日光田母沢御用邸記念公園 にっこうたもざわごようていきねんこうえん

大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築

大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
明治32(1899)年から昭和22年まで3代にわたる天皇・皇太子が利用した御用邸で、江戸・明治・大正と三時代の建築様式をもつ集合建築群です。建物は国の重要文化財に指定され、当時の建築様式や皇室文化を垣間見ることができます。

日光田母沢御用邸記念公園では、様々な草花や花木が植えられており、春はマンサク・ミズバショウ・ヤシオツツジなど、夏はナスヒオウギアヤメ・ヤマユリ・ツユクサなど、秋はツリフネソウ・ヒガンバナ・紅葉などを見ることができます。

お休み処「みやび」では、日光銘菓の日の輪や水羊羹、抹茶、珈琲、ソフトクリームがいただけます。
邸内売店では、控えめな甘さの餡が入った「御用饅頭」、菊の御紋をかたどった「御用邸金つば」、菊の御紋などがデザインされた「御用邸チョコレート」が人気です。皇族方のお印を刺繍したハンカチや、日光彫の手鏡・小物入れもおすすめです。

不定期で、音楽祭や宮廷衣装着付け実演、三階御展望室特別公開など、イベントも行っています。
  • 大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
  • 大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
  • 大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
  • 大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
  • 大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
  • 大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
  • 大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
  • 大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
  • 大正天皇のご静養のため造営された旧御用邸
明治期の中でも最大規模の木造建築
おもてなし施設
パスポート発行所

本物の出会い 栃木パスポート おもてなし施設

おもてなし内容 入場料2割引サービス(5名様まで、その他割引券との併用不可)
栃木をお得にめぐる「おもてなし施設」の詳細はこちら

周辺観光情報

基本情報

住所 〒321-1434 栃木県日光市本町8-27
電話番号 0288-53-6767 (日光田母沢御用邸記念公園管理事務所)
公式URL http://www.park-tochigi.com/tamozawa/
営業時間/休業日 【営業時間】
4月~10月 9:00~17:00(受付 9:00~16:00)
11月~3月 9:00~16:30(受付 9:00~16:00)
【休業日】
毎週火曜日(その日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月1日)
電車・バスでのアクセスJR日光駅または東武日光線東武日光駅より東武バス
「中禅寺温泉行」「日光田母沢御用邸記念公園」下車1分
車でのアクセス日光ICより約10分
駐車可能台数普通車:123台 大型バス:5台
駐車料金普通車:1台200円 大型バス:1,020円
備考