川俣ダム かわまただむ

アーチ式ダムとしての先駆け

アーチ式ダムとしての先駆け
川俣ダムは、鬼怒川改修工事の一環として計画され、昭和41年に完成した鬼怒川の最も上流に位置するダムです。洪水による下流河川のはんらんを防ぐための洪水調節、農業用水の供給、発電のためにつくられた、アーチ式コンクリートダムです。
ダムサイトは、瀬戸合峡と呼ばれる奥鬼怒の景勝地であり、新緑・紅葉の季節の景観は素晴らしく、多くの観光客でにぎわっています。
【インフラスポット】
 
型式 アーチ式コンクリートダム
地質 石英粗面岩質熔結凝灰岩
堤高 117.0m
堤長 131m
堤体積 167,500m3

周辺観光情報

基本情報

住所 〒321-2717 栃木県日光市川俣646‐1
電話番号 0288-96-0281 (川俣ダム管理事務所)
公式URL http://www.ktr.mlit.go.jp/kinudamu/kinudamu_index004.html
備考