広済寺(円空作千手観音菩薩立像) 

天台宗の寺院で、一品親王烏丸大納言広済(室町末頃)の創建といわれています。
本堂に祀られた善光寺式「銅像 阿弥陀三尊像」は鎌倉時代の作で、三尊がーつの大きな光背を背負う一光三尊形式であったと思われますが、現在光背は失われています。
また、境内のお堂には円空{寛永9年(1632年)~元禄8年(1695年)}作の「木造 千手観音菩薩立像」が祀られています。二つ割りした丸太の半円状の側に彫刻したもので、踏割り蓮華座に立つ左右対称に近い立像です。微笑をたたえた表情は、円空仏の特徴をよくあらわしています。化仏や脇手の持ち物など細部にいたるまで、円空独特の表現力豊かな鉈彫の技法が冴えた像で、天和2年(1682)の作です。中禅寺立木観音を模して日光で造られた作と思われ、後に文化年間(1804~1818)に、この寺に移されました。この地を襲った竜巻が観音堂の手前10mで方向を東に変え難を逃れたことから、除災(災い除け)・福来(運気向上)の観音様といわれています。
観音堂の前と本堂内には円空仏風の仏像が多数安置されており、参詣者の心を和ませてくれます。

銅像 阿弥陀三尊像(栃木県指定有形文化財)
http://www.city.kanuma.tochigi.jp/12,116,167,581.html
木造 千手観音菩薩立像(鹿沼市指定有形文化財)
http://www.city.kanuma.tochigi.jp/12,131,167,581.html

― 年間行事(所用によりお休みする場合がございます。)―
・円空作「千手観音菩薩立像」の御開帳
日時:毎月第3土曜日 午後1時30分から午後5時まで
※祈願法要は午後2時からと午後3時30分からの2回
・坐禅会(初心者の方にもお勧めです。)
日時:毎月第1木曜日の午後7時からと第3土曜日の午後6時からの2回
・施餓鬼会
日時:9月第1日曜日の午前

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県鹿沼市北赤塚263 
電話番号 0289-63-2188 (鹿沼市観光交流課)
営業時間/休業日 円空作「千手観音菩薩立像」の御開帳
毎月第3土曜日 午後1時30分から午後5時まで
※祈願法要は午後2時からと午後3時30分からの2回
利用事前予約不要
料金 -
車でのアクセス鹿沼ICから約20分
駐車可能台数若干
駐車料金無料