小山政光・寒川尼像 おやままさみつ・さんがわにぞう

中世小山の繁栄を築き上げた夫婦が清流思川を望む

中世小山の繁栄を築き上げた夫婦が清流思川を望む
中世小山の繁栄を築き上げた夫婦が清流思川を望む
中世小山の繁栄を築き上げた夫婦が清流思川を望む
中世小山の繁栄を築き上げた夫婦が清流思川を望む
思川を望む堤防上にある像、モデルは中世の小山繁栄の礎を築いた小山氏の祖・小山政光とその妻・寒川尼だ。
藤原秀郷の子孫である政光はこの地に拠点を置き、源頼朝の乳母(めのと)を務めた寒川尼と結婚した。
その後、頼朝による平氏打倒の戦に際して、小山氏は頼朝に味方し戦った。
寒川尼は、後に「女性といえども大功あり」として下野国寒川郡・網戸郡の地頭に任ぜられた。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県小山市中央町
電話番号 0285-22-9273 (小山市商業観光課)
電車・バスでのアクセスJR東北本線(宇都宮線)小山駅から徒歩10分
車でのアクセス東北自動車道「佐野藤岡IC」より約30分
備考