常楽寺(録事尊) じょうらくじ(ろくじそん)

後鳥羽上皇の病気を治癒させた功により「録事法眼」の名を賜り、建久元年(1190年)に没した名医中野智元を祭った寺院。雷神が病を治療してもらうために智元のところへ訪れたという伝承から、雷除けの寺院としても知られています。
また、参道(約50m)両脇に、彼岸花(曼珠沙華:マンジュシャゲ)が群生していて、9月中旬~下旬頃には、参道が真っ赤に染まります。真っ赤な花の中に白いソバの花も見ることができます。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県鹿沼市下粕尾949 
電話番号 0289-83-0971
公式URL http://www.kanuma-kanko.jp/miru/shrine_details7.shtml
営業時間/休業日 -
利用事前予約不要
料金 -
電車・バスでのアクセスJR日光線鹿沼駅からバス45分、東武日光線新鹿沼駅からバス30分
車でのアクセス栃木ICから約25分または鹿沼ICから約30分
駐車可能台数普通車30台
駐車料金無料