印刷する

とちぎ旅ネット

県南エリア

【終了】百八灯流し〔栃木市〕ひゃくはっとうながし

幻想的な雅楽の中を進む御神船
 栃木市無形民俗文化財の「百八灯流し」は、栃木市内の中心を流れる巴波川(うずまがわ)にて、舟の端に火を灯した108本のローソクをならべ、巴波川の舟運の安全祈願と煩悩を払うという伝統的な仏教行事で、108本のローソクが灯された御神船が雅楽の音の中進む姿は幻想的です。このローソクは安産のお守りになるという縁起もあります。

 また、8月31日(土)まで「第6回 うずま川行灯まつり」も開催されており、開運橋から幸来橋を経てうずま公園まで、蔵や切り絵の作品を貼り付けた100個を超える行灯が設置され、夏の夕べを美しく彩ります。
住所 栃木県栃木市湊町周辺
電話番号 0282-25-2356 (栃木市観光協会)
公式URL https://www.tochigi-kankou.or.jp/
電車・バスでのアクセスJR両毛線栃木駅または東武日光線栃木駅から徒歩約10分 
車でのアクセス東北自動車道栃木ICから約10分
駐車可能台数蔵の街第1駐車場:普通車30台、バス6台
駐車料金30分100円/バス無料
開催期間 2019年8月4日(日)
開催時間 19:00~
会場名 巴波川(うずまがわ)幸来橋周辺(栃木市倭町周辺)