境橋(近代化遺産) さかいばし

那珂川にかかる3連アーチ橋

那珂川にかかる3連アーチ橋
那珂川にかかる3連アーチ橋
那珂川にかかる3連アーチ橋
 境橋は、昭和12年(1937)、旧烏山町の宮原と大沢の間を流れる那珂川に架けられた、 全国でも珍しい上路式RCオープンスパンドレルアーチ橋であり、アーチ橋はシルエットそのものが意匠性に優れていると言われている。(オープンスパンドレル=間隙のある側面)また、橋脚上には半円バルコニーが左右対称に設けられており、ここから那珂川屈指の景勝地である、落石の景観を眺める事ができる。(近代のバルコニー付きRC橋は、全国で8つしかない貴重なものである。)

 現在の橋は3代目。初代は明治30年(1897)に舟を横に並べ、板を敷いただけの舟橋。2代目は大正9年(1920)に洋式木橋(洋式を模倣したトラス木橋)が架けられていた。
 現境橋の設計者は、橋梁設計の第一人者「成瀬勝武」であり、関東大震災後の帝都復興局橋梁課長として数々の復興橋梁を含め、百数十橋を手がけたエンジニアである。成瀬はアーチ橋を数多く設計しており、アーチ橋のある風景を好んでいる。この設計者自身も認める優美な景観から、平成19年度土木学会選奨土木遺産に認定された。また、市指定「近代化遺産」にも登録されている。

 境橋は、主要地方道常陸太田那須烏山線の那珂川に架けられた橋長112.5m・幅員6.1mの上路式RCオープンスパンドレルアーチ橋です。現橋は、昭和12年に竣工した3代目の橋です。最初の橋は明治30年に舟を横に並べて鎖でつなぎ板を敷いただけの舟橋、2代目は大正9年にトラス形式の洋式木橋が架けられましたが、多発する洪水への対応から永久橋への架け替えが行われました。設計者は、関東大震災後の帝都復興局橋梁課長として隅田川橋梁群の設計や美橋として知られる聖橋など、百数十橋を手がけた橋梁設計の第一人者・成瀬勝武です。『戦前土木名著100書』に数えられる成瀬勝武の著書「彈性橋梁(昭和15年)」では、境橋の設計計算書が31ページにわたって紹介されるなど、境橋は当時のRCアーチ橋の模範となる代表的橋梁であったことが窺えます。橋脚上には半円バルコニーが左右対称に設けられるなど意匠性にも富んでいます。近代に建造されたバルコニー付きRCアーチ橋は全国でも数例しかない貴重なものであり、また、那珂川屈指の景勝地に融合した優美な景観を呈しています。
  境橋は、当代における橋梁設計の第一人者によるモダンな発想と最新の技術とによって建造された時代を代表する橋であり、今も近代の精華を水面に映しています。【インフラスポット】
参考:土木学会栃木会資料

■路線名:県道 常陸太田・那須烏山線(ひたちおおた・なすからすやません)
■交差物:一級河川 那珂川(なかがわ)
■橋長(最大支間長)径間数:112.52m(37.98m)3径間
■上部工形式:RC上路式オープンスパンドレルアーチ橋3連
■下部工形式:直接重力式橋台2基 ケーソン基礎壁式橋脚2基
■完成年:昭和12(1937)年
■管理者:栃木県烏山土木事務所










 

基本情報

住所 栃木県那須烏山市宮原
電話番号 0287-83-1321 (烏山土木事務所)
電車・バスでのアクセスJR烏山線烏山駅より徒歩25分
車でのアクセス北関東自動車道「宇都宮上三川IC」より約50分