栃木県観光物産協会公式サイト

とちぎ旅ネットとちぎ旅ネット

中村八幡宮

年に一度の例大祭では「流鏑馬」を見れる!
  • 年に一度の例大祭では「流鏑馬」を見れる!
  • 年に一度の例大祭では「流鏑馬」を見れる!
  • 年に一度の例大祭では「流鏑馬」を見れる!
  • 年に一度の例大祭では「流鏑馬」を見れる!
  • 年に一度の例大祭では「流鏑馬」を見れる!
  • 年に一度の例大祭では「流鏑馬」を見れる!
  • 年に一度の例大祭では「流鏑馬」を見れる!
中村八幡宮は白鳳四年(676)天武天皇の勅令で民衆安寧祈願のため諸国に造られた神社の一つと伝えられる。

永承年間(1046-52)源八幡太郎義家は奥州安倍一族征討のため石清水八幡宮に戦勝祈願をし、北関東に八社の八幡宮を祭祀し戦勝祈願をした。

当宮はその一社と伝う。八八幡(やはちまん)と称され広く知られる所となった。

文治五年(1189)源頼朝は藤原泰衡一党を征伐する為奥州に向かう。当時の領主中村常陸介入道念西宗村はこれに従軍大戦功を挙げ奥州伊達郡地頭に補せられ移住した。

以後伊達氏を名乗る。源頼朝は当宮の戦勝祈願を多とし建久四年三十三丁の圭田を寄進。

源頼朝の花押を印した簡札が残されている。伊達家は東宮を崇敬し押殿造替屋根葺替等を行いさらに数々の名品を奉納、それらは今日当宮の宝物として大切に保存されている。

仙台五代藩主伊達吉村は元文元年(1736)参勤交代の帰仙の折当宮に参拝神馬を奉納、これを記念して例大祭に流鏑馬が行われ今日までその伝統を引き継いでいる。



・中村八幡宮例大祭(流鏑馬)  http://www.tochigiji.or.jp/event/6711/

基本情報

住所 〒321-4351 栃木県真岡市中560 
電話番号 0285-82-3085
公式URL http://www.moka-kankou.org/
営業時間/休業日 無休
利用事前予約不要
料金 無料
電車・バスでのアクセス真岡鐵道寺内駅から車で約15分
車でのアクセス真岡ICから約20分
駐車可能台数約30台
駐車料金無料
備考

周辺観光情報