• スポットを探す








観光情報検索

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
3,450ありました
1
おしらじの滝

おしらじの滝

知る人ぞ知る、まぼろしの滝 
幻の滝とよばれる「おしらじの滝」。 しらじとは壺のこと。 注意! 滝までは、道型はありますが歩道は整備されておりません。 大変滑りやすい箇所もありますので登山靴等を履き、十分に注意して通行して下さい。 また、この辺り一帯はスマホ・携帯等の電波が圏外となります。      山の駅たかはらから那須塩原方面へ車で約5分のところから、人が踏み固めて出来た道を5分程度下ると、澄んだブルーの滝つぼ…
那須エリア
2
ハンターマウンテン塩原 ゆりパーク「2017ゆり博」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

ハンターマウンテン塩原 ゆりパーク「2017ゆり博」〔那須塩原市(塩原温泉)〕

全国最大級!400万輪のゆり畑 
 塩原温泉のスキー場、ハンターマウンテン塩原の「ゆりパーク」で「2017ゆり博」が7月15日(土)から8月27日(日)まで開催されます。「ゆりパーク」には、今年も400万輪のゆり畑がお目見えします。黄・白・ピンク・赤・オレンジの色鮮やかな約50種類のゆりが3万坪に咲き誇り、緩やかな斜面を彩ります。  全長1,000メートル、約10分間のフラワーリフトに乗ると、眼下に広がるゆりの絨毯(じゅうたん)を…
那須エリア
3
【終了】手筒花火〔益子町〕【花火大会】

【終了】手筒花火〔益子町〕【花火大会】

勇壮な掛け声とともに、吹き上がる火炎 
 「衹園祭(ぎおんさい)」の中で、毎年7月23日に「手筒花火」が披露されます。手筒花火は、東三河地方を代表する伝統的な民俗行事で、徳川家康が天下統一の後、17世紀初めに花火を打ち上げたのが始まりと伝えられています。平成17年から益子町でも「衹園祭」に新しい風を入れて祭りを盛り上げようと始まりました。  当日は、両手で持つ「手筒花火」と片手で持つ「小型手筒花火」の打上げが行われます。「手筒花火」では…
県東エリア
4
【終了】第48回真岡市夏祭り大花火大会〔真岡市〕【花火大会】

【終了】第48回真岡市夏祭り大花火大会〔真岡市〕【花火大会】

大迫力!目前で打ち上げる20,000発の花火 
 神輿(みこし)の川渡御(かわとぎょ)の明かり取り(照明の代わり)という、ユニークな理由から始まった真岡市の花火大会も今年で48回目を迎え、約2万発という全国有数の規模にまで発展し、毎年20万人を超える人出で賑わいます。  「神輿川渡御」とともに、市役所東側の五行川河畔で花火大会が行われます。花火は神輿が入水してから打ち上げられ、打ち上げ場所が観覧場から近いため打ち上げの瞬間も見ることができ大迫力…
県東エリア
5
那須フィッシュランド「天然ほたる観賞会2017」〔那須塩原市(板室温泉)〕

那須フィッシュランド「天然ほたる観賞会2017」〔那須塩原市(板室温泉)〕

全国でも珍しい!ゲンジとヘイケの両方が乱舞! 
 栃木県内で最も標高の高いホタル観賞地の那須フィッシュランドで「天然ほたる観賞会2017」を7月12日(水)から31日(月)まで開催し、期間中毎日案内します(早期終了の場合あり)。  敷地内に流れる沢で自生する天然のホタルを観賞することができます。ここは全国でも珍しい、ゲンジボタルとヘイケボタル両方のホタルを観察できます。  バーベキュー付きほたる観賞プラン(大人3,500円、小学生2,500円、…
那須エリア
6
特別展「大恐竜展Ⅱ-トリケラトプスとアジアの超肉食恐竜-」〔那須塩原市(西那須野)〕

特別展「大恐竜展Ⅱ-トリケラトプスとアジアの超肉食恐竜-」〔那須塩原市(西那須野)〕

図鑑にはない、迫力がある! 
 今から約2億3000万年前に出現した恐竜は、世界中のあらゆる環境に分布を広げ、多様な形や生態をもつ一大グループへと繁栄を遂げました。本展では、恐竜を系統ごとに展示し、主要なグループとその特徴を分かりやすく紹介します。トリケラトプスやタルボサウルス、マメンキサウルスなどの全身骨格をはじめ、貴重な実物化石や生態復元模型、さらに本物の化石に触れるコーナーを通して恐竜の魅力に迫ります。
那須エリア
8
第37回与一まつり〔大田原市〕

第37回与一まつり〔大田原市〕

武者行列が勇ましい! 
 大田原市恒例の夏祭り「与一まつり」が8月4日(金)、5日(土)の2日間、大田原市中心部の目抜き通りを歩行者天国にして行われます。「与一まつり」は、源平屋島の戦いで扇の的を射落とした那須与一を称えるまつりです。  昼の部の見どころは与一武者行列。甲冑(かっちゅう)姿の那須与一公をはじめとする勇壮な武将、女官そして市内の小学生が扮した子供武者など約350人が通りを練り歩きます。  夜の部の見どころは…
那須エリア
9
大平ぶどう団地(ぶどう狩り)

大平ぶどう団地(ぶどう狩り)

 
 太平山南山麓ではぶどうの栽培が盛んであり、栃木市大平町西部にぶどう団地が広がります。品種は巨峰をはじめ、お店では並んでいない珍しい品種もあります。6月下旬から10月上旬まで、ぶどう狩りが楽しめます。時期はぶどう園により異なりますので、お問い合わせください。 ※ぶどう園のマップ・照会先は「添付ファイルを見る」をクリックしご覧ください。
県南エリア
11
【終了】真岡の夏まつり〔真岡市〕

【終了】真岡の夏まつり〔真岡市〕

真岡が熱い3日間! 
 真岡市最大のイベント「真岡の夏まつり」が7月21日(金)から23日(日)までの3日間、行われます。昨年は3日間で約28万人の人出で賑わいました。  初日の21日(金)は夏祭りの出陣式に当たる「宮出し・出御(しゅつぎょ)祭・町会渡し」が大前(おおさき)神社で行われます。宮出しの後の出御祭では多くの人が参加し、神輿(みこし)渡御(とぎょ)や屋台巡行の安全、五穀豊穣、疫病退散、産業発展を祈ります。その…
県東エリア
14
【終了】第49回龍王祭〔日光市(鬼怒川・川治温泉)〕

【終了】第49回龍王祭〔日光市(鬼怒川・川治温泉)〕

温泉街の夏の夜は大盛り上がり! 
 鬼怒川・川治温泉の夏の一大イベント「龍(りゅう)王(おう)祭(まつり)」が鬼怒川温泉で7月21日(金)から22日(土)まで、川治温泉では7月22日(土)から23日(日)まで開かれ、温泉街は賑やかな祭りばやしに包まれます。この祭りは1969年(昭和44年)から毎年行われ、今年で49回目を迎えます。  龍王峡五龍王神社で執り行われる神事では、日光東照宮神職による「旅の安全と当地の繁栄」を祈願する温泉…
日光エリア
15
2017足利夏まつり 第103回足利花火大会〔足利市〕【花火大会】

2017足利夏まつり 第103回足利花火大会〔足利市〕【花火大会】

「30万人の夕涼み」関東屈指の花火大会! 
 足利夏まつりのクライマックスを飾る「足利花火大会」は、1903年(明治36年)に開始された伝統ある大会で、今年で114年、103回を数えます。伝統と歴史に加え、質、量とも関東屈指の大会として知られ、毎年30万人を超える観覧者が関東一円から集い、「30万人の夕涼み」として多くの人に親しまれています。  恒例の尺玉や仕掛花火、ワイドスターマイン、日本の名玉大玉花火など約2万発の花火が打ち上げられ、フ…
県南エリア
20
祇園祭〔益子町〕

祇園祭〔益子町〕

御神酒頂戴式、羽織袴の男衆が、大杯に注がれた熱燗3杯を飲み干す 
 祇(ぎ)園(おん)祭(さい)は1705年(宝永2年)頃疫病が流行し、人々は生命を失い、作物は害虫にあい、天王信仰により祭りを行い、怨霊や疫病を鎮めたことに始まります。また、祭を通し豊作や幸福を祈りました。鹿島神社境内末社の八坂神社の祭礼で昔は天王祭と呼ばれていました。  現在では、氏子地区5町会(新町(しんまち)・田町(たまち)・道祖土(さやど)・城内(じょうない)・内町(うちまち))が毎年当番…
県東エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設