【終了】芭蕉の里くろばね桜まつり

大田原市

2023年4月17日更新

栃木県の
このあたり!

那須エリア

歴史ロマン溢れる黒羽を彩る桜

黒羽城址公園をメイン会場に桜まつりが行われます。近隣にある芭蕉の広場や「とちぎの道百選」の大宿街道などにもサクラの花が咲き誇り、サクラの散策スポットとして多くの観光客で賑わいます。また、那珂川沿いにある桜の馬場公園では開花中ライトアップ(18:00~21:00)が行われます。

基本情報

住所 〒324-0241 栃木県大田原市前田、黒羽田町(黒羽周辺)
問い合わせ先 大田原市観光協会 TEL 0287-54-1110
公式URL https://www.ohtawara.info/spot_detail.html?id=56
開催日時 開催期間 2023年3月27日(月)〜4月16日(日)
開催時間 ライトアップ:18:00~21:00
料金 入場無料
アクセス 電車・バス JR宇都宮線西那須野駅から関東自動車バス(五峰の湯線)で約45分「大雄寺入口」下車徒歩約5分
JR東北新幹線・宇都宮線那須塩原駅から大田原市営バス雲巌寺・須賀川線で約45分「大雄寺入口」下車徒歩約5分
東北自動車道矢板ICから約45分
東北自動車道西那須野塩原ICから約35分
駐車場情報 台数 約50台(黒羽城址公園)
料金 無料

開催場所

黒羽城址公園
黒羽(くろばね)城は、天正4年に大関高増が築城し、北那須最大の規模を持つ城郭でありました。現在、城郭の跡は土塁、空濠、水濠などが保存されており、当時のおもかげを残しています。本丸跡に立つと、那須、日光連山が一望でき、眼下には那珂川の清流があり、城址公園として親しまれています。また、4月にはさくらまつり、6月下旬から7月上旬には6000株の紫陽花が咲き、紫陽花まつりが開催され多くの観光客でにぎわいます。
芭蕉の広場
「おくのほそ道」で芭蕉が歩いた足跡を辿りながら、由緒ある黒羽(くろばね)の見どころを散策することができるコースがございますが、芭蕉の広場もその一地点であり、シダレザクラが綺麗に咲き誇る地点でもあります。

マップ

このページを見ている人が見ているページ

イベント一覧へ戻る