世界遺産「日光の社寺」のひとつとして知られる日光東照宮は徳川家康公を神として祀られた神社。
2015年は家康公の400年回忌を迎える大切な節目の年であり、50年に一度の式年大祭が開催されます。
一年を通して、さまざまな記念イベントで盛り上がる日光へ、女子旅に出かけてみませんか!

2015年3月「新宝物館」OPEN!「四百年式年大祭記念徳川家康公日光東照宮」を開催

新しくオープンする新宝物館では先進技術を駆使したバーチャルリアリティ作品の「日光東照宮 国宝 陽明門」が鑑賞できます。陽明門に施された508体もの彫刻を忠実に再現した展示も楽しめます。さらに、イギリスから里帰りする2代将軍・秀忠の甲冑を期間限定で展示。貴重な機会なのでお見逃しなく!

  • 詳細はこちら
  • 公式サイトはこちら
1階にはカフェが併設しており、参拝後にはゆっくりと寛げますのイメージ
1階にはカフェが併設しており、参拝後にはゆっくりと寛げます

年間スケジュール

「祝 日光東照宮400年式年大祭」特別企画宿泊プラン期間限定
2015年は徳川家康公の400年回忌にあたり、家康公を祀る日光東照宮は「400年式年大祭」を迎えます。
日光温泉旅館協同組合では特別企画の宿泊プランをご用意いたしました。
日光東照宮拝観券及び特別記念品日光温泉特別記念品「逆柱のストラップ(開運守)」(ストラップは大人の方のみ、お一人さまにつき1個、1万個限定)が特典として付きます。 日光温泉旅館協同組合 TEL 0288(54)3126

公式サイトはこちら

「今年は50年に一度の式年大祭が開催されるので、ぜひ日光へお越しくださいね!」スタッフコラム
「毎年、日光東照宮では春と秋に祭典行事として例大祭が開催されています。今年は徳川家康公の奉御奉祀400年を迎える節目の年として、50年に一度の式年大祭が盛大に執り行われます。この記念の年にぜひ日光へ遊びに来てください。」
(一社)日光市観光協会赤坂さんのイメージ
(一社)日光市観光協会
赤坂さん

春の楽しみ方、運気上昇中の、日光へ!

今年は観なきゃ! 400年記念の「春季例大祭」

式年大祭のメイン行事とされる「春季例大祭」は5月17日から開催。徳川宗家の18代当主や徳川御三家の当主が参列する予定です。3日間に渡ってさまざまな行事が執り行われます。特に見応えがあるのが、疾走する馬上から的を射抜く「流鏑馬(やぶさめ)神事」、絢爛豪華な武者絵巻が再現される「百物揃千人武者行列(ひゃくものぞろいせんにんむしゃぎょうれつ)」。行事を見学するだけでも、日常とは少し違った世界を体感することができますよ!

なんだかタイムスリップしたみたい!

見どころMAP

地図を拡大する(PDF)

地図を拡大する(PDF)

観客が一瞬息を呑む!スゴ技神事流鏑馬
石鳥居手前の表参道大手通りにて行われる「神事流鏑馬(やぶさめ)」。馬にまたがって約220メートルの馬場を駆け抜け、勇ましい掛け声とともに次々に矢を射る神事。矢が放たれた瞬間、観客全員が息を呑み、的に命中した時は大きな拍手で盛り上がります。
5/17
矢が命中するたび、集まった大勢の観客からは大きな歓声と拍手が上がる
神輿三基が二荒山神社へ渡る宵成祭
5月17日の夕刻には東照宮の神輿が3基に分乗して日光二荒山(ふたらさん)神社に出向く「宵成祭(よいなりさい)」が開催されます。その夜、神輿は神社で一夜を明かします。
圧巻!1200名余りが練り歩く百物揃千人武者行列
絢爛豪華な武者絵巻の光景が目に前で繰り広げられる「百物揃千人武者行列(ひゃくものぞろいせんにんむしゃぎょうれつ)」。神輿を中心に1200名余りの装束姿の武者が日光二荒山(ふたらさん)神社から御旅所(おたびしょ)へ向かう大行列のスケールに圧倒されます。春季例大祭のハイライトなのでぜひ見逃さないで!
詳細はこちら
公式サイトはこちら
5/18 武者や鉄砲持ちの格好をして杉並木の表参道を練り歩くイメージ
武者や鉄砲持ちの格好をして杉並木の表参道を練り歩く
新緑が美しい中禅寺湖まで足を延ばそう
男体山のふもとに広がるのどかな中禅寺湖畔は四季折々の表情を楽しめます。
春はさわやかな新緑の風景が満喫できます!遊覧船に乗って、水上からの美しい景色を楽しむのもオススメですよ。
詳細はこちら
遊覧船のイメージ
遊覧船も楽しめます
中禅寺湖のイメージ
穏やかな気候のため、外国人の避暑地としても有名な中禅寺湖

夏の楽しみ方自然を体感する、日光へ!

鬼怒川ライン下り! ラフティング! 絶景ハイキング!

夏は川や高原で遊んじゃおう!

今年は剣道大会のほかにも柔道・弓道大会が開催
夏季の8月には武道の神賑(かみにぎわい)行事が予定されています。「海道一の弓取り」と言われ、優れた武人であった家康公の精神を受け継ぐようにと毎年行われています。今年は例年の剣道大会に加えて、柔道や弓道の大会が開かれる予定です。
8/17-18 「剣道大会」のイメージ
毎年、真剣勝負が繰り広げられる「剣道大会」
夏は川遊びで決まり!
のんびりと景色を愉しむ!鬼怒川ライン下り
奇岩や怪石をはじめ、風情ある景色が続く鬼怒川を和船で下るアクティビテイ。途中には水しぶきを浴びるほどの急流もあり、ちょっとしたスリルも味わえます。周りの見どころを案内してくれる船頭さんのトークが面白い!
詳細はこちら
みんなで大盛り上がり!ラフティング
みんなで力を合わせて急流を下る迫力満点のラフティング。途中、高さ約5mの岩の上から川へジャンプしたり、ゆるやかな流れの所ではボートを止めてみんなで川遊びを楽しみます。悲鳴と笑い声が絶えないアクティビティです。
詳細はこちら
夏はハイキングで決まり! 夏の夜を彩る幻想的な世界
ニッコウキスゲの大群落に感動!霧降高原
6月下旬から7月中旬にかけて約26万株のニッコウキズゲが咲き誇ります。あたり一面が黄色い花畑が広がる様子はまさに絶景!丸山の山頂からの360度の大パノラマはぜひ見てもらいたい!
詳細はこちら
青く浮かび上がった川の風景湯西川温泉かわあかり
夏の湯西川に期間限定で青く光る”いのり星R”を約2500個放流します。真っ暗い湯西川渓流沿いに青い球が流れる光景は、まさに神秘的な世界です!
まさに、ふわっウマ!天然氷のかき氷
湧水を使い、自然の寒さで固まってできるのが天然氷。そんな天然氷で作るかき氷は絶品です。

ふわっふわの食感、溶けるような舌触りに、はじめて食べた人はビックリしますよ!
詳細はこちら
まさに、ふわっウマ!天然氷のかき氷のイメージ
シャリシャリではなく、ふわっふわの食感がクセになる天然氷のかき氷
夏の日光に来たらコレですね!

秋の楽しみ方 鮮やかに色づく、日光へ!

秋季大祭と紅葉めぐり!

秋の日光は色鮮やかな紅葉が楽しめる時期。秋季大祭を観賞した後は、1年で最も輝く日光の自然美を堪能してみては!
気軽に散策できるスポットや女の子同士で楽しめるスポットを紹介します。

やっぱり紅葉ははずせないね!

日光東照宮秋季大祭
秋季大祭は10月16日に「神事流鏑馬(やぶさめ)」、
17日には「百物揃千人武者行列(ひゃくものぞろいせんにんむしゃぎょうれつ)」が執り行われます。
詳細はこちら
公式サイトはこちら
伝統の技に観客も酔いしれる「神事流鏑馬(やぶさめ)」のイメージ
伝統の技に観客も酔いしれる「神事流鏑馬(やぶさめ)」
10/16
武者姿に扮した約1200人の市民が練り歩く様子のイメージ
武者姿に扮した約1200人の市民が練り歩く様子は圧巻!
10/17
お祭りの後、歩いて行ける紅葉スポットを紹介
日光山輪王寺逍遥園(しょうようえん)
世界遺産「日光の社寺」の一部となっている日光輪王寺。その境内にある逍遥園は江戸時代に造られた日本庭園。紅葉の名所としても知られ、10月~11月上旬ごろまでは多彩なカエデや紅葉の木が色づき、素晴らしい景色が楽しめます。夜のライトアップはとても幻想的で、昼間とは違った表情を見せてくれます。
詳細はこちら
日光の社寺の玄関神橋(しんきょう)
日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋「神橋」。現在のような朱塗りの橋になったのは寛永13(1636)年に東照宮が大造替されたとき。秋になると神橋から望む川沿いに広がる紅葉の風景は格別です。
詳細はこちら
2015年4月22日~2016年11月30日
日光山輪王寺 「徳川家康公400年御遠忌記念」

世界遺産「日光の社寺」のひとつとして知られる日光山輪王寺では、徳川家康公400年御遠忌(ごおんき)を記念し、大猷院(たいゆういん)の創建以来、非公開とされてきた秘蔵の「家康公の御位牌」を特別公開することになりました。また「風神・雷神像」も三仏堂(さんぶつどう)で特別公開します。

家康公 御位牌 初公開【大猷院 (たいゆういん)】
公式サイトはこちら
風神・雷神像 特別公開【三仏堂(さんぶつどう)】
公式サイトはこちら
女子旅におすすめの楽しみ方を紹介
紅葉の彩られた街を着物で散策
自分好みの着物をレンタルして、色鮮やかな紅葉が見事な秋の日光を散策してみませんか。着付けは手軽に10分ほどで完了。気の合う友達と一緒に楽しい思い出をつくろう。
詳細はこちら
秋の風が心地いい人力車体験
人力車に乗って紅く染まった日光の街をバックに記念写真を撮影してもいいかも!ゆったりと流れる時間がとても優雅に感じられますよ。ぜひ、一度体験してみては!
詳細はこちら
大迫力!高さ97mから流れ落ちる厳(けごん)の滝
日本三大名瀑の一つにも数えられている華厳の滝。エレベーターで滝壺の近くまで行くことができ間近で爆音とともに水しぶきが弾ける姿が見られます。特に、秋は落水量が最も多くなる時期で豪快な滝が見れますよ!
詳細はこちら
厳(けごん)の滝のイメージ
色鮮やかな紅葉と豪快に流れ落ちる滝の風景が美しい
滝と紅葉の絵になる風景ですね!
匠の技に注目!東照宮に来たら、絶対はずせない見どころを紹介!
500以上の彫刻が飾られた豪華絢爛な「陽明門」
日本を代表する最も美しい門と言われる「陽明門」。一日中眺めていても見飽きないことから「日暮(ひぐらし)の門」ともよばれ、故事逸話や30種以上の霊獣、聖人賢人など500以上の彫刻が施されています。陽明門とその前の青銅鳥居を中心に結んだ上空に北極星が来るように造られており、パワースポットとして知られています。
現在、修理中の陽明門では東西の壁面に描かれた壁画を一般公開しています。修理が終了するまでの公開となるので、ぜひこの機会にご覧ください。
詳細はこちら
「岩笹梅と錦花鳥」の壁画のイメージ
東門に描かれた「岩笹梅と錦花鳥」の壁画
有名な彫刻三猿、眠り猫、想像の象
江戸時代の匠たちのアート(彫刻)を観賞しよう!
表玄関の石鳥居をくぐり、そのまま進むと、作者の狩野探幽(かのうたんゆう)が見たこともない象の姿を想像しながら描いたといわれる「想像の象」が彫られた上神庫(かみじんこ)へ。その前には神厩舎(しんきゅうしゃ)があり“見ざる、聞かざる、言わざる”で有名な「三猿」が観賞できます。そこには三猿以外にも、8枚の彫刻を通して人の生き方が表現されていますよ。
さらに、陽明門から延びる東側の廻廊には伝説の名工・左甚五郎作の「眠り猫」があります。体長約21cmと小さいので見逃さないように!事前に観賞スポットをチェックして出かけよう!
三 猿、眠り猫、想像の象のイメージ
スタッフコラム
二荒山神社の八乙女さん

縁結び、開運の神様として人気急上昇中の日光二荒山(ふたらさん)神社は女子旅におすすめですよ!

神門の手前に立つ縁結びの御神木の近くにあるので要チェック 縁結びの笹は素通りできないよね! ハート型の絵馬に願いをこめて… 恋愛パワーをもらいたい女子に人気の「良縁板」

厳かな雰囲気が漂う日光二荒山(ふたらさん)神社。境内には「若返り」のご利益があるとされる二荒(ふたら)霊泉や縁結びの御神木など、女子が気になるスポットがあり人気急上昇中です。また、釣りみくじや菓子占いなどのユニークな運試しもありますよ。

(一社)日光市観光協会赤坂さん

日光では春夏秋冬、季節ごとに違った蕎麦が食べられますよ!ぜひお試しください

夏に食べるなら、通常のそばよりも早播き、早刈りをすることで、秋の新そばより清涼感のある味が楽しめる「夏そば」
秋には、秋のそばを早刈りした蕎麦を使用。通常よりも青みが強く、香りが高いのが特徴の「日光あおい蕎麦」が美味しい。
冬から春にかけては、日光産玄そばを-2℃の氷温域に貯蔵。凍るまいとしてアミノ酸が増加し旨味を増した「氷温寒熟そば」が人気。
また、春先には厳冬期にソバの実を清流にさらしてアクを抜き、甘みを引き出す古来の製法で作る「日光寒ざらしそば」がお披露目します。

収穫時期や、製法にによって違った味わいの蕎麦が楽しめる いろんなお蕎麦があるんだ?どれも美味しそう!
女子にぴったり!日光めぐりのあとに訪れるならココ!

日光で泊まったあとに、気軽に行ける観光スポットを紹介!
「美人証明書」がもらえるパワースポットから、旨い日本酒が味わえる酒蔵ガーデン、日本三大美肌の
湯まで女子旅のおすすめのスポットばかりです。

行きたいところがいっぱいあって迷っちゃう!

足利の美人弁天へ行こう「美人証明書」がもらえるよ! 懐かしい雰囲気が漂う益子の酒蔵で利き酒してみる?
県南エリア
足利市の厳島(いつくしま)神社では参拝者全員に「美人証明者」を配布しています。「美人証明書」を身につけていると、弁天様のありがたいご加護が降り注ぎ、心おだやかに、優しく、美しい女性となると言われています。
詳細はこちら
県東エリア
益子町(ましこまち)にある創業70年以上の「外池(とのいけ)酒造店」。凛とした雰囲気を楽しみながら酒蔵見学できます。カフェも併設していて、酒蔵ならではの大吟醸アイスなどが味わえますよ!益子焼きで有名な益子町へはJR宇都宮駅からの直通バスが便利。
詳細はこちら
「世界最大級の足湯」へ美容やストレス軽減に効果あり! 「日本三大美肌の湯」でゆったり、ほっこり、くつろぐ!
那須エリアカステラのような生地が美味しい!
塩原温泉郷にある「湯っ歩の里」は全長60mの体験型の温泉(足湯)施設。足のむくみや冷え性をやわらげる効果があるので女性に人気です。足湯でくつろいだ後は、新しいご当地グルメとして注目の「とて焼き」はいかが。気軽に歩きながら食べられて大好評!
詳細はこちら
県奥エリア
宇都宮市内から約30分。さくら市にある喜連川(きつれがわ)温泉は硫黄・塩分・鉄分という温泉の三大要素を含んだ日本で有数の泉質を誇っています。肌に対する効能が良い温泉として「日本三大美肌の湯」に選ばれています。
詳細はこちら

冬の楽しみ方、素敵なご縁とご利益に授かったら

冬にお礼参りを兼ねて、ふたたび日光へ!

ワイワイで楽しめるいちご狩り、ゆったりと寛げる天風呂、幻想的なかまくら祭りなど
春や秋とはまた違った、冬ならではの楽しみ方を紹介します。

また、来ちゃった!

いちご狩り
栃木の冬の味覚といえばやっぱり、いちご!甘さと酸味のバランスが取れたジューシーな味わいが人気の秘密。東照宮のお礼参りの後に、いちご狩りを楽しむなら「日光ストロベリーパーク」が近くておすすめです。有機栽培で美味しく育った「とちおとめ」をたっぷり味わえます。
詳細はこちら
いちご狩りのイメージ
雪見の露天風呂
日光の周辺には鬼怒川、湯西川、日光湯元などの有名な温泉が点在。静かに降り積もる雪を見ながら入る露天風呂は格別。夜もいいけれど、朝陽に輝く真っ白な雪を眺めながら入る朝風呂もおすすめです。
詳細はこちら
雪見の露天風呂のイメージ
湯西川温泉かまくら祭
湯西川温泉の冬の風物詩「かまくら祭」。昼間は雪遊び、かまくら体験、人気のかまくらバーベキュー(有料・要予約)などが楽しめます。夜になると暗闇に浮かび上がった、無数に光るかまくらが幻想的な風景を創り出します。
詳細はこちら
湯西川温泉かまくら祭のイメージ

人気プランの宿泊プランを一括比較

  • 日光から近くて便利な宿はこちら
  • ゆっくり温泉を満喫したい方はこちら