ツインリンクもてぎ「巨大ネットの森 SUMIKA」〔茂木町〕 

日本最大面積の屋内ネットアスレチック!

日本最大面積の屋内ネットアスレチック!
日本最大面積の屋内ネットアスレチック!
■イラスト1枚目は「巨大ネットの森 SUMIKA」全体イメージ(メイン)
 2枚目は「巨大ネットの森 SUMIKA」鳥瞰図

 ツインリンクもてぎに、ネットを張り巡らせた巨大な空間に光と音の演出で“森の生きもの達のすみか”を体感できる新アトラクション「巨大ネットの森 SUMIKA」が3月9日(土)にオープンします。
 「巨大ネットの森 SUMIKA」は、最大高さ約11メートル、日本最大面積(約1,000平方メートル)の屋内ネットアスレチックで、3歳のお子様から大人まで家族がいっしょになって、広大な森を表現したフィールドを走り回ったり、登ったり、寝転んだりと思う存分、動き回って遊び尽くせます。
 朝から夜、そして春から夏、秋、冬へと移り変わる森の美しさと、まるで森の生きものがすぐそばにいるかのような気配を光と音の演出で再現します。ツインリンクもてぎ内にある里山の森「ハローウッズ」を開発コンセプトの原点とし、至るところに森を感じる仕掛けを施すことで、単なるネットアスレチックとしての楽しみを越えて普段都会では感じることのできない、森の魅力を味わうことができます。
 ネットアスレチックをさらに魅力あるアトラクションにするために、森を感じる32の仕掛けを施します。その一つ一つには、ツインリンクもてぎにある里山の森「ハローウッズ」のスタッフのアイデアが詰まっています。
 一年を通して森の中で活動しているハローウッズのスタッフならではの観察実績と経験が随所に活かされたことで、様々な生きものの習性を取り入れたゲーム性のある遊びや四季折々の美しい情景の再現力など、他にはない本物さながらの森を感じることができます。
 参加者は、うさぎやリスなどの小動物になりきり、捕食動物であるオオタカやヘビに捕まらないように様々な“すみか”を見つけ、逃げたり、隠れたりしながら広大な森で家族や仲間と楽しく遊ぶことができます。
 また、ツインリンクもてぎでは、小学生が本物の自然の中で一年を通して水生生物を研究する新プログラム「水生生物キッズ研究員」を2月28日(木)まで募集しています。対象は小学3年生から6年生まで、定員は24名で、入会費10,000円、参加費各回1,000円が必要です。
 キッズ研究員は、3月21日(木・祝)から年10回開催される研究活動プログラムに参加できます。講師(水生生物研究室室長)の奥山英治さんとともに、季節ごとのテーマに合わせて、水生生物が生息する自然環境・捕まえ方・飼育方法などを調査します。キッズ研究員が自ら考え、工夫し、型にはまらない方法で楽しみながら、学校だけでは学ぶことのできない本物の自然を学ぶことができます。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
電話番号 0285-64-0001 (ツインリンクもてぎ)
公式URL https://www.twinring.jp/
料金 【料金】1人800円 ※パスポート利用可
【対象年齢】3歳以上 ※小学生未満のお子様は中学生以上の同伴者の付添い(有料)が必要
電車・バスでのアクセス真岡鐵道茂木駅からバスで約20分(タクシーで約20分)
JR宇都宮駅からバスで約90分(タクシーで約60分)
JR常磐線水戸駅からバスで約90分(タクシーで約60分)
車でのアクセス北関東自動車道真岡ICから約50分
常磐自動車道水戸ICから約40分
備考