大中寺 だいちゅうじ

大中寺は久寿年間(西暦1154年)開創された歴史ある寺であり、江戸時代に徳川家の信仰の厚かった寺で、雨月物語の中に登場します。境内には、「不断のかまど」「油坂」「根なしの藤」「馬首の井戸」「不開の雪隠」「東山一口拍子木」「枕返しの間」などの七不思議の話が伝わっています。その後、延徳元年(西暦1489年)、快庵妙禅師が曹洞宗の寺として再興し、今日に至っています。 上杉謙信がこの寺に縁故のあった関係から、当時消失していた七堂伽藍(寺のいろいろな建物)を寄進したほか、上杉・北条の両氏がこの寺で和を結んだ史実も残されています。江戸時代、9世柏堂和尚は寺領百石の御朱印を賜るなど徳川家康の信任を受け、以後、江戸末期に至るまで、天下の曹洞宗寺院の管理にあたる三寺院(これを関三刹という)の筆頭の寺として、天下に号令する地位にありました。また、11世紀宗演和尚のころには、幕府から曹洞宗天下大僧録に任ぜられ太平山大中官寺と号して、江戸品川に天暁院という宿所を置いて事務をとり、宮中に参内して禅師号を賜っていました。 周辺に観光ぶどう園があります。

基本情報

住所 栃木県栃木市大平町西山田252 
電話番号 0282-43-2116 (大中寺)
公式URL https://www.tochigi-kankou.or.jp/spot/daichuji
営業時間/休業日 -
利用事前予約-
料金 -
電車・バスでのアクセスJR大平下駅、または東武日光線新大平下駅よりタクシーで10分
車でのアクセス佐野藤岡ICより約20分
駐車可能台数30台
駐車料金無料