失われた日本の風景を探索する鉄道廃線跡を歩く旅
約6時間20分

歴史に埋もれた東武鉄道矢板線の廃線跡の探索や地元のそばに舌鼓を打つコースです。失われた日本の風景を探索する鉄道廃線跡を歩く旅

那須
  • START JR宇都宮駅 東武鉄道東武宇都宮駅
  • 『JR宇都宮駅 西口5番』バス停で関東自動車「今里経由・玉生車庫行」乗車 約60分
    『玉生車庫』バス停下車
    または、
    『東武駅前』バス停で関東自動車「今里経由・玉生車庫行」乗車 約70分
    『玉生車庫』バス停下車
    1
    所要時間
    約150分

    東武矢板線廃線跡

    かつての東武線跡を探索していただきます
    1 東武矢板線の廃線跡は歩行者専用道路として廃線跡が続きます。

    2 芦場駅跡で現在は「やすらぎのお花ばたけ」という看板があります。

    3 線路脇によく見かける柵が今でも残っています。

    4 天頂区公民館がある場所が矢板線の天頂駅跡になります。

    5 廃線跡は泉川の板橋を渡ります。

    6 矢板線の船生駅跡でホームのスロープの面影が残っています。


    ※写真提供:歩鉄の達人
    住所 栃木県塩谷町船生
  • 散策 約150分
    2
    所要時間
    約150分

    道の駅湧水の郷しおや

    県内20番目の道の駅として、平成24年6月にオープンした施設。農産物直売所や尚仁沢湧水で作った蕎麦を味わえる農村レストラン、郷土の著名人の作品を展示した交流館などがあり、塩谷町の魅力を体験できます。飲食館も新たにオープンし、施設の充実を図っています。
    住所 〒329-2441 栃木県塩谷郡塩谷町船生3733-1 
    電話番号 0287-41-6101
    公式URL https://www.town.shioya.tochigi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=25756
    営業時間/休業日 交流館(情報発信コーナー・地域交流センター)【営業時間】9:00〜17:00
    農産物直売所「湧水の郷直売所」【営業時間】8:30〜17:00【休業日】年末年始
    農村レストラン「そば処かみざくら」【営業時間】11:00〜15:00【休業日】毎週火曜、年末年始
    飲食館【営業時間】10:00~16:00【休業日】各コーナーごとに異なる
    利用事前予約不要
    料金 -
    電車・バスでのアクセス東武鉄道新高徳駅からタクシーで15分
    車でのアクセス矢板ICから約20分または上河内スマートICから約20分
    駐車可能台数大型車:6台、普通車:93台、身障者用:3台
    駐車料金無料
    備考
  • 『船生』バス停で関東自動車「桜通り経由・JR宇都宮駅行」乗車 約70分
    『JR宇都宮駅』『東武駅前』バス停下車
    GOAL JR宇都宮駅 東武鉄道東武宇都宮駅

コースマップ

このページを見ている人におすすめのコース

他にも多数!テーマでモデルコースを探す

検索条件を指定

キーワード