藤原秀郷公墳墓 ふじわらのひでさとこうふんぼ

藤原秀郷は平貞盛と協力し、天慶3年(940年)に乱を起こした平将門を討ちとり、戦功により従四位下に叙せられ、武蔵、下野の国守に任ぜられました。
秀郷公は天暦2年(991年)に没し、東明寺に葬られたといわれていますが、廃寺となり英宝2年(1705年)地元有志が田原八幡を建てました。
東明寺古墳や東明が丘とも呼ばれています。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県佐野市新吉水町254
電車・バスでのアクセス東武佐野線「吉水駅」から徒歩約10分
車でのアクセス北関東自動車道「佐野田沼IC」から約5分