栃木県観光物産協会公式サイト

とちぎ旅ネットとちぎ旅ネット

悪縁断って良縁結ぶ!縁結びと美人祈願で女子力UPな旅

悪い御縁と「さよなら」して、良い御縁を結びましょう!

スタート: JR足利駅

徒歩 約5分

1.   太平記館

足利観光の情報発信基地

太平記館では、足利のみやげ品の販売、観光情報の提供、休憩スペースなど、訪れた方のおもてなしをしています。
足利学校鑁阿寺(ばんなじ)すぐそばの太平記館では駐車場も無料で利用でき、散策の拠点にピッタリ!自転車に乗り換えて、歴史ある足利を散策してみてはいかがでしょうか。 (足利観光交流館での返却が可能です)
住所 〒326-0053 栃木県足利市伊勢町3-6-4
電話番号 0284-43-3000 (足利市観光協会)
公式URL http://www.ashikaga-kankou.jp/
営業時間/休業日 【営業時間】9:00~17:00【休館日】12月29日~12月31日
利用事前予約事前申し込み不可 当日受付のみ
料金 【レンタサイクル】
電動(9台)/3時間まで600円・後1時間毎に200円・1日利用1,200円
普通車(10台)/3時間まで400円・後1時間毎に100円・1日利用800円
【カフェ】
ホットコーヒー       200円
アイスコーヒー       250円
カフェラテ         250円
アイスカフェラテ      300円
アップルジュース      250円
グレープフルーツジュース  250円
アイスティー        250円
ホット抹茶         200円
アイス抹茶         250円
フローズンいちごミルク   450円
フローズン抹茶ミルク    450円
車でのアクセス北関東自動車道足利ICから約10分
駐車可能台数大型バス10台 、乗用車40台
※事前予約はできません。
駐車料金無料
備考
レンタサイクル手続き
レンタサイクル 約25分

2.   門田稲荷神社(下野國一社八幡宮内)

日本三大縁切稲荷のひとつ

門田稲荷神社は、下野國一社八幡宮の境内にあり、御祭神には倉稲魂神(うかのみたまのみこと)を祀っています。
男女間だけではなく、病気や薬、賭け事、タバコやお酒、事故や災難の縁切りにご利益があり、復縁の助けになってくれるかもしれません。
住所 〒326-0824 栃木県足利市八幡町387
電話番号 0284-71-0292 (下野國一社八幡宮社務所)
公式URL https://hachimanguu.jp/kadotainari/
利用事前予約不要
電車・バスでのアクセス市生活路線バス(山辺線)八幡十字路下車(徒歩2分)
※乗車場所JR足利駅、東武足利市駅他市内各所
車でのアクセス東武足利市駅より車で5分、JR足利駅から車で10分
北関東自動車道「足利IC]より11分
駐車料金無料
レンタサイクル 約20分

3.   足利織姫神社

縁結びのご利益がある、朱塗りの美しい社殿

足利の産業の守護神とされ、2004年(平成16年)6月に国の登録有形文化財に認定された足利織姫神社は機織を司る「天八千々姫命(アメノヤチチヒメノミコト)」「天御鉾命(アメノミホコノミコト)」の二神を勧請し、お祀りしている神社です。
産業振興の神、縁結びの神として祀られており、緑の木々の中に建つ朱塗りの社殿が鮮やかな織姫神社。境内は山の中腹に位置し、足利市街地と渡良瀬川などが望めます。天気が良い日には、関東平野や東京スカイツリーまで見えることも。県立自然公園ハイキングコースの発着地点となっており、家族連れや初心者から散策を満喫できます。眺望も良く四季折々の景色を堪能できることから、人気のコースとなっています。

5月には春季例大祭、11月には秋季例大祭が行われ、御神楽やオカリナ演奏などを鑑賞することができ、地元のB級グルメの売店も出店するので、多くの人で賑わいます。

2014年(平成26年)には、恋人の聖地、日本夜景遺産にも選定され、デートスポットとしても人気があります。
 
住所 〒326-0817 栃木県足利市西宮町3889 
電話番号 0284-22-0313 (足利織姫神社奉賛会)
公式URL https://www.orihimejinjya.com/
利用事前予約不要
電車・バスでのアクセスJR足利駅北口から徒歩約20分、または東武伊勢崎線足利市駅北口から徒歩約25分
車でのアクセス北関東自動車道「足利IC」より約10分、または太田桐生ICより約12分
駐車可能台数織姫観光駐車場:乗用車 13台(内軽自動車5台)大型バス1台 、織姫駐車場:36台
駐車料金無料
備考
レンタサイクル 約10分

4.   美人弁天(明石弁天 厳島神社)

厳島神社の「美人弁天」は、心の優しい女性の姿です。「美人」という概念は、決して表面的な「きれい」「美しい」というものではありません。個々の内面からにじみ出る「美しさ」です。そんな方に「美人証明」を差し上げています。
住所 栃木県足利市本城2-1860 
電話番号 0284-41-1382 (事務局:小堀)
公式URL http://bijinbenten.com/
営業時間/休業日 -
利用事前予約不要
料金 -
電車・バスでのアクセスJR足利駅北口、または東武伊勢崎線足利市駅北口から徒歩約20分
車でのアクセス北関東自動車道「足利IC」より約10分
駐車可能台数-
駐車料金-
備考
レンタサイクルで太平記館まで約15分
太平記館でレンタサイクル返却
(昼食)
徒歩 約5分

5.   うさぎや

銘仙着物や小物の販売を行ううさぎやは足利の文化を感じられるスポットです。
住所 〒326-0812 栃木県足利市大門通2380-1
電話番号 0284-41-1000
公式URL http://ashikagausagiya.blog.shinobi.jp/
営業時間/休業日 午前10時から午後6時30分まで
月曜定休
電車・バスでのアクセス東武伊勢崎線足利市駅から徒歩12分
JR両毛線足利駅から徒歩7分
車でのアクセス北関東自動車道 足利ICより約10分
駐車可能台数乗用車2台(徒歩3分に観光駐車場40台有)
駐車料金無料
徒歩 約1分

6.   鑁阿寺

『大日様』と呼ばれ親しまれている国の史跡

源姓足利氏2代目義兼が建久7(1196)年邸内に持仏堂を建て、守り本尊として大日如来を祭ったのが始まりで、3代目義氏が堂塔伽藍を建立し足利一門の氏寺とした。
周囲に土塁と堀をめぐらした寺域はほぼ正方形で、約40,000平方メートルあり、鎌倉時代の武家屋敷の面影を今に伝えており、大正11年、足利氏宅跡と して国の史跡に指定された。毎年2月の節分の日に行われている鎧年越し行列は、勇壮な足利武者の行事として名高い。本堂、鐘楼、経蔵は国の重要文化財。
春は桜、秋はいちょうの黄葉が素晴らしく、市民には『大日様』と呼ばれ親しまれている。

 
住所 栃木県足利市家富町2220 
電話番号 0284-41-2627 (鑁阿寺)
公式URL http://www.ashikaga-bannaji.org/
営業時間/休業日 9:00~16:00
利用事前予約不要
料金 拝観無料。ただし本堂、一切経堂の拝観・説明は15人まで6,000円、1人増すごとに400円
電車・バスでのアクセスJR両毛線足利駅北口から徒歩約10分、または東武伊勢崎線足利市駅北口から徒歩約15分
車でのアクセス足利ICから約10分
駐車可能台数[太平記館]乗用車:40台、大型バス:10台
駐車料金無料
備考
徒歩 約15分

ゴール: JR足利駅

コースマップ