安楽寺 あんらくじ

千二百年の法灯をつぐ古刹

千二百年の法灯をつぐ古刹
 本尊薬師如来像は平安時代の作として、栃木県有形文化財に指定されています。
 境内の薬師堂は寛永二十一年(一六四四)に森田城主大田原出雲守政継候の寄進により建立されたものです。
 欄干には十二支の彫刻が配され、宮殿は豪華絢爛で日光東照宮の影響を受けたとみられる意匠が随所にみられます。

 大同二年(八〇七)、時の名僧徳一上人により開基されました。その後文禄四年(一五九五)賢海和尚が荒廃した寺門を復興、寺名を安楽寺と改めたとされています。その後現在に至るまで四十九世を数えています。
 江戸時代には幕府より談林の寺格を与えられ、末寺十四ヵ寺を有する本寺として当地方の有力寺院でありました。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県那須烏山市田野倉285
電話番号 0287-88-2072 (安楽寺)
料金 拝観無料
電車・バスでのアクセスJR烏山線大金駅から徒歩10分
車でのアクセス北関東自動車道宇都宮上三川ICより約40分
駐車可能台数普通車:10台
駐車料金無料