奥州街道を歩く -氏家宿周辺-
3時間30分

《様々な街道が合流する交通要所》奥州街道を歩く -氏家宿周辺-

氏家宿は会津西街道、会津中街道、原方街道が奥州街道に合流する交通要所でした。
県央
  • START JR氏家駅
  • 徒歩14分
    1100m
    1
    所要時間
    10分
    どうひょう

    道標(氏家古町)

    氏家宿の南端の曲がり角に「右江戸海道 左水戸かさま 下だて」の道標と北向地蔵があります。横の大きな石碑は、書家小山霞外筆の馬頭観音でしたが、交通事故により実物は古町薬師堂に移されました。
    住所 〒329-1311栃木県さくら市氏家403
  • 徒歩1分
    100m
    2
    所要時間
    10分
    やくしどうかわらいしとうばぐん

    薬師堂河原石塔婆群

    古町薬師堂の横に6基並んだ河原石塔婆群(かわらいしとうばぐん)は、主に南北朝期に制作された石の供養塔です。自然石を使った珍しいものです。
    住所 〒329-1311栃木県さくら市氏家2615
  • 徒歩5分
    370m
    3
    所要時間
    10分
    うじいえほんじんあと

    氏家本陣跡

    氏家宿で、大名や旗本、幕府役人、宮、門跡などが泊まることを指定された宿泊所の跡。
    住所 〒329-1311栃木県さくら市氏家2344-1
  • 徒歩3分
    200m
    4
    所要時間
    20分

    西導寺

    中世から続く寺院で、敷地内には本堂をはじめ、室町時代作の宝冠釈迦如来坐像やその堂、大型の五輪塔3基など多くの文化財を所有しています。
    住所 〒329-1311栃木県さくら市氏家2550
  • 徒歩4分
    300m
    5
    所要時間
    20分
    こうみょうじ

    光明寺〔さくら市〕

    氏家地区の街並みを見守る巨大な不動明王は必見
    さくら市南部にある勝山城の城主芳賀氏が、城の近く美女木地区に1427年(応永34年)に創建したと伝えられている。その後、1597年(慶長2年)、宇都宮氏の改易に伴って勝山城が廃城となると、光明寺も現在の位置に移転されたと言われている。身の丈2.94mの青銅造不動明王坐像は1759年に鋳造された。
    青銅造不動明王坐像は、県指定文化財となっており、その御丈は約8尺(2.42m)を越す。境内には地元出身の日本画家・荒井寛方の墓もあります。

    さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館へもご来館ください。
    住所 〒329-1311 栃木県さくら市氏家2696
    電話番号 028-682-8743
    営業時間/休業日 境内自由
    利用事前予約境内自由
    料金 無料
    電車・バスでのアクセスJR東北本線(宇都宮線)氏家駅から徒歩6分
    車でのアクセス東北自動車道「矢板IC」より約20分
    駐車可能台数普通車:20台
    駐車料金無料
  • 徒歩11分
    900m
    6
    所要時間
    20分
    いまみやじんじゃ

    今宮神社〔さくら市〕

    恋愛成就のご利益がある大イチョウが美しい、創建950年の神社
    平安時代に創建された、歴史深い神社。樹齢700年の大イチョウは栃木県銘木百選の指定になっており、秋には見事な黄葉で訪れる参拝者の目を楽しませます。また、最近では恋愛成就のご利益があるとして人気を呼んでいます。紫陽花が咲く頃には、『紫陽花手水舎』で境内を華やかに彩り、素敵な『紫陽花特別御朱印』の授与も行っており、多くの方に大人気です。

    今宮神社の情報は、今宮神社ホームページから公式フェイスブックでチェックできます♪

    【今宮神社の由緒・沿革】
     今宮神社は、後冷泉天皇の後代康平三(1060)年に、勝山城主氏家公頼公の肝煎りによって創建された神社です。始祖である宇都宮宗円が、かつて戦 
     勝祈願をした勝山の地に城を築いた後、素戔嗚尊を主祭神とし、己が産土神たる豊城入彦命を合わせ祀り、万民の幸福を願って神社が創建されました。そ 
     して、正安二(1200)年に勝山城主氏家公宗によって氏家二十四郷総鎮守としてこの地に遷宮されました。
     本殿や神門、公孫樹(いちょう)などは市の文化財に指定されており、なかでも樹齢700年を誇る大公孫樹は見ごたえ満点です。

      
      

     

    住所 〒321-1321 栃木県さくら市馬場43
    電話番号 028-682-2685
    公式URL http://imamiyajinja.com/
    営業時間/休業日 境内自由
    利用事前予約境内自由
    電車・バスでのアクセスJR氏家駅から徒歩約15分
    駐車可能台数60台程度
  • 徒歩17分
    900m
    7
    所要時間
    10分

    村上家棟門

    櫻野村の名主の家で、道に面した門は「分間延絵図」にも描かれた近世の門です。この門に残された線は、1723(享保8)年の五十里洪水の水位を表しています。
    住所 〒329-1312栃木県さくら市櫻野1359-5
  • 徒歩4分
    300m
    8
    所要時間
    20分
    たきざわけじゅうたく

    瀧澤家住宅〔さくら市〕

    明治の近代和風建築文化感じさせる建物の風情を堪能
    瀧澤家は、明治になって紡績等の事業で財をなした旧家であり、明治期の当主であった瀧澤喜平治は貴族院議員などを歴任し、第四十一銀行の設立や那須野が原の開拓にも尽力した人物として知られる。瀧澤家住宅は、栃木県さくら市の櫻野地区の旧奥州街道沿いにあり、伝統的な築地塀・堂々たる長屋門など今なお旧家の面影を留め、明治期の重厚な雰囲気を良く残しています。明治25(1892)年の陸軍大演習で明治天皇の小休所となりました。鐵竹堂、蔵座敷、長屋門の3棟は、いずれも明治天皇の行幸を機に建設または増築された建物であるといわれており、平成10年(1998年)に、建築遺産として歴史的な価値が認められ県指定文化財になりました。上質な材料と意匠が目立ち、近代和風建築の水準を知ることができる貴重な遺構です。

     
    住所 〒329-1312 栃木県さくら市櫻野1365番地
    公式URL http://www.city.tochigi-sakura.lg.jp/soshiki/43/takizawakejyutaku.html
    営業時間/休業日 【開館時間】午前9時~午後3時30分(最終入館は午後3時)
    【休館日】毎週月曜日、毎月第3火曜日、年末年始(12月29日~1月3日)
         休館日が祝日の場合は開館し、翌日が休館となります。
    料金 入館料  一般100円 団体60円(20人以上)(幼児、児童、生徒、学生は無料です)
    電車・バスでのアクセスJR東北本線、氏家駅東口から徒歩15分
    車でのアクセス東北自動車道上河内スマートIC、矢板ICより20分
    駐車可能台数普通車14台
    駐車料金無料
  • 14分
    1100m
    GOAL JR氏家駅

コースマップ

このページを見ている人におすすめのコース

他にも多数!テーマでモデルコースを探す

検索条件を指定

キーワード