おたけ坂 おたけざか

江戸時代の町娘の悲劇…

江戸時代の町娘の悲劇…
江戸時代の町娘の悲劇…
江戸時代の町娘の悲劇…
江戸時代、日光街道・間々田宿のある旅籠に「おたけ」という、親孝行で美しい看板娘がいた。
おたけは、将来を誓った相手である使用人・佐平がいたが、親の決めた縁談を断りきれず、ついに2人で家を出ることを決意する。
婚礼の前夜に、上州に逃れようと家を出た2人であったが、見つかってしまい、追いついてきた者と揉み合いになった末、彼らが手に持っていた鎌が当たり2人とも亡くなってしまう。
かわいそうなおたけに同情した人々はいつしか彼女たちの墓碑のあるこの坂を「おたけ坂」とよぶようになった。

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県小山市間々田
電車・バスでのアクセスJR東北本線(宇都宮線)間々田駅から徒歩約35分
車でのアクセス東北自動車道「佐野藤岡IC」より約30分