• イベントを探す








イベントを探す

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
405ありました
1
ハンターマウンテン塩原 ゆりパーク「2017ゆり博」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

ハンターマウンテン塩原 ゆりパーク「2017ゆり博」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

全国最大級!400万輪のゆり畑 
 塩原温泉のスキー場、ハンターマウンテン塩原の「ゆりパーク」で「2017ゆり博」が7月15日(土)から8月27日(日)まで開催されます。「ゆりパーク」には、今年も400万輪のゆり畑がお目見えします。黄・白・ピンク・赤・オレンジの色鮮やかな約50種類のゆりが3万坪に咲き誇り、緩やかな斜面を彩ります。  全長1,000メートル、約10分間のフラワーリフトに乗ると、眼下に広がるゆりの絨毯(じゅうたん)を…
那須エリア
2
第25回芭蕉の里「くろばね紫陽花まつり」〔大田原市(黒羽)〕

第25回芭蕉の里「くろばね紫陽花まつり」〔大田原市(黒羽)〕

堀跡の斜面が、アジサイで埋め尽くされる 
 花の公園として親しまれている黒羽城址公園とその周辺に植栽されている約6,000株のアジサイの開花に合わせて「くろばね紫陽花まつり」を開催します。公園内の橋上から堀跡沿いにアジサイを展望できます。  期間中は俳句大会や写真コンテストなど各種イベントが開催され、売店なども設置されます。夜間(午後7時から9時)にはライトアップが行われ、夜でもアジサイを楽しめます。城址公園入口には案内所を開設し、ボラン…
那須エリア
3
第29回名草ホタルまつり〔足利市〕

第29回名草ホタルまつり〔足利市〕

約1000匹ものホタルが夜空に舞い幻想的! 
 栃木県足利市北部の自然豊かな名草地区に「ゲンジボタルの里」があり、毎年6月10日から30日まで「名草ほたるまつり」が開催されます。  1988年(平成元年)にほたるの保存と再生活動が評価されて環境庁(現在は環境省)から「ふるさと生きものの里100選」に認定されました。  ゲンジボタルの乱舞のピークは、午後8時から午後9時頃で、蒸し暑く雨の降らない夜に多く見られ、約1000匹ものホタルが夜空に舞う…
県南エリア
4
那須フィッシュランド「天然ほたる観賞会2017」〔那須塩原市(板室温泉)〕

那須フィッシュランド「天然ほたる観賞会2017」〔那須塩原市(板室温泉)〕

全国でも珍しい!ゲンジとヘイケの両方が乱舞! 
 栃木県内で最も標高の高いホタル観賞地の那須フィッシュランドで「天然ほたる観賞会2017」を7月12日(水)から31日(月)まで開催し、期間中毎日案内します(早期終了の場合あり)。  敷地内に流れる沢で自生する天然のホタルを観賞することができます。ここは全国でも珍しい、ゲンジボタルとヘイケボタル両方のホタルを観察できます。  バーベキュー付きほたる観賞プラン(大人3,500円、小学生2,500円、…
那須エリア
5
2017足利夏まつり 第103回足利花火大会〔足利市〕【花火大会】

2017足利夏まつり 第103回足利花火大会〔足利市〕【花火大会】

「30万人の夕涼み」関東屈指の花火大会! 
 足利夏まつりのクライマックスを飾る「足利花火大会」は、1903年(明治36年)に開始された伝統ある大会で、今年で114年、103回を数えます。伝統と歴史に加え、質、量とも関東屈指の大会として知られ、毎年30万人を超える観覧者が関東一円から集い、「30万人の夕涼み」として多くの人に親しまれています。  恒例の尺玉や仕掛花火、ワイドスターマイン、日本の名玉大玉花火など約2万発の花火が打ち上げられ、フ…
県南エリア
6
あじさい祭り〔益子町〕

あじさい祭り〔益子町〕

かわいい稚児がアジサイを奉納 
 約5千株のあじさいが咲き誇る太平(たへい)神社で、恒例の「あじさい祭り」が行われます。初日24日(土)には、4人の稚児が巫女に扮し、「献花祭」が行われます。  「献花祭」は、自然の恵みに感謝し、無病息災を祈願する神事で、春夏秋冬一年の四季を表す4人の稚児が願いをこめて、白・ピンク・紫色のあじさいを神前に奉納します。また、同日午後7時からは「献燈講社祭」が執り行われます。  6月24日(土)には、…
県東エリア
7
第37回与一まつり〔大田原市〕

第37回与一まつり〔大田原市〕

武者行列が勇ましい! 
 大田原市恒例の夏祭り「与一まつり」が8月4日(金)、5日(土)の2日間、大田原市中心部の目抜き通りを歩行者天国にして行われます。「与一まつり」は、源平屋島の戦いで扇の的を射落とした那須与一を称えるまつりです。  昼の部の見どころは与一武者行列。甲冑(かっちゅう)姿の那須与一公をはじめとする勇壮な武将、女官そして市内の小学生が扮した子供武者など約350人が通りを練り歩きます。  夜の部の見どころは…
那須エリア
8
日光けっこうフェスティバル2017「日光秋の花火」〔日光市(日光)〕【花火大会】

日光けっこうフェスティバル2017「日光秋の花火」〔日光市(日光)〕【花火大会】

日光の秋空を彩る、2,500発の花火 
 日光の秋の恒例のイベント「日光けっこうフェスティバル2017」が10月14日(土)、日光市日光運動公園をメイン会場に行われます。  中でも好評のイベントは大人から子供まで飛距離を競う「日光下駄飛ばし選手権大会」です。日ごろ履き慣れない日光下駄に挑戦者たちは悪戦苦闘し、目の前に落としたり大きく枠外に外すなど珍プレーが続出し、来場者の笑いを誘います。昨年も多くの方が挑戦しました。また、直径2mの特大…
日光エリア
9
第48回真岡市夏祭り大花火大会〔真岡市〕【花火大会】

第48回真岡市夏祭り大花火大会〔真岡市〕【花火大会】

大迫力!目前で打ち上げる20,000発の花火 
 神輿(みこし)の川渡御(かわとぎょ)の明かり取り(照明の代わり)という、ユニークな理由から始まった真岡市の花火大会も今年で48回目を迎え、約2万発という全国有数の規模にまで発展し、毎年20万人を超える人出で賑わいます。  「神輿川渡御」とともに、市役所東側の五行川河畔で花火大会が行われます。花火は神輿が入水してから打ち上げられ、打ち上げ場所が観覧場から近いため打ち上げの瞬間も見ることができ大迫力…
県東エリア
10
特別展「大恐竜展Ⅱ-トリケラトプスとアジアの超肉食恐竜-」〔那須塩原市(西那須野)〕

特別展「大恐竜展Ⅱ-トリケラトプスとアジアの超肉食恐竜-」〔那須塩原市(西那須野)〕

図鑑にはない、迫力がある! 
 今から約2億3000万年前に出現した恐竜は、世界中のあらゆる環境に分布を広げ、多様な形や生態をもつ一大グループへと繁栄を遂げました。本展では、恐竜を系統ごとに展示し、主要なグループとその特徴を分かりやすく紹介します。トリケラトプスやタルボサウルス、マメンキサウルスなどの全身骨格をはじめ、貴重な実物化石や生態復元模型、さらに本物の化石に触れるコーナーを通して恐竜の魅力に迫ります。
那須エリア
11
【終了】第24回 湯西川温泉かまくら祭〔日光市(湯西川温泉)〕

【終了】第24回 湯西川温泉かまくら祭〔日光市(湯西川温泉)〕

日本夜景遺産認定の景色は必見! 
 湯西川温泉の冬の風物詩「かまくら祭」が、1月28日(土)から3月5日(日)まで開催されます。期間中、温泉街では、趣向を凝らした雪だるま達と雪のぼんぼりが街道を彩ります。このイベントは、平成20年に「日本夜景遺産」に認定されました。  メイン会場(平家の里会場・有料)には、数多くのかまくらが立ち並び、昼は冬情緒溢れる「かまくらバーベキュー」(有料・要予約)などの非日常が楽しめ、夜はライトアップもさ…
日光エリア
12
とちぎあじさいまつり〔栃木市〕

とちぎあじさいまつり〔栃木市〕

1,000段の階段を彩るあじさい 
 西洋あじさいをはじめ、額あじさい、山あじさいなど約2,500株のあじさいが太平山神社表参道、約1,000段の石段の両側に咲きそろいます。これらのあじさいは、昭和49年(1974年)にライオンズクラブが植樹したのが始まりで、見頃は6月下旬から7月上旬です。石段はこの山で産出する石を使った「のづら積み」で、信徒の労力と寄進によるものです。
県南エリア
13
第26回ひまわりフェスティバル〔野木町〕

第26回ひまわりフェスティバル〔野木町〕

真夏の太陽、町中がひまわりでいっぱい! 
 「花とレンガのまち野木町」の夏の風物詩として毎年恒例の「ひまわりフェスティバル」が7月28日(金)から30日(日)まで開催されます。面積約4.3haのひまわり畑に約20万本の花が咲き誇ります。  期間中、高さ約2メートルのヒマワリの中を縫うように設置される「ひまわり大迷路」は200円(小学生以上)で入場でき、来場者を楽しませてくれます。29日(土)、30日(日)には、好評のヘリコプター遊覧、ひま…
県南エリア
14
つがの里ハスまつり〔栃木市(都賀)〕

つがの里ハスまつり〔栃木市(都賀)〕

4日間で散る、儚く、可憐なハスの姿 
 6月下旬頃から約1000株3000本の可憐なハスが次々と咲き、つがの里を鮮やかに彩ります。ハスの花は7月下旬まで楽しめます。  ハスは朝花開き、午後には閉じてしまいます。それを繰り返し4日目には散ってしまう儚い花です。早朝から午前中のご来園をおすすめします。  まつり期間中は様々なイベントを予定しています。また、同時期には園内でスイレン、アジサイ、ラベンダー、キキョウ、ヘメロカリスなどの花もご覧…
県南エリア
15
第49回龍王祭〔日光市(鬼怒川・川治温泉)〕

第49回龍王祭〔日光市(鬼怒川・川治温泉)〕

温泉街の夏の夜は大盛り上がり! 
 鬼怒川・川治温泉の夏の一大イベント「龍(りゅう)王(おう)祭(まつり)」が鬼怒川温泉で7月21日(金)から22日(土)まで、川治温泉では7月22日(土)から23日(日)まで開かれ、温泉街は賑やかな祭りばやしに包まれます。この祭りは1969年(昭和44年)から毎年行われ、今年で49回目を迎えます。  龍王峡五龍王神社で執り行われる神事では、日光東照宮神職による「旅の安全と当地の繁栄」を祈願する温泉…
日光エリア
16
第2回「山の日」記念全国大会連携イベント 第15回記念大会 栗山ふるさとサマーウオーク〔日光市(湯西川・川俣・奥鬼怒温泉)〕

第2回「山の日」記念全国大会連携イベント 第15回記念大会 栗山ふるさとサマーウオーク〔日光市(湯西川・川俣・奥鬼怒温泉)〕

歴史ロマンと緑あふれる湯西川・川俣・奥鬼怒温泉を歩こう! 
 今年で15回目を迎える参加型イベント「栗山ふるさとサマーウオーク」が7月29日(土)、30日(日)の2日間行われます。この大会は、栗山地区をあげて実施するもので、地区内の主な温泉地や景勝地を中心に、魅力たっぷりの5コースを設定し、ファミリーで気軽に参加できるコースからトレッキング愛好家も十分満足できるコースまでバラエティあふれるコース設定となっています。昨年は898名(うち宿泊341名)の方が栗…
日光エリア
17
大祓式(茅の輪くぐり)〔宇都宮市〕

大祓式(茅の輪くぐり)〔宇都宮市〕

茅の輪をくぐり、罪と穢れを祓い清める 
 大祓式は、人々の罪と穢れを祓い清めるために行われる行事で、毎年6月30日と12月31日の2回行われています。起源は古く、大宝律令制度(701)以来といわれています。6月の大祓は「夏越しの払い」ともいわれ、先祖の霊を迎える御霊祭(お盆)に先立ち、罪や穢れを祓い清めるためのものであるとともに、夏は厄病が流行しやすい時期なので、これを防ぎ逃れるためのものだと言われています。「夏越し」は「和し」に通じ、…
県央エリア
19
竹の宵まつり〔日光市(湯西川温泉)〕

竹の宵まつり〔日光市(湯西川温泉)〕

温泉街の闇夜を照らす、幻想的な灯り 
 湯西川温泉の商店街で7月7日(金)から30日(日)までの金・土・日・祝日に、七夕をロマン化した「竹の宵まつり」が開催され、夏の夜の温泉街を照らします。湯西川温泉の湯平(ゆだいら)地区の商店や食堂が協力して夏の新たな魅力づくりと平成16年から始められました。  温泉街の約700mの店先に、竹を切り中にろうそくや電球を入れた竹灯ろうが並びます。街灯が消されるとろうそくに火が灯されます。闇夜の中竹の切…
日光エリア
20
【終了】日光夏の新そばまつり〔日光市(今市)〕

【終了】日光夏の新そばまつり〔日光市(今市)〕

日本一早い新そばを食してみては!? 
 食分野の日光ブランドに認定された「日光夏そば」を食べられる「日光夏の新そばまつり」が6月24日(土)、25日(日)の2日間、日光だいや川公園で開催されます。このイベントは、数量限定の夏そばを食べられる名物イベントです。  今年の6月下旬に日光市内で刈りとられた夏そばは、秋のそばよりも清涼感があるのが特徴です。早い時期に、新そばを味わうチャンスです。  例年は7月第1土日の開催ですが、今年はプレデ…
日光エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設