御神火祭

那須町

2021年12月5日更新

栃木県の
このあたり!

那須エリア

圧倒的な迫力!伝統的な火祭り!

那須は国内で最も大きな火山帯として知られ、過去数回の大噴火により多くの犠牲者を出しました。近隣近在の村人は山の怒りを鎮めるため身を清め、那須温泉(ゆぜん)神社に詣でて無間地獄の火に採火し「御神火(ごじんか)」として崇めるようになりました。以来、いつしか五穀豊穣と無病息災を祈願する行事として定着しました。
「御神火祭(ごじんかさい)」は、白装束に身を固めた参加者が松明を持ち那須温泉神社から殺生石(せっしょうせき)まで行列し、大松明(御神火)へ火を放ち、幻想的な雰囲気を醸し出します。御神火が燃える中、九尾の狐伝説の地「殺生石」では、郷土芸能の白面金毛九尾狐太鼓も披露されます。暗闇の中を歩く「松明行列」は一般の方も参加できます。

基本情報

住所 〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本
問い合わせ先 (一社)那須町観光協会 TEL 0287-76-2619
公式URL http://www.nasukogen.org/
開催日時 開催期間 2022年5月下旬[予定]
開催時間 18:30〜20:00
利用事前予約 松明行列募集人数:先着100名
※定員になり次第締め切り
※事前予約はできません。
料金 松明行列参加料:ひとり1,000円(狐面、白装束付き)
※10歳未満は参加できません。
アクセス 電車・バス JR宇都宮線黒磯駅から関東バス那須湯本温泉行きで約35分終点下車徒歩約5分
東北自動車道那須ICから約20分
駐車場情報 台数 旧那須小学校校庭に臨時駐車場を設置します。
臨時駐車場から那須湯本間のシャトルバスを運行します。
※殺生石・那須温泉神社周辺の駐車場は利用できません。

開催場所

硫黄の匂いが立ち込め、独特の雰囲気を醸し出しています。

マップ

このページを見ている人が見ているページ

イベント一覧へ戻る