常楽寺(録事尊) じょうらくじ(ろくじそん)

雷様にお灸をすえた録事尊

雷様にお灸をすえた録事尊
建久元年(1190年)に没した名医中野智元を祀ったお寺です。中野智元は、娘の病気が治った原因を究明するため、日本で初めて解剖を行ったといわれています。その後、後鳥羽上皇の病気を治癒させた功により、“録事法眼”の名を賜りました。こうして名医として有名となった智元のところへは雷様も訪れ、お灸をすえて病気を治したと言われ雷除けのお寺とされています。録事尊のある常楽寺は地元で録事様と呼ばれて親しまれ、広くは彼岸花の咲く寺として知られています。 毎年2月11日の大祭には露店も立ち並び多くの人で賑わいます。
また「花のお寺」と称される常楽寺は、東国花の寺百ヶ寺に数えられ、彼岸花とそばの花が境内に咲く人気のスポットです。

栃木県では緊急事態宣言が延長となりました。新型感染症を収束させるためにも今年の来訪はご遠慮ください。
(2021/9/9)

 

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県鹿沼市下粕尾949 
電話番号 0289-83-0971
公式URL https://kanuma-kanko.jp/purpose/%e5%b8%b8%e6%a5%bd%e5%af%ba%ef%bc%88%e9%8c%b2%e4%ba%8b%e5%b0%8a%ef%bc%89/
利用事前予約不要
電車・バスでのアクセスJR日光線鹿沼駅からバスで45分
東武日光線新鹿沼駅からバスで30分
車でのアクセス東北自動車道栃木ICから約25分
または東北自動車道鹿沼ICから約30分
駐車可能台数普通車30台
駐車料金無料
備考