の花まつりは、多くの人で賑わいます。園内には、しもつけ風土記の丘資料館や民族資料館などの文化施設もあり、歴史に思いを馳せながらの散策も楽しめます。民族資料館前からは、園内を周遊する「坊っちゃんバス」が一周15分かけてゆっくりと周回。のんびりと観光できるのでお子様連れにも人気です。…
県南エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設