島崎酒造のどうくつ酒蔵 

戦時中の遺構を活かして

戦時中の遺構を活かして
戦時中の遺構を活かして
戦時中の遺構を活かして
戦時中の遺構を活かして
 第2次世界大戦末期に建造中途で終戦を迎えた地下工場跡の洞窟を、清酒を熟成させる酒蔵として活用しています。どうくつ酒蔵内は年間を通じて平均10℃で清酒の熟成には最適とされています。
 熟成酒のオーナーズボトル制度は5年10年20年間のボトルお預かり制度や1年未満のニューイヤーボトルお預かり制度がございます。
 どうくつ酒蔵は高さ・幅ともに3.5mの3本の坑道とそれらをつなぐ5本の横坑で構成され、総延長は約600mです。熟成酒蔵の他に地域イベントにも活用されています。
 土日祝祭日、GWやお盆休みが開放日となっておりますが、平日についてはお問合せ下さい。
  • 戦時中の遺構を活かして
  • 戦時中の遺構を活かして
  • 戦時中の遺構を活かして
  • 戦時中の遺構を活かして
おもてなし施設

本物の出会い 栃木パスポート おもてなし施設

おもてなし内容 清酒、リキュール等の無料試飲
栃木をお得にめぐる「おもてなし施設」の詳細はこちら

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県那須烏山市神長
電話番号 0287-83-1221 (島崎酒造)
公式URL http://www.azumarikishi.co.jp/
営業時間/休業日 開場:4月〜11月の土曜日・日曜日・祝日午前10:00〜16:00 開場日以外は要予約/休業日:月・火・水・木・金曜日
利用事前予約4〜11月の土日祝以外は要予約
料金 見学無料
電車・バスでのアクセスJR烏山線滝駅下車徒歩20分
車でのアクセス北関東自動車道宇都宮上三川ICより約50分
駐車可能台数大型バス:2台普通車:10台
駐車料金無料