時空間 歴史ロマンを感じる散歩道
約7時間

日光の街並みを散策して、明治・大正・昭和の歴史ロマンを感じることができるコースです。時空間 歴史ロマンを感じる散歩道

日光
  • START JR日光駅
  • 徒歩 約15分
    1
    所要時間
    約20分

    日光市役所日光総合支所

    大正時代の初め頃に「大名ホテル」の名前で建てられましたが、営業することなく、昭和29年から日光市役所の庁舎として使われ、現在は日光総合支所となっています。国の登録文化財です。
    住所 栃木県日光市中鉢石町999 
    電話番号 0288-54-1112
    公式URL http://www.city.nikko.lg.jp/
    電車・バスでのアクセス日光駅より「中禅寺温泉行」日光総合支所前下車
    車でのアクセス日光ICより国道119号線を中宮祠方面へ約5分
  • 徒歩 約10分
    2
    所要時間
    約60分
    にっこうかなやホテル

    日光金谷ホテル

    明治6年創業の、日本最古のクラシックリゾートホテルです。創業者がヘボン博士を自宅でもてなしたのが始まり。国の登録文化財です。
    住所 栃木県日光市上鉢石町1300 
    電話番号 0288-54-0001
    公式URL http://www.kanayahotel.co.jp/
    電車・バスでのアクセス日光駅より「中禅寺温泉行」神橋下車、約3分
    車でのアクセス日光ICより国道119号線を中宮祠方面へ約5分
  • 徒歩 約20分
    3
    所要時間
    約10分

    日光真光教会

    建築設計家、教育者、宣教師として明治、大正期に足跡を残したJMガーディナーが設計。石造りのゴシック様式で、重厚な雰囲気が漂います。栃木県の有形文化財です。
    住所 栃木県日光市本町1-6 
    電話番号 0288-54-3464
    公式URL http://nikkou.seikoukai.org/
    電車・バスでのアクセス日光駅より「中禅寺温泉行」西参道下車
    車でのアクセス日光ICより国道119号線を中宮祠方面へ約7分
    備考
  • 徒歩 約10分
    4
    所要時間
    約60分
    にっこうたもざわごようていきねんこうえん

    日光田母沢御用邸記念公園

    大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸。
    明治期の中でも最大規模の木造建築。
    明治32(1899)年から昭和22年まで3代にわたる天皇・皇太子が利用した御用邸で、江戸・明治・大正と三時代の建築様式をもつ集合建築群です。建物は国の重要文化財に指定されており、本邸106つの部屋からは、それぞれ当時の建築様式や皇室文化を垣間見ることができます。
    また、日本の歴史公園100選に選定されている公園でもあり、邸内と庭園を見学することができます。

    日光田母沢御用邸記念公園では、様々な草花や花木が植えられており、春はマンサク・ミズバショウ・ヤシオツツジなど、夏はナスヒオウギアヤメ・ヤマユリ・ツユクサなど、秋はツリフネソウ・ヒガンバナ・紅葉などを見ることができます。

    お休み処「みやび」では、日光銘菓の日の輪や水羊羹、抹茶、珈琲、ソフトクリームがいただけます。
    邸内売店では、控えめな甘さの餡が入った「御用饅頭」、菊の御紋をかたどった「御用邸金つば」、菊の御紋などがデザインされた「御用邸チョコレート」が人気です。皇族方のお印を刺繍したハンカチや、日光彫の手鏡・小物入れもおすすめです。

    不定期で、音楽祭や宮廷衣装着付け実演、三階御展望室特別公開など、イベントも行っています。
    【インフラスポット】
    住所 〒321-1434 栃木県日光市本町8-27
    電話番号 0288-53-6767 (日光田母沢御用邸記念公園管理事務所)
    公式URL http://www.park-tochigi.com/tamozawa/
    営業時間/休業日 【営業時間】4月~10月 9:00~17:00(受付 9:00~16:00)11月~3月 9:00~16:30(受付 9:00~16:00)
    【休業日】毎週火曜日(その日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月1日)
    料金 大人(高校生以上)510円 小中学生250円 幼児以下無料
    電車・バスでのアクセスJR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス湯元温泉行・中禅寺温泉行・奥細尾行・清滝行で「日光田母沢御用邸記念公園」下車徒歩1分
    車でのアクセス日光宇都宮道路日光ICから約10分
    駐車可能台数普通車:113台 大型バス:5台 身障者3台
    駐車料金普通車:1台200円 大型バス:1,020円
    備考
  • 徒歩 約1分
    『日光田母沢御用邸記念公園』バス停で東武バス「中禅寺温泉行」乗車 約30分
    『中禅寺温泉』バス停下車
    (乗換)
    『中禅寺温泉』バス停で東武バス『半月山行』乗車 約5分
    『イタリア大使館別荘記念公園入口』バス停下車
    (冬期は「半月山行」のバスが運休になります。徒歩の場合には40分位要しますのでご注意ください。)
    徒歩 約10分
    5
    所要時間
    約40分
    いたりあたいしかんべっそうきねんこうえん

    イタリア大使館別荘記念公園

    中禅寺湖畔にたたずむ気品ある別荘
     明治中頃から昭和初期にかけての中禅寺湖畔は、各国の大使館をはじめ多くの外国人別荘が建てられ、国際避暑地として発展しました。園内の建物は、昭和3年にイタリア大使館の別荘として建てられ、平成9年まで歴代の大使が使用していたものです。「本邸」は、床板や建具・家具などをできる限り再利用して復元し、副邸は、往時の歴史を紹介する「国際避暑地歴史館」として整備しています。また、園内からは表情豊かな中禅寺湖の風景を堪能することができます。

     別荘の設計者は、チェコ出身のアントニン・レーモンド(1888-1976年)。レーモンドは、22歳で渡米し建築事務所へ所属。その後、大学時代から憧れていたフランク・ロイド・ライトから帝国ホテルの仕事を依頼され、大正8年の大晦日に初来日しました。

     別荘は、二階建ての木造建築で、レーモンドは設計時、地元の職人たちにどのような建材が適しているか提案するように依頼しました。外壁は地元特産の日光杉を樹皮と薄い板に分け市松模様にし、美しくモダンな外観を演出しています。
    一階の天井は、全て杉皮を使い、日本の数寄屋建築にも見られる網代に組まれています。リビングと書斎は一続きの空間となっていますが、網代の模様によって、それぞれの空間を分けているレーモンドの技も見どころの一つです。
    【インフラスポット】
    住所 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2482
    電話番号 0288-55-0880 (日光自然博物館)
    公式URL http://www.nikko-nsm.co.jp/
    営業時間/休業日 【2019年開園期間】4月2日(火)~11月30日(土)
    ※4月1日(月)は休館日です。
    【開園時間】4月:9:00~16:00 5月~11/10:9:00~17:00 11/11~11/30:9:00~16:00
    【休園日】4月・5月・11月の月曜日(祝日の場合翌日)
    ※4/22、5/13、20、27は臨時開館
    料金 【観覧料】大人200円 小人(4才~中学生)100円
    ※英国大使館別荘記念公園との共通観覧券:大人300円 小人(4才~中学生)150円
    電車・バスでのアクセスJR日光駅及び東武日光駅から東武バス湯元温泉行き及び中禅寺温泉行き乗車、「中禅寺温泉」バス停乗り換え半月山バス乗車、「イタリア・英国大使館別荘記念公園入口」下車、徒歩5分
    車でのアクセス日光宇都宮道路清滝ICから歌ヶ浜駐車場まで約35分
    歌ヶ浜駐車場から徒歩約10分
  • 『イタリア大使館別荘記念公園入口』で東武バス「中禅寺温泉行」乗車 約5分
    『中禅寺温泉』バス停下車
    (乗換)
    『中禅寺温泉』バス停で東武バス「日光駅行」乗車 約40分
    『日光駅』バス停下車
    GOAL JR日光駅

コースマップ

このページを見ている人におすすめのコース

他にも多数!テーマでモデルコースを探す

検索条件を指定

キーワード