烏山城跡 

「のぼうの城」の成田長親、織田信長の息子信雄の居城

「のぼうの城」の成田長親、織田信長の息子信雄の居城
「のぼうの城」の成田長親、織田信長の息子信雄の居城
「のぼうの城」の成田長親、織田信長の息子信雄の居城
「のぼうの城」の成田長親、織田信長の息子信雄の居城
旧烏山町の中心から北西に位置する八高山に築かれた山城で、山の形が牛の寝姿に似ていると「臥牛城」とも呼ばれています。
那須与一末裔の兄那須資之と弟沢村五郎資重の不仲に端を発し、資重が下境の稲積城に移った後、応永25年(1418)に烏山城を築城しました。
以後、下那須氏の本拠となり永正13年(1516)の上下那須氏統一から天正18年(1590)の那須氏改易まで那須宗家の居城でした。
以後、織田(信雄)・成田(長親:城主は甲斐姫の父氏長)・松下・堀(秀正の子)・板倉(老中の一族)・那須(復帰)・永井・幕府代官・稲垣氏と短期間に交代しました。
享保10年(1725)に大久保(彦左衛門の兄忠為の子孫)氏が入封したあとは明治2年(1869)の版籍奉還まで8代140余年の間城主となりました。

城域は東西約370m、南北約510m、面積約88haに及ぶ城で五城三郭と呼ばれる主要部分で構成されていました。

現在、城跡は樹木に覆われていますが、空堀や土塁、石垣などの遺構は現存しており、市役所烏山庁舎北側から毘沙門山・城山に至る約1時間程度の遊歩道がありますので、城跡を散策することもできます。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県那須烏山市城山
電話番号 0287-84-1977 (那須烏山市観光協会)
営業時間/休業日 休業日無
料金 無料
電車・バスでのアクセスJR烏山駅から小川行バスで10分城山下下車徒歩20分
車でのアクセス北関東自動車道宇都宮上三川ICより約50分
駐車可能台数普通車:約20台(他施設と併用)
駐車料金無料