• 旬のトピックス

旬のトピックス

エリア
バックナンバー 検索条件をクリア
63ありました

注目
「本物の出会い 栃木」観光月報2018年7月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました

当協会編集・発行の「観光月報7月号」を発行しました。
宇都宮で開催の「3人制バスケットボール3x3」や那須フィッシュランド「天然ほたる観賞会2018」、湯西川温泉の「竹の宵まつり」、烏山の「山あげ祭」、鬼怒川・川治温泉の「龍王祭」、2万発を打ち上げる真岡や小山、足利、黒磯、宇都宮(今年は3万発)などの花火大会まつり・イベント情報、野木町や益子町、上三川町の「ひまわり祭り」など夏の情報が満載です。

※写真:3人制バスケットボール3x3 FIBA 3x3 World Tour Utsunomiya Masters 2018〔宇都宮市〕

7月号の内容

①3人制バスケットボール3x3 FIBA 3x3 World Tour Utsunomiya Masters 2018〔宇都宮市〕
 2018年7月28日(土)~29日(日)
②那須フィッシュランド「天然ほたる観賞会2018」〔那須塩原市(板室温泉)〕
 2018年7月12日(木)~31日(火)
③那須塩原市の名所、旧跡等を巡る 半日観光バスツアー 祝日本遺産認定!!
 「世界かんがい施設遺産“那須疎水”と日本遺産開拓の歴史を訪ねて」
 〔那須塩原市(塩原温泉・板室温泉)〕
 2018年7月1日(日)・2日(月)・7日(土)・8日(日)・9日(月)・
       14日(土)・15日(日)・16日(月)・17日(火)
④大捻縄引き〔大田原市(湯津上)〕2018年8月18日(土)
⑤山あげ祭〔那須烏山市(烏山)〕2018年7月27日(金)~29日(日)
⑥日本酒ガーデン2018〔益子町〕2018年7月7日(土)・21日(土)・
 8月18日(土)・25日(土)・9月1日(土)・8日(土)
⑦真岡の夏まつり(第49回夏祭り大花火大会)〔真岡市〕2018年7月28日(土)
⑧2018足利夏まつり「第104回足利花火大会」〔足利市〕2018年8月4日(土)
⑨那須野ふるさと花火大会〔那須塩原市(黒磯)〕2018年8月4日(土)
⑩2018うつのみや花火大会〔宇都宮市〕2018年8月11日(土・祝)
⑪芦野聖天花火大会〔那須町(芦野)〕2018年8月19日(日)
⑫那須どうぶつ王国「ウェットランド」7/14(土)拡大オープン
⑬竹の宵まつり〔日光市(湯西川温泉)〕
 2018年7月6日(金)・7日(土)・8日(日)・
       13日(金)・14日(土)・15日(日)・16日(月・祝)・
       20日(金)・21日(土)・22日(日)・
       27日(金)・28日(土)・29日(日)
⑭天王祭〔宇都宮市〕2018年7月14日(土)~20日(金)
⑮小山衹園祭〔小山市〕2018年7月14日(土)~21日(土)
⑯水と橋めぐりスタンプラリー〔那須塩原市(塩原)〕
 2018年7月14日(土)~8月26日(日)
⑰第50回龍王祭〔日光市(鬼怒川・川治温泉)〕2018年7月27日(金)~29日(日)
⑱男体山登拝講社大祭〔日光市(日光)〕2018年7月31日(火)~8月7日(火)
⑲第38回与一まつり〔大田原市〕2018年8月3日(金)~4日(土)
⑳百八灯流し〔栃木市〕2018年8月5日(日)
㉑第26回さの秀郷まつり〔佐野市〕2018年8月11日(土・祝)~12日(日)
㉒石尊山梵天揚げ〔足利市〕2018年8月14日(火)
㉓ニジマスつかみ取り〔那須塩原市(塩原温泉)〕2018年7月21日(土)~8月26日(日)
㉔那珂川「鮎とマスのつかみ取り」大会〔那珂川町〕2018年8月11日(土・祝)
㉕第27回ひまわりフェスティバル〔野木町〕2018年7月27日(金)~29日(日)
㉖ひまわり祭り〔益子町〕2017年8月11日(土・祝)~19日(日)
㉗かみのかわサンフラワー祭り〔上三川町〕2018年8月24日(金)~26日(日)

詳しくは、「添付ファイルを見る」(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
(旬のトピックス / 2018年6月20日配信)
日光エリア 那須エリア 県央エリア 県南エリア 県東エリア
 こちらもチェック
「本物の出会い 栃木」観光月報2018年7月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました

注目
ダムマニアには見逃せない!期間限定!秘境の要塞「三河沢ダム」初公開!〔日光市(湯西川)〕

 三河沢ダムは日光市湯西川に建設され、2004年(平成16年)3月に完成した洪水調節用のゲートが無い自然越流式のダムです。高さ48.5平方メートルの重力式コンクリートダムで総貯水量899千立方メートルを設け、洪水調節・流水の正常な機能の維持・水道用水を目的としています。
 また、三河沢ダムの周辺にはブナやミズナラが群生し、ツキノワグマ・クマタカ等の大型動物やイワナやヤマメなどの渓流性の魚が生息するなど、自然豊かな地域となっています。
 平家落人伝説のある「湯西川温泉」の奧地に存在する三河沢ダムは、普段は関係者しか入れないダムです。そのダムを2004年(平成16年)3月の完成後初めて一般公開します。豊かな自然の中に位置する重力式コンクリートダムとダム上流に架かる上路式ブレーストリブアーチ橋(瀬戸権現大橋)の調和を見学しませんか?
 参加者には三河沢ダムカードをプレゼント!ダムカード湯西川水の郷で配布します。

※タクシープランでのみ見学可。お申し込みはコチラから。

三河沢ダム概要】
 ・目的:流水の正常な機能の維持・水道用水・洪水調節
 ・形式:重力式コンクリート
 ・堤体積/堤高/堤頂長:57.5千立方メートル/48.5m/97.5m
 ・湛水面積:0.075㎢
 ・総貯水容量:89.9万トン

○期   間  2018年6月15日(金)~6月30日(土)
○場   所  三河沢ダム(日光市湯西川字三河1876-79)
○コ ー ス
 ①鬼怒川温泉駅または鬼怒川温泉街の各ホテル9:00発及び13:00発→湯西川水の郷
  三河沢ダム見学(約30分)→湯西川水の郷(見学・休憩、約30分)→
  鬼怒川温泉駅または鬼怒川温泉街の各ホテル
 ②湯西川温泉街の各ホテル9:30発及び13:30発→湯西川水の郷三河沢ダム見学(約30分)→
  湯西川水の郷(見学・休憩、約30分)→龍王峡(散策、約30分)→鬼怒川温泉駅
○所要時間   約3時間
○料   金  おひとり様
        1名1台17,940円 2名1台8,970円 3名1台5,980円 4名1台4,480円
        ※見学料は発生しません。湯西川水の郷でのお買い物はお客様の負担になります。
○最少催行人数 1名
○最少受付人数 1名
○最大受付人数 4名
○事前予約   WEBまたはお電話で株式会社 観光販売システムズへ申し込みください。
        ※詳しくは「関連リンクを見る」をクリックしご覧ください。
○そ の 他
 ・交通渋滞などによるスケジュール変更や電車などの乗り遅れについては、一切の責任を負いかねます
  ので予めご了承ください。
 ・出発時間の10分前までにご集合ください。
 ・中型タクシー(1名~4名)になります。
○申込・問い合わせ  株式会社 観光販売システムズ TEL 050-3775-4727

★鬼怒川温泉の宿泊はこちら

★湯西川温泉の宿泊はこちら
(旬のトピックス / 2018年6月18日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
ダムマニアには見逃せない!期間限定!秘境の要塞「三河沢ダム」初公開!〔日光市(湯西川)〕

注目
野菜や虫たち160種のユーモラスなパレード!『伊藤若冲「菜蟲譜」期間限定特別公開』〔佐野市(葛生)〕

■写真:伊藤若冲「菜蟲譜」(重要文化財 佐野市立吉澤記念美術館蔵)

 佐野市立吉澤記念美術館所蔵、江戸時代の画家・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の晩年の代表作で国指定重要文化財「菜蟲譜(さいちゅうふ)」を6月2日(土)から24日(日)まで、特別公開します。普段はレプリカを展示していますが、今回は原本を特別に展示します。
 「菜蟲譜(さいちゅうふ)」は、江戸時代中期の京都の青物問屋に生まれ育ち、近年ますます多くの人を惹きつけている画家・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)が1790年(寛政2年)頃制作した作品です。11メートルにも及ぶ巻物をひもといてゆくと、前半には四季の野菜や果物が、後半からは昆虫や爬虫類(野菜・果物など約100種、昆虫など約60種)などの小さないきものたちが次々と現れます。かれらのどこかユーモラスな姿からは、若冲(じゃくちゅう)の慈しむようなまなざしが感じられます。
 ガイド(解説等)が必要な場合には、事前に予約が必要です。

○期   間  2018年6月2日(土)~24日(日)9:30~17:00
○場   所  佐野市立吉澤記念美術館(佐野市葛生東1-14-30)
○料   金  一般510円 ※大学生以下・障がい者手帳等をお持ちの方は無料
○休 館 日  月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)
        祝日の翌日(祝日の翌日が土・日曜の場合は開館)
○交通ガイド  電 車:東武佐野線葛生駅から徒歩約8分
         車 :北関東自動車道佐野田沼ICから約15分
            東北自動車道栃木ICから約20分または佐野藤岡ICから約30分
○駐 車 場  約100台(無料)、大型バス可(事前にお問い合わせください)
○問い合わせ  佐野市立吉澤記念美術館 TEL 0283-86-2008
(旬のトピックス / 2018年6月18日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
野菜や虫たち160種のユーモラスなパレード!『伊藤若冲「菜蟲譜」期間限定特別公開』〔佐野市(葛生)〕

注目
【「おもてなしいちご隊」のみなさまへ】JR宇都宮駅でのお出迎えの参加者募集について

「おもてなしいちご隊」のみなさまへ

 「本物の出会い 栃木デスティネーションキャンペーン」の特別列車「とちぎまんぷく列車」のJR宇都宮駅でのお出迎えに参加していただける方を募集しています!

 4月1日(日)から6月30日(土)まで、「本物の出会い 栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」が開催されています。
 6月9日(土)と23日(土)の両日、本物の出会い 栃木DC特別列車「とちぎまんぷく列車」がJR新宿駅から、JR宇都宮駅を経由し、JR那須塩原駅まで運行します。
 この列車は、栃木県内沿線各地のご当地グルメを味わいながら、沿線の景色や地元の方との交流を楽しむことができるイベント列車となっており、JR宇都宮駅には、12時06分に到着し、12時39分に発車いたします。
 そこで、この「とちぎまんぷく列車」で栃木県にお越しになった観光客の皆さまをお出迎え、お見送りしていただけるボランティアを募集します。
 「おもてなしいちご隊」としておもてなしに参加し、栃木県にまた来てもらえるよう観光客の皆さまをおもてなししましょう!
 
【内容】
 JR宇都宮駅のホームにおいて、「とちぎまんぷく列車」の到着・発車時に、手旗等を持って観光客の皆さまのお出迎え・お見送りをしていただきます。

【申込方法】
 別添申込書に参加できる日にちに「○」をしていただき、必要事項をご記入の上、おもてなしいちご隊運営事務局(栃木県観光物産協会)までメール・FAXにて提出してください。
 期 限:6月9日(土)の参加は、6月6日(水)まで
     6月23日(土)の参加は、6月20日(水)まで
 メール kankou@tochigiji.or.jp
 FAX  028-623-3942

【その他】
 ・当日は11時30分までにJR宇都宮駅の観光案内所前にお集まりください。
  時間までにお集まりいただけない場合は不参加とさせていただきます。
 ・駐車場はありませんので、お車の場合はJR宇都宮駅周辺の有料駐車場をご利用
  ください。
  なお、有料駐車場を利用された場合は個人負担となりますので、あらかじめご
  了承ください。
 ・当日は、代表の方(個人の場合は申込者)が駅の特設受付所にて受付をしてく
  ださい。
  (必ずいちご隊缶バッジを着用してください。)
  受付で「いちご隊の○○です」と言っていただければ、手旗等をお渡ししま
  す。
 ・JR宇都宮駅スタッフに指示された場所で、お出迎え・お見送りを行ってくださ
  い。
 ・帰宅する場合はJR宇都宮駅スタッフに一言お声かけをお願いいたします。
 ・ホーム上の安全確保のため、応募の状況によっては、申込みを停止させていた
  だく場合がございます。あらかじめご了承ください。

【様式等】参加申込書(Word:18KBPDF:60KB
 
【問い合わせ】
 栃木県観光物産協会にメール(kankou@tochigiji.or.jp)でお問い合わせくださ
 い。JR宇都宮駅に確認後、ご回答させていただきます。

(旬のトピックス / 2018年6月17日配信)
県央エリア
 こちらもチェック

注目
かわいい稚児がアジサイを奉納「あじさい祭り」〔益子町〕

 約5,000株のあじさいが咲き誇る太平(たへい)神社(あじさい公園内)で、恒例の「あじさい祭り」が行われます。初日24日(日)には、4人の稚児が巫女に扮し、「献花祭」が行われます。
 「献花祭」は、自然の恵みに感謝し、無病息災を祈願する神事で、春夏秋冬一年の四季を表す4人の稚児が願いをこめて、白・ピンク・紫色のあじさいを神前に奉納します。また、同日午後7時からは「献燈講社祭」が執り行われます。
 6月30日(土)には、地元特産の益子焼で制作された「陶板大神輿」の渡御が行われ、各町のおはやし会によるお囃子の競演も賑やかです。同日、午後6時からは大祓式・夏越祭も行われ、境内に作られた茅の輪を3度くぐり、罪・穢れ・災いを祓い清め、下半期に向けての弥栄を祈ります。
 また、境内の400個以上の提灯は、夏祭り・衹園祭が終了する7月25日(水)まで点灯されます。

○期   間  2018年6月24日(日)~7月25日(水)
        ■献花祭:6月24日(日)
        ■大祓式・茅の輪くぐり:6月30日(土)
        ■献燈講社祭:6月30日(土)
○場   所  太平神社(あじさい公園内)
○交通ガイド  電 車:真岡鐵道益子駅から徒歩約10分
            JR宇都宮線宇都宮駅から東野バス益子行きで約70分「鹿島神社前」下車
         車 :北関東自動車道桜川筑西ICから約20分または真岡ICから約25分
        高速バス:秋葉原駅から関東やきものライナーで約2時間30分
             「益子駅」下車徒歩約10分
○問い合わせ  鹿島神社 TEL 0285-72-6221
        益子町観光協会 TEL 0285-70-1120
(旬のトピックス / 2018年6月15日配信)
県東エリア
 こちらもチェック
かわいい稚児がアジサイを奉納「あじさい祭り」〔益子町〕

注目
真夏に天然の雪が出現!「夏の雪あそび」〔日光市(川俣・奥鬼怒温泉)〕

 川俣・奥鬼怒温泉のファミリー向け企画「夏の雪あそび」(主催:奥鬼怒・川俣温泉旅館組合)が6月23日(土)、24日(日)、2日間、奥鬼怒温泉の特設会場で開催されます。冬に積もった雪を活用したイベントで、3月半ばから雪を集め始め、女夫渕と八丁の湯の奥の2ヶ所に大量の雪を保存しました。
 期間中は、ミニ雪ぞりすべりや雪玉ストラックアウト、雪上スイカ割りなどで夏の雪遊びを楽しめます。魚のつかみどり(有料)もあり、とった魚を炭焼きで食べることもできます。また、焼きそばなどの販売も予定しています。

○期   間  2018年6月23日(土)~24日(日)10:00~15:00 ※雨天中止
○場   所  奥鬼怒温泉の特設会場(受付:女夫渕駐車場)
○料   金  入場無料 ※魚のつかみどりは有料
○交通ガイド  女夫渕駐車場から徒歩すぐ
        ※女夫渕駐車場まで
         電 車:東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅から日光市営バスで約100分
             (青柳車庫での休憩10分を含む)
          車 :日光宇都宮道路今市ICから約100分
○問い合わせ  (一社)日光市観光協会 TEL 0288-22-1525
(旬のトピックス / 2018年6月15日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
真夏に天然の雪が出現!「夏の雪あそび」〔日光市(川俣・奥鬼怒温泉)〕

注目
日本一早い新そばを食べよう!「日光夏の新そばまつり」〔日光市(今市)〕

 食分野の日光ブランドに認定された「日光夏そば」を食べられる「日光夏の新そばまつり」が6月23日(土)、24日(日)の2日間、日光だいや川公園で開催されます。このイベントは、数量限定の夏そばを食べられる名物イベントで、本年で17回目を迎えます。
 今年の6月に日光市内で刈りとられたばかりの夏そばは、秋のそばよりも清涼感があるのが特徴です。早い時期に、新そばを味わうチャンスです。
 例年は7月第1土日の開催ですが、今年はデスティネーションキャンペーン(DC)の年でもあり、前倒しして6月に行われます。

○期   間  2018年6月23日(土)~24日(日)10:00~15:00
○場   所  日光だいや川公園(日光市瀬川844)
○料   金  一人前500円~
○交通ガイド  電 車:東武日光線上今市駅から徒歩約20分
         車 :日光宇都宮道路今市ICから約8分
○問い合わせ  日光手打ちそばの会事務局(日光市観光振興課内)TEL 0288-21-5170
(旬のトピックス / 2018年6月15日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
日本一早い新そばを食べよう!「日光夏の新そばまつり」〔日光市(今市)〕

注目
「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン グランドフィナーレイベント〔那須塩原市〕

今年4月1日からスタートした「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーンのエンディングを迎える6月30日(土)にJR那須塩原駅にて「グランドフィナーレイベント」を開催します。皆様是非お越しください。

■西口会場:メインステージ・物販コーナー
 ステージ:グランドフィナーレセレモニー、矢板東高校・中学校 書道パフォーマンス、県内の観光PR
 ブース:地元食材の物販・飲食コーナー、県内各エリアの物販・PRコーナー、動物ふれあいコーナー
 ☆ミニ新幹線運転☆

■東口会場:鉄道のお仕事体験コーナー
 ATカート乗車体験(地震の際などに点検で線路を走らせる車両)、線路メンテナンス車両展示、高所作業車展示、軌陸車展示(道路も線路も走れる自動車)、鉄道部品展示、子ども駅長制服撮影会、エコ&マナーコーナー、踏切非常停止ボタン体験

■駅構内会場
 ばんえつ物語客車展示 11:30~12:30(予定)
 車内を見学をご希望の客様は、10:00から東口会場で整理券を配布します。
 (整理券は無くなり次第配布終了)
 整理券の記載時間になりましたら、入場券(2時間以内有効)または有効な乗車券類で改札を入場いただき、車内を見学できます。

 いろは車両展示 13:30~14:30(予定)
 整理券等の配布はありません。入場券(2時間以内有効)または有効な乗車券類で改札を入場いただき、自由に見学できます。

※安全確保のため入場を制限する場合や、入場ができない場合がありますので、ご了承ください。
※混雑状況により、イベント内容・時間が変更または中止となる場合があります。
※天候や諸事情により、イベント内容・時間が変更または中止となる場合があります。
※本イベント専用の駐車場はありません。駅周辺のコインパーキングをご利用ください。

○日   時  2018年6月30日(土)10:00~15:00
○場   所  JR那須塩原駅 西口・東口・駅構内
○問い合わせ  「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン実行委員会
        (事務局:栃木県観光交流課 TEL 028-623-3305)
(旬のトピックス / 2018年6月11日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン グランドフィナーレイベント〔那須塩原市〕

注目
斜面がアジサイで埋め尽くされる!第26回芭蕉の里「くろばね紫陽花まつり」〔大田原市(黒羽)〕

 花の公園として親しまれている黒羽城址公園周辺に植栽されている約6,000株のアジサイの開花に合わせて「くろばね紫陽花まつり」を開催します。公園内の橋上から堀跡沿いにアジサイを展望できます。
 期間中は、俳句大会や写真コンテストなど各種イベントが開催されるとともに売店なども設置されます。夜間(19時~21時)にはライトアップが行われ、夜でもアジサイを楽しめます。城址公園入口には案内所を開設し、ボランティアによる観光案内を行います。

○期   間  2018年6月16日(土)~7月8日(日)
○場   所  黒羽城址公園及び周辺地区
○交通ガイド  電 車:JR宇都宮線那須塩原駅から大田原市営バス雲巌寺線で約35分
            「黒羽支所」下車徒歩約15分
            JR宇都宮線西那須野駅から大田原東野バス五峰の湯行きで約40分
            「黒羽支所」下車徒歩約15分
         車 :東北自動車道矢板ICから約45分または西那須野塩原ICから約35分
○問い合わせ  大田原市観光協会 TEL 0287-54-1110
(旬のトピックス / 2018年6月10日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
斜面がアジサイで埋め尽くされる!第26回芭蕉の里「くろばね紫陽花まつり」〔大田原市(黒羽)〕

注目
1,000段の階段を彩る!「とちぎあじさいまつり」〔栃木市〕

 西洋あじさいをはじめ、額あじさい、山あじさいなど約2,500株のあじさいが太平山神社表参道、約1,000段の石段の両側に咲きそろいます。これらのあじさいは、昭和49年(1974年)にライオンズクラブが植樹したのが始まりで、見頃は6月下旬から7月上旬です。石段はこの山で産出する石を使った「のづら積み」で、信徒の労力と寄進によるものです。

○期   間  2018年6月15日(金)~7月1日(日)
○場   所  太平山あじさい坂(栃木市平井町)
○交通ガイド  電 車:JR両毛線栃木駅・東武日光線栃木駅から関東バス国学院行きで約15分終点下車
         車 :東北自動車道栃木ICから約15分
○問い合わせ  栃木市観光振興課 TEL 0282-21-2374
        (一社)栃木市観光協会 TEL 0282-25-2356

★あじさいを見た後には、太平山三大名物「だんご、焼き鳥、玉子焼」を是非食べよう!

蔵の街散策もおすすめ!
(旬のトピックス / 2018年6月9日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
1,000段の階段を彩る!「とちぎあじさいまつり」〔栃木市〕