栃木県観光物産協会公式サイト

とちぎ旅ネットとちぎ旅ネット

栃木の秘湯を訪ねる旅~ダム周遊と山間の温泉でまったり~

日常を忘れて山間の秘湯を旅して癒されることまちがいなし!

スタート: 東武鉄道鬼怒川温泉駅

東武鉄道「東武鬼怒川線快速・会津田島行」乗車 約26分
野岩鉄道湯西川温泉駅下車

1.   道の駅 湯西川

歴史ある湯西川温泉の玄関口。「かけ流し日帰り温泉」・「足湯」が楽しめ、電車や路線バスでも気軽に行ける大自然に囲まれた「道の駅」

 日光市の北部、旧会津西街道(国道121号)から湯西川温泉方面に約300mのところにある「道の駅」です。源泉かけ流し温泉や岩盤浴も楽しめます。「サンショウウオの燻製」やオリジナルの「いちごパン」がお土産として人気です。
 食堂では、ダムをモチーフとした「ダムカレー」や地元のそば粉を使った「そば」が人気です。郷土のおやつ「板台(ばんだい)もち」(春〜秋)もおすすめです。
 周辺にはカッパ伝説もあり、旧栗山村のカッパキャラクター「クリッパ」君も時々姿を現します。
 案内所では「宿泊手配」もしており、駐車場には「電気自動車用急速充電器」も設置されています。新緑、紅葉、雪景色、四季折々の自然も満喫できる標高600mの道の駅です。
住所 〒321-2603 栃木県日光市西川478-1
電話番号 0288-78-1222
公式URL http://www.michinoeki-yunishigawa.jp/
営業時間/休業日 【営業時間】
 売店9:00~17:00(季節・曜日により若干変更あり) 食堂11:00~15:00(お食事)、9:30~16:00(お飲み物)
 温泉 9:00~21:00(最終受付20:00、岩盤浴最終受付19:00) 足湯9:00~17:00 案内所・宿泊手配9:00~17:00
【休業日】不定休(施設の点検等のためお休みすることがあります。)
電車・バスでのアクセス野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅からすぐ
車でのアクセス日光宇都宮道路今市ICから国道121号で会津方面へ県道249号方面へ右折すぐ
備考

2.   湯西川ダックツアー(水陸両用バス)

国産初の水陸両用バスでダム湖クルージング

国産初の水陸両用バスに乗って、大自然に囲まれた湯西川ダム、ダム湖、ダム堤体内を見学・体験してみよう。時には、ダム湖見学時に野生の鹿や猿・優雅に飛び回る猛禽類に出会えることも。ふだんは入れないダム施設見学、ダム湖遊覧などこのツアーだけの楽しみがあります。
住所 〒321-2603 栃木県日光市西川478-1
電話番号 0288-78-0345 (湯西川ダックツアー)
公式URL http://www.japan-ducktour.com/yunishigawa/
営業時間/休業日 ■道の駅湯西川発 9:15・10:50・13:15・14:50・16:45
■湯西川水の郷発 9:00・10:50・13:00・14:50・16:30
※最終便は7/16~8/28のみ運行
利用事前予約要予約
※お一人様から申し込めます。出発当日まで申し込めます。
※各便とも最少催行人員10名(人員に満たない場合は4日前にご連絡いたします。)
※2歳以下の幼児がご参加の場合は、水陸両用バスの座席はございませんので大人の方の膝の上になります。
料金 大人3,000円 小学生以下2,000円 2歳以下500円
電車・バスでのアクセス野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅から徒歩約1分
車でのアクセス日光宇都宮道路今市ICから国道121号線を約40分
駐車可能台数50台程度
備考
野岩鉄道湯西川温泉駅/道の駅 湯西川へ戻った後、
徒歩 約15分

3.   古民家食堂 六代目へいじ

湯西川駅近くのの一軒家レストランです。
住所 栃木県日光市五十里73
電話番号 0288-25-7720
公式URL http://www.kominka-heiji.com/menu.html
営業時間/休業日 11時~16時まで
お食事のラストオーダーは14:30までとなります
■定 休 日:毎月第1・第3木曜日 (12月~3月は毎週木曜日)
利用事前予約5名様以上の場合は、ご予約によって、営業時間外でも営業。
料金 いかり今昔カレー・・・・1,580円(昔と今のカレー食べ比べ)
電車・バスでのアクセス野岩鉄道「湯西川温泉駅」が最寄。東京からは、東武特急スぺーシア鬼怒川温泉駅(約120分)下車、普通電車に乗り換えて約20分。
車でのアクセス日光宇都宮道路今市ICから国道121号を福島方面へ40分
駐車可能台数5台
駐車料金無料
野岩鉄道湯西川温泉駅/道の駅 湯西川
『湯西川温泉駅』バス停で日光交通「湯西川温泉行」乗車35約
『湯西川温泉』バス停下車

ゴール: 湯西川温泉

コースマップ