鹿の湯 しかのゆ

1390年の歴史を持つ、栃木県最古の湯

1390年の歴史を持つ、栃木県最古の湯
1390年の歴史を持つ、栃木県最古の湯
 那須温泉発祥の地として、1390年の歴史を持つ日帰り温泉。湯治場の風情が漂い、ひなびた雰囲気が歴史を感じさせます。41度から46度まで、温度によって湯船が別けられており、湯温が高い事から湯あたりを避ける入浴方法などが明示されています。硫黄泉の白濁したお湯は肌がツルツルになるといわれ女性にも人気。硫黄が成分が濃いことから、石鹸は泡立ちづらいとして利用が禁止されているほどです。

 鹿の湯は、松尾芭蕉が「おくの細道」の旅で立ち寄った温泉としても有名で、殺生石の近くに「いしの香や 夏草あかし 露あかし」という句碑が立っています。

 鹿の湯の建物は明治時代、玄関は大正時代に建造され、現在もその姿を受け継いでおり、昔の日本の原風景にタイムトリップしたかのような感覚になります。日本人だけでなく外国人にも人気のある温泉です。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県那須郡那須町大字湯本181
電話番号 0287-76-3098
公式URL http://www.shikanoyu.jp/
営業時間/休業日 【営業時間】8:00~18:00(受付は17:30まで) 【休業日】年中無休(但し、設備改修のため、休日有り)
料金 大人500円 小人(小学生)300円 幼児無料
電車・バスでのアクセスJR那須塩原駅西口から東野バス「那須ロープウェイ」行き、「那須湯本」下車、徒歩約2分。又は、黒磯駅西口から東野バス「那須ロープウェイ」行き、「那須湯本」下車、徒歩約2分。
車でのアクセス那須ICより県道17号線北進、湯本方面へ、史跡殺生石を過ぎ右折、約25分
駐車可能台数30台 
駐車料金無料