【終了】間々田のじゃがまいた

小山市

2022年5月9日更新

栃木県の
このあたり!

県南エリア

大迫力!7体の蛇が境内を舞う

小山市間々田には、国重要無形民俗文化財に指定された「間々田のじゃがまいた(通称:蛇(じゃ)まつり)」という、龍神信仰を伝える奇祭があります。この行事は田植えを前にした時期に、ほどよい雨風を神仏に願うとともに、五穀豊穣、疫病退散を願って行われるものです。
当日は、「ジャーガマイタ、ジャガマイタ!」という掛け声が町内に響き、竹と、ワラで作られた蛇体に、シダの葉を飾りつけた15メートルもある竜頭蛇体が町内を練り歩きます。
各地区の7体の蛇は、はじめに間々田八幡宮に集まり、蛇よせをし、修祓式(しゅうばつしき)を行ったのち、弁天池の水をたらふく飲んで再び町へと繰り出します。
かつては、旧暦の4月8日に祭りを行っていましたが、行事の担い手が中学生以下の子どもであるため、学校が休みの5月5日(こどもの日)に行われるようになりました。

基本情報

住所 〒329-0205 栃木県小山市間々田2330
問い合わせ先 小山市生涯学習課 TEL 0285-22-9669
公式URL https://www.mamada-hachiman.jp/jyagamaita
開催日時 開催期間 2022年5月5日(木・祝) <毎年同日開催>
開催時間 ■蛇よせ:10:00頃 ■修祓式・水飲み:12:00頃
アクセス 電車・バス JR宇都宮線間々田駅西口から小山市コミュニティバス間々田線で約5分「間々田4丁目公民館」下車徒歩約5分または間々田駅から徒歩約30分
東北自動車道佐野藤岡ICから約30分
駐車場情報 台数 間々田中学校:普通車約100台

開催場所

約二万坪もの敷地に広がる、美しい景色。

マップ

このページを見ている人が見ているページ

イベント一覧へ戻る