• 旬のトピックス

旬のトピックス

エリア
バックナンバー 検索条件をクリア
68ありました

注目
90年続く歴史ある菊の祭典「第90回関東菊花競技大会」〔佐野市〕

 今年で90回を数える「関東菊花競技大会」(主催:晃陽会)は、昭和4年(1929年)以来連続して開催されており、第二次世界大戦中でも一度として途切れることなく開催されてきた全国屈指の歴史と伝統ある菊の祭典です。
 色とりどりの見事な1,000鉢を超える菊が、「佐野厄よけ大師」として有名な春日岡山惣宗寺(かすがおかやまそうしゅうじ)の境内にあふれます。

○期   間  2018年11月1日(木)~23日(金・祝)9:00~17:00<毎年同期間開催>
○場   所  春日岡山惣宗寺(佐野厄よけ大師)(佐野市金井上町2233)
○入 場 料  無料
○交通ガイド  電 車:JR両毛線・東武佐野線佐野駅から徒歩約15分
            東武佐野線佐野市駅から徒歩約10分
         車 :東北自動車道佐野藤岡ICから約15分
○問い合わせ  (一社)佐野市観光協会 TEL 0283-21-5111
(旬のトピックス / 2018年10月19日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
90年続く歴史ある菊の祭典「第90回関東菊花競技大会」〔佐野市〕

注目
【企画展】 国宝書籍特別公開 史跡足利学校企画展『元号』の開催について 〔足利市〕

 来年は天皇陛下のご退位に伴い、新たな元号(年号)が制定されることとなっています。元号の始まりは、中国前漢の建元元年(紀元前140)といわれ、その後、朝鮮半島やベトナムなどでも採用されました。
 日本で最初の元号は「大化」で、その後、「大宝」から現在の「平成」に至るまで継続しています。
 現在、元号を使用しているのは世界で唯一、日本だけです。
 元号の多くは、中国の古い書籍に書かれた文章が由来となっており、史跡足利学校では、その由来となった古い書籍を数多く所蔵しています。
 そこで、今回の展示では、新元号の制定を控えて、足利学校が所蔵する国宝や市重要文化財などの貴重書籍を公開し、元号の由来や変遷などについて広く紹介します。

■期 間
  2018年10月20日(土)~12月2日(日)
  ※うち、国宝書籍公開期間は10月20日(土)~11月4日(日)となります。

■時 間
  午前9時 ~ 午後4時30分まで(受付は午後4時まで)

■場 所
  足利学校遺蹟図書館(足利市昌平町2338:史跡足利学校内)

■料 金
  足利学校参観料がかかります。
   一般 :420円(20人以上の団体:340円)
   高校生:210円(20人以上の団体:170円)
   ※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方(提示):無料

■休館日
  2018年11月12日(月)

■問い合わせ先
  史跡足利学校事務所
   
(旬のトピックス / 2018年10月19日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
【企画展】 国宝書籍特別公開 史跡足利学校企画展『元号』の開催について 〔足利市〕

注目
平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業の募集について

1 事業概要
(1)事業名
平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業
(2)事業目的
平成31(2019)年4月1日から同年6月30日まで開催する「本物の出会い 栃木」アフターデスティネーションキャンペーン(以下「栃木アフターDC」という。)に向け、旅行業者による、栃木県内の各市町が磨き上げた地域観光商品や素材(以下「アフターDC特別企画」という。)を組み入れた旅行商品の造成やその旅行商品の流通量と情報発信量の拡大を促進することにより、栃木アフターDC期間中の県外からの観光客の増大と当該旅行商品の定着を図ることを目的とします。
(3)事業内容
別添「平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業実施要領」のとおり
2 募集概要
(1)募集期間
【 第Ⅰ期 】 平成30年10月22日(月)~ 平成30年11月16日(金)
【 第Ⅱ期 】 平成30年12月10日(月)~ 平成31年1月11日(金)
(2)募集内容
旅行パンフレット制作に対する助成
詳細は「栃木県旅行商品造成支援事業助成金交付要領」に記載のとおり
(3)応募方法
応募申請書に交付要領に定める書類を添付し、郵送又は持参にて事務局宛てご応募ください。(郵送の場合消印日有効)
各募集期間経過後審査を行い、速やかに応募者宛て採否の通知をいたします。
(4)助成の条件
アフターDC特別企画を、制作する旅行パンフレットに掲載いただくことを条件としています。
・ 主なアフターDC特別企画は「平成31年度 栃木県観光素材提案集」に掲載しております。ご希望の場合は事務局宛てお問い合わせください。
3 要領等
【申請に必要な資料】
(1)平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業実施要領
(2)栃木県旅行商品造成支援事業助成金交付要領
(3)別表1~5
(4)別記様式1~9
(5)別記様式1①旅行パンフレット制作内容概要書兼助成額計算書
(6)委任状(申請者が代表者以外の場合)
【参考資料】
(7)アフターDC特別企画(10月18日現在)
※ アフターDC特別企画は随時更新させていただきますので、最新の情報をご参照ください。
(8)申請手続きの流れ
(9)申請様式記入見本
(10)栃木県旅行商品造成支援事業に関するQ&A
(11)栃木県旅行商品造成支援事業全体概要(ポンチ絵)
(12)募集チラシ

≪お問合せ≫
「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン実行委員会事務局
(栃木県産業労働部観光交流課内)
電話番号 028-623-3305
FAX番号 028-623-3306
E-mail kanko@pref.tochigi.lg.jp
(旬のトピックス / 2018年10月19日配信)
日光エリア 那須エリア 県央エリア 県南エリア 県東エリア
 こちらもチェック
平成30年度 栃木県旅行商品造成支援事業の募集について

注目
ライトアップNIKKO2018×日光世界遺産Night Wedding 当日までのカウントダウンスタート!

ライトアップNIKKO2018×日光世界遺産Night Wedding

たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございます。
本年で3回目となるナイトウエディング
応募者多数により、10月26日(土)締め切りとなっておりましたが
本日、応募を締め切らせていただきました。
例年以上に大変多くのお問い合わせをいただきましたこと、心より御礼申し上げます。

さて、公式Instagramでは当日までの30日間、毎日1投稿カウントダウンの画
像をアップし、
イベントウエディング主催のクローバーズウエディングサロン
スタッフはもちろん
日光市民の方や新郎新婦など皆で当日までの襷を繋いで
いきます。


公式Instagram:https://www.instagram.com/nikko_nightwedding/


2018
年のテーマは「ツナグ」

私たちはこれまでここ日光でたくさんの、素敵なご縁が結ばれていく場面を見てきました
それは生まれた場所を超え、世代を超え、未来に繋がり、新たなご縁が巡っていく

ライトアップNIKKO×日光世界遺産Night Wedding“には、人と人の心を繋ぐ大きな力があります

平成最後のライトアップNIKKOとなる2018年
日光二荒山神社から、次の世代へ、未来の花嫁・花婿へ、日光を支えてきた皆様へ
また、このご縁が日本の平和へ繋がるよう祈りを込めて

様々な観点から、「ツナグ」をお届けします。

公式HP:http://nikkonightwedding.skr.jp/nikko/

また、ナイトウエディングが行われる11月9日(金)~11月11日(日)は
日光二荒山神社にて、この期間限定で授与される御朱印をご用意。
ご来場された際には、ぜひご確認ください。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。



【問い合わせ先】
■〒106-0032
 東京都港区六本木2-3-8 ミノウラビル8F
 クローバーズウエディングサロン
  TEL:03-6459-1222
  FAX:03-6459-1232
  salon@cloverswedding.jp

(旬のトピックス / 2018年10月19日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
ライトアップNIKKO2018×日光世界遺産Night Wedding 当日までのカウントダウンスタート!

注目
イルミネーションランキング、2年連続日本一!あしかがフラワーパーク「光の花の庭~フラワーファンタジー2018~」〔足利市〕

日本三大イルミネーションに認定!

 アメリカのCNNが選んだ「世界の夢の旅行先10カ所」に日本で唯一選ばれた、あしかがフラワーパークでは、今年も10月27日(土)から2019年2月5日(火)まで「光の花の庭~フラワーファンタジー2018~」を開催します。
 昨年は「日本三大イルミネーション」に選ばれ、(一社)夜景観光コンベンション・ビューローが主管する全国の夜景鑑賞士が選ぶ「第5回イルミネーションアワード」のイルミネーション部門において2年連続で見事1位に輝きました。このイルミネーションは、2011年に日本夜景遺産、2012年に「関東三大イルミネーション」にも認定されました。
 今年は、昨年の400万球から約450万球にスケールアップ!冬の木々に電飾し、夜に美しい光の花が咲き誇り、電球が園内を彩ります。
 昨年から光の花畑に童話の世界のような夢のあるお城「フラワーキャッスル」が新たに登場。さらに、園の象徴ともいえる大藤棚「奇蹟の大藤」には、細部までこだわった花房を再現した花房が今年加わり、風に揺らめく様はまるで本物の藤棚のような見応えです。
 「光の花の庭」のコンセプトにふさわしい5,000本の「光のバラ」、4色の藤をイメージした「光の睡蓮」。子どもたちにも人気のサンタクロースが空飛ぶ姿を光で再現した「スノーワールド」には、上空にオーロラが登場します。
 その他、水面に光が映ることで光の量を倍に演出する「光のピラミッド」、「みんなの地球」や高さ25メートルの「イルミネーションタワー」、山際の斜面を使用し頭上に登場する、光の壁画「天空のお花畑と天の川」、「レインボーマジック」も人気です。
 今年4月1日(日)には、あしかがフラワーパーク西ゲート前に新駅「あしかがフラワーパーク駅」が開業しましたので、あしかがフラワーパークへのアクセスがますます便利になります。

○期   間  2018年10月27日(土)~2019年2月5日(火)
○場   所  あしかがフラワーパーク(足利市迫間町607)
○開園時間   ■夜の部イルミネーション
         平日:15:30~21:00 土日・祝日:15:30~21:30 ※点灯は16:30
        ■昼の部 10月~11月下旬:9:00~15:00 11月下旬~1月:10:00~15:00
        ※昼の部と夜の部は入替制となります。
        ※開園時間の詳細はあしかがフラワーパークにお問い合わせください。
○入 園 料  ■夜の部イルミネーション料金:大人900円 小人(4歳~小学生)500円
        ■昼の部:大人300円~700円  小人(4歳~小学生)200円~400円
        ※花の咲き具合により料金が変動します。
○休 園 日  12/31のみ休園
○交通ガイド  電 車:JR両毛線あしかがフラワーパーク駅下車すぐまたは富田駅から徒歩約13分
            ※あしかがフラワーパーク西ゲート前に新駅「あしかがフラワーパーク駅」が
             2018年4月1日(日)に開業しました。
         車 :東北自動車道佐野藤岡ICから約18分
○駐 車 場  普通車:300台 大型車:40台
○問い合わせ  あしかがフラワーパーク TEL 0284-91-4939

「インスタ映え」するということで、奇跡の一枚を狙ったインスタグラマーの方々も多数訪れていますが、撮影の時にはマナーを守ってお願いいたします。

★ひと足のばして!(周辺のおすすめスポット)

 世界最大級の陶磁美術館「栗田美術館」

 日本最古の学校「史跡足利学校」

 国指定史跡にして国宝「鑁阿寺(ばんなじ)」

 世界の首脳が乾杯!「ココ・ファーム・ワイナリー」

■画像提供:あしかがフラワーパーク
(旬のトピックス / 2018年10月18日配信)
県南エリア
 こちらもチェック
イルミネーションランキング、2年連続日本一!あしかがフラワーパーク「光の花の庭~フラワーファンタジー2018~」〔足利市〕

注目
直径2.2メートルの大鍋で作る、巻狩鍋!「那須野巻狩まつり」〔那須塩原市(黒磯)〕

 源頼朝が1193年(建久4年)4月、その勢力を天下に知らしめるため、那須野ヶ原一帯で大きな巻狩を行いました。この巻狩は「那須野巻狩」と呼ばれ、富士野巻狩に勝るとも劣らない規模であったといわれています。このことにちなみ、恒例の「那須野巻狩まつり」が10月27日(土)、28日(日)に行われます。今年で23回目となります。
 初日は、JR那須塩原駅西口駅前広場で、「大将鍋出陣式」が行われます。出陣式では、入魂式、巻狩踊りの披露、大小の神輿・直径2.2メートルの大将鍋を乗せた山車によるパレードが行われ、まつりを盛り上げます。
 2日目は、会場を那珂川河畔運動公園に移し、オープニングセレモニーを始め、巻狩の情景を連想させる勇壮な巻狩太鼓演奏、多くの市民が参加しての巻狩踊り大会、本物の馬を使った巻狩ショーなどが行われます。
 また、一杯200円から巻狩鍋を提供します。巻狩鍋は、当時、巻狩で獲れた鹿・猪などの肉をぐつぐつと大きな鍋で煮たという史実に基づき、その料理を想像しながら、現代風にアレンジした鍋料理です。この巻狩鍋は、まつりの時以外でも市内のお店で召し上がることができます。

○期   間  2018年10月27日(土)~28日(日)
        ■10月27日(土)9:30~15:00 ■10月28日(日)9:00~15:00
○場   所  JR那須塩原駅西口駅前広場(10/27)・那珂川河畔運動公園(10/28)
○交通ガイド  ■JR那須塩原駅西口駅前広場(10/27)JR那須塩原駅からすぐ
        ■那珂川河畔運動公園(10/28)
         JR那須塩原駅・JR宇都宮線黒磯駅などから会場まで、無料シャトルバスを運行。
○問い合わせ  那須塩原市商工観光課 TEL 0287-62-7154
(旬のトピックス / 2018年10月18日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
直径2.2メートルの大鍋で作る、巻狩鍋!「那須野巻狩まつり」〔那須塩原市(黒磯)〕

注目
わらで作った巨大なモニュメント「たんたんボッチ」が盛り上げる!「たんたん祭り2018」〔高根沢町〕

 町の有志によって作り上げられた、高根沢町の秋の一大イベント「たんたん祭り」は、町のマスコットキャラクター「タンタン」にちなんで名付けられたお祭りで、来年で10回目を迎えます。
 お祭りでは、ステージイベントや飲食ブースがあり、夜には花火の打上があります。
 また、願いを叶えてくれるわらで作った巨大なモニュメント、田んぼの神さまの「たんたんボッチ」がお祭りを盛り上げてくれます。夜になると、この「たんたんボッチ」への火入れで祭りは最高潮を迎え、打ち上げ花火で締めくくります。

○日   時  2018年10月27日(土)10:00~19:00
○場   所  キリンビール所有地(栃木工場跡地)
○交通ガイド  電 車:JR烏山線下野花岡駅から徒歩約5分
            JR宇都宮線宝積寺駅からタクシー約10分
         車 :北関東自動車道宇都宮上三川ICから約35分
○駐 車 場  会場内特設駐車場
○問い合わせ  たんたん祭り実行委員会事務局(高根沢町産業課内)TEL 028-675-8104
(旬のトピックス / 2018年10月18日配信)
県央エリア
 こちらもチェック
わらで作った巨大なモニュメント「たんたんボッチ」が盛り上げる!「たんたん祭り2018」〔高根沢町〕

注目
淡い光が色鮮やかな紅葉を照らす!日光山輪王寺「逍遥園」ライトアップ〔日光市(日光)〕

 日光山輪王寺では、10月25日(木)から11月15日(木)まで、紅葉の名所の日本庭園「逍遥園(しょうようえん)」をライトアップします。
 逍遥園は江戸時代に作られた代表的な日本庭園で、池を中心に周囲を歩きながら楽しめる池泉回遊式の庭園であり、日光国立公園の特別保護区の中にあります。そのため環境にやさしいLEDライトを多用し、自然の動植物の生態系に配慮しています。他のライトアップとは一味違う淡い光の演出が、鮮やかに色づいた10種類以上のカエデを浮かび上がらせ、秋の夜を彩ります。併せて、本堂の三仏堂の素屋根外観もライトアップします。
 今年は、日光開山年1250年を記念し、ミニコンサートや夕食の提供など、いろいろな趣向を予定しています。
 また、11月9日(金)から11日(日)までの午後5時から午後9時までは、「ライトアップ日光2018」が開催されますので、日光山輪王寺大猷院(たいゆういん)表門、常行堂、日光東照宮表門・五重塔、日光二荒山神社本社・神橋・楼門などのライトアップも見ることができます。期間中、堂者引き(案内人)が随時日光山の歴史の解説を三仏堂前にて無料で行います。

○期   間  2018年10月25日(木)~11月15日(木)
        ■10月25日(木)~10月31日(水)17:00~20:00(最終入園19:30)[予定]
        ■11月1日(木)~11月15日(木)16:00~20:00(最終入園19:30)[予定]
        ※変更になる場合があります。
○場   所  日光山輪王寺「逍遥園」(日光市山内2300)
○料   金  1名500円※父兄同伴の小中学生は無料
○交通ガイド  電 車:JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺温泉行き
            または湯元温泉行きで約5分「神橋」下車徒歩約5分
         車 :日光宇都宮道路日光ICから約5分
○問い合わせ  日光山輪王寺 TEL 0288-54-0531
(旬のトピックス / 2018年10月18日配信)
日光エリア
 こちらもチェック
淡い光が色鮮やかな紅葉を照らす!日光山輪王寺「逍遥園」ライトアップ〔日光市(日光)〕

注目
【募集中】「ぷちドラ塩谷」の参加者を募集しています!〔塩谷町〕

紅葉に彩られた塩谷町内を、今話題の新車に乗って往復40㎞のドライブに出かけてみませんか?(参加費無料!!)

■イベント内容
 【日  時】2018年11月11日(日)
        ①9:30~ ②11:30~ ③13:30~ ④15:30~ ※各回4組様まで
 【集合場所】道の駅 湧水の郷しおや(塩谷町船生3733-1)
 【所要時間】約1時間30分
        道の駅 湧水の郷しおや ⇔(片道25分)⇔ 尚仁沢はーとらん
        ど(滞在時間30分)
       ※ 塩谷町の魅力をご紹介するスペシャルガイドが同乗します。
       ※ドライブルートなどの詳細は下記の「添付ファイルを見る」をご
        覧ください。

 【参 加 費】無料
 【参加特典】①“もっちり濃厚” 里芋ふらいの実食
       ②“定番から変わりダネまで選べる” ジェラートの実食
       ③“天然水をお持ち帰り” 湧水用ペットボトル ※2L・1組1つ
 【乗車できる車種】C-HR、新型シエンタ、ヴェルファイア

■応募方法
 【応募方法】お電話(TEL:0120-31-0010/ネッツトヨタ栃木)
       もしくは、こちらの専用フォームからお申込みください。
       → 応募フォーム(ネッツトヨタ栃木ホームページ内)
 【応募条件】運転免許をお持ちの方(AT限定可/参加者のうち、どなたか1名
       保持していれば応募可能です。)
 【応募期限】先着順(16組限り)

■主催
  塩谷町地域おこし協力隊

■問合せ先
  TEL:0120-31-0010(ネッツトヨタ栃木)
(旬のトピックス / 2018年10月18日配信)
那須エリア
 こちらもチェック
【募集中】「ぷちドラ塩谷」の参加者を募集しています!〔塩谷町〕

注目
「本物の出会い 栃木」観光月報2018年11月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました

当協会編集・発行の「観光月報11月号」を発行しました。
東武ワールドスクウェア(鬼怒川温泉)やグリムの森(下野市)のイルミネーション、日光や鹿沼のそばまつり、ココ・ファーム・ワイナリーの「収穫祭」(足利市)、「塩原温泉大正浪漫街道で紅葉と野点を楽しむ」、真岡の「SLフェスタ」などのまつり・イベント情報、「塩原温泉&板室温泉 ほっこり巻狩鍋プラン」など秋・初冬の情報が満載です。

※写真:イルミネーション in 東武ワールドスクウェア〔日光市(鬼怒川温泉)〕

11月号の内容

①佐野プレミアム・アウトレット「光輝く夜空~SPARKING ILLUMINATION~」〔佐野市〕
 2018年11月2日(金)~2019年2月20日(水)
②イルミネーション in 東武ワールドスクウェア〔日光市(鬼怒川温泉)〕
 2018年11月3日(土・祝)~2019年3月3日(日)の毎日・
 3月9日(土)・10日(日)・16日(土)・17日(日)・21日(木・祝)~31日(日)
③どまんなか たぬま ガーデンイルミネーション2018〔佐野市(田沼)〕
 2018年11月3日(土・祝)~2019年2月26日(火)
④うつのみやイルミネーション2018〔宇都宮市〕2018年11月15日(木)~2019年1月15日(火)
⑤道の駅しもつけイルミネーション〔下野市(南河内)〕
 2018年11月15日(木)~2019年1月31日(木)
⑥屋台のまち中央公園もみじまつり(掬翠園もみじのライトアップ)〔鹿沼市〕
 2018年11月17日(土)~11月25日(日)
⑦TOWN-NOGIイルミネーション2018〔野木町〕2018年11月22日(木)~2019年2月17日(日)
⑧第10回グリムの森イルミネーション〔下野市(石橋)〕
 2018年11月25日(日)~2019年1月3日(木)
⑨第15回わたらせ渓谷鐵道各駅イルミネーション〔日光市(足尾)〕
 2018年12月2日(日)~2019年2月28日(木)
⑩2018 HARVEST FESTIVAL「第35回収穫祭」〔足利市〕2018年11月17日(土)~18日(日)
⑪塩原温泉大正浪漫街道で紅葉と野点を楽しむ〔那須塩原市(塩原温泉)〕
 2018年11月3日(土・祝)~11日(日)
⑫物外軒茶室無料公開(足利市指定重要文化財)〔足利市〕
 2018年11月3日(土・祝)~25日(日)の土・日・祝
⑬2018日光そばまつり〔日光市(今市)〕2018年11月23日(金・祝)~25日(日)
⑭SLフェスタ〔真岡市〕2018年11月25日(日)
⑮第12回 そば天国「鹿沼そば味比べ!」〔鹿沼市〕2018年12月1日(土)~2日(日)
⑯塩原温泉&板室温泉 ほっこり巻狩鍋プラン〔那須塩原市(塩原温泉・板室温泉)〕
 2018年12月1日(土)~2019年3月31日(日)
⑰第19回よさこい藤岡パレード〔栃木市(藤岡)〕2018年12月9日(日)
⑱冬渡祭〔宇都宮市〕2018年12月15日(土)
⑲御供加持〔日光市(日光)〕2018年12月21日(金)
⑳悪口まつり〔足利市〕2018年12月31日(月)


詳しくは、「添付ファイルを見る」(PDF)をダウンロードしてご覧ください。
(旬のトピックス / 2018年10月17日配信)
日光エリア 那須エリア 県央エリア 県南エリア 県東エリア
 こちらもチェック
「本物の出会い 栃木」観光月報2018年11月号(編集・発行:栃木県観光物産協会)を発行しました