栃木県観光物産協会公式サイト

とちぎ旅ネットとちぎ旅ネット

これぞ日光!てっぱんコース

日光の自然や世界遺産の社寺を巡って、
歴史ある温泉でリラックス♪
初めて日光を訪れる人にもオススメの
<てっぱん>コースです。

スタート: 東武鉄道東武日光駅

東武バス「湯元温泉行」バス乗車 約10分
『総合会館前』バス停下車
徒歩約10分

1.   憾満ヶ淵

荒々しい流れを見せる大谷川の小渓谷

男体山から噴出した溶岩によってできた奇勝。
川岸に巨岩があり、岩上に晃海僧正(こうかいそうじょう)によって造立された不動明王の石像が安置されていましたが、その不動明王の真言(しんごん)の最後の句から「かんまん」の名がついたといわれています。
南岸には数えるたびに数が違うといわれることから化地蔵(ばけじぞう)とよばれる約70体の地蔵群が、また上流の絶壁には、弘法大師が筆を投げて彫りつけたという伝説のある「かんまん」の梵字が刻まれており弘法大師の投筆とよばれています。地蔵群の対岸は日光植物園になっており、春の新緑に始まり秋の紅葉、そして地蔵たちが雪をかぶるまで、美しい風光を楽しむことができます。
 
住所 栃木県日光市匠町
電話番号 0288-54-2496 (日光市観光協会日光支部)
電車・バスでのアクセスJR日光駅または東武日光線東武日光駅よりバスにて「日光総合会館前」下車、徒歩約20分
備考
徒歩約20分

2.   日光ゆば料理

ゆばは大豆の加工品のひとつで、豆乳を作り、これを煮たとき表面にできる薄い膜を引き上げたものです。甘くて優しく上品な味が絶品の日光名産のゆばを使った懐石料理をお召し上がりください。

住所 日光市安川町
徒歩約10分

3.   世界遺産「日光の社寺」

日光が世界に誇る世界遺産「日光の社寺」。その見どころは数えきれません。建物、彫刻、仏像など、贅を尽くした歴史スポットを思う存分お楽しみいただけます。      
※建造物は修復中の場合があります。
住所 日光市山内
徒歩約10分
『総合会館前』バス停で東武バス「湯元温泉行」乗車 約60分
『湯元温泉』バス停下車

ゴール: 日光湯元温泉

コースマップ