• スポットを探す








観光情報検索

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
680ありました
1
【2018年開催日決定】第25回 湯西川温泉かまくら祭〔日光市(湯西川温泉)〕

【2018年開催日決定】第25回 湯西川温泉かまくら祭〔日光市(湯西川温泉)〕

日本夜景遺産認定の景色は必見! 
2018年1月27日(土)~3月4日(日)開催予定! ※本文は2017年の内容です。   湯西川温泉の冬の風物詩「かまくら祭」が、1月28日(土)から3月5日(日)まで開催されます。期間中、温泉街では、趣向を凝らした雪だるま達と雪のぼんぼりが街道を彩ります。このイベントは、平成20年に「日本夜景遺産」に認定されました。  メイン会場(平家の里会場・有料)には、数多くのかまくらが立ち並び、昼は冬情…
日光エリア
2
英国大使館別荘記念公園

英国大使館別荘記念公園

日光の奥に、19世紀の英国がある。 
 国際避暑地・奥日光の原点となった「旧英国大使館別荘」が、120年の時を経て、「英国大使館別荘記念公園」として2016年7月1日(金)、開園しました。  英国の外交官として、明治維新に大きな影響を与えたアーネスト・サトウが、奥日光の自然、特に故郷・英国の風景を思い起こさせる中禅寺湖をことのほか愛し、1896年(明治29年)、湖畔の南岸に山荘を建てました。これが後に英国大使館別荘となり、2008年(…
日光エリア
3
2017日光そばまつり〔日光市(今市)〕

2017日光そばまつり〔日光市(今市)〕

日光連山の清らかな水で打つそばは絶品! 
 日光市は県内有数のそばの生産地であり、日光連山の清らかな水とあいまって、現在100以上のそば店が営業しています。「日光そばまつり」は「そばのまち日光」の推進を目的として、今回で16回目を迎え、毎年来場者に好評を得ています。昨年は9万2千人の方が来場しました。  期間中は、日光市内や栃木県内はもとより、全国各地から毎日23店舗のそば処が出店し、自慢の味を披露します。もりそば1食原則500円(生麺1…
日光エリア
4
日光東照宮

日光東照宮

江戸幕府初代将軍徳川家康を神としてまつる神社 
※平成の大修理を終えた日光東照宮陽明門が3月10日(金)午前11時から竣工式  を行い、正午から一般参拝者にもお披露目され、4年ぶりに新装された陽明門が  姿を現します。  修復された陽明門をぜひご覧ください。   日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で…
日光エリア
5
半月山展望台

半月山展望台

中禅寺湖を一望できる展望台 
 中禅寺湖スカイラインの突き当たりにある半月山駐車場。そこからさらに徒歩で登った先に半月山展望台があります。男体山をバックに中禅寺湖を一望でき、さらに紅葉の時期には眼下に絶景が広がります。途中のドライブルートからの景色も見ごたえあり。ハイキングを楽しみたい方には、途中にある半月山第一駐車場からの散策路もおすすめです。  半月山の標高は、1,753メートル。半月山第一駐車場から山頂までは徒歩で約30…
日光エリア
6
日塩もみじライン

日塩もみじライン

鬼怒川~塩原、標高1,000メートルの観光道路 
 鬼怒川温泉と塩原温泉とを結ぶ全長28キロメートルの観光道路。途中には立ち寄りスポットも多く、太閤下ろしの滝や白滝など自然を堪能できる見所もあり。富士見台の展望台からは、霧降高原や晴れた日には遠く富士山まで望むことも。新緑の時期、紅葉の季節にはさらに車窓からの景色が堪能できます。 ※日塩有料道路(もみじラインと龍王峡ラインからなる)の一部。  例年、紅葉の色づき始めは10月初旬で見ごろは10月下…
日光エリア 那須エリア
7
足尾銅山観光

足尾銅山観光

全長700mの坑内は400年の歴史が息づく博物館 
400年の歴史を誇り、かつて“日本一の鉱都”と呼ばれ大いに栄えた足尾銅山の坑内観光施設です。閉山後に坑内の一部が開放され、トロッコ電車に乗って全長700メートルの薄暗い坑道に入っていくと、当時の辛く厳しい鉱石採掘の様子が年代ごとにリアルな人形で再現されています。鉱石から銅になるまでの過程などが展示されている銅資料館など3つの資料館も併設されており、日本の近代化を支えた足尾銅…
おもてなし施設 日光エリア
9
戦場ヶ原 (展望台)

戦場ヶ原 (展望台)

宇宙を感じる満天の星空へようこそ! 
戦場ヶ原の地名は、山の神がこの湿原で争いを繰り広げたことから、呼ばれているといわれています。昼は自然探究路も整備されておりハイキングコースとして知られ、晴れた夜には、まさしく宝石を散りばめたの如く、満天の星空に包まれます。天体写真家にも有名な星空スポットで、標高1400mに位置し、ペルセウス座流星群から夏の大三角形もはっきりと見ることが出来ます。
日光エリア
10
瀬戸合峡

瀬戸合峡

岸壁にかかる吊橋からの眺めは必見! 
鬼怒川の上流に位置する瀬戸合峡は、凝灰岩が浸食されることによって生まれた峡谷で、深度100mにも及ぶ切り立った岸壁が約2kmにわたり広がっています。県道23号線の旧道は、眼下に瀬戸合峡を見ながら縫うように走って行きます。峡谷内にある川俣ダム正面の岸壁に架けられた吊橋「渡らっしゃい吊橋」からの眺望は絶景で、断崖を真近の感じることができます。紅葉の名所としても知られ「とちぎの景勝100選」に選ばれてい…
日光エリア
11
いろは坂

いろは坂

48ものカーブがある絶景のドライブコース 
 日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路。下り専用の第一いろは坂と上り専用の第二いろは坂の二つの坂を合計すると48か所もの急カーブがあることから「いろは48音」にたとえてこの名がついたのだそう。カーブごとに「い」「ろ」「は」・・・の看板が表示される急坂が続き、標高差は440メートル。第二いろは坂途中の明智平展望台からの眺めは抜群で、第一いろは坂を望むこともできます。秋には日光で最も紅葉の美しいス…
日光エリア
12
ライトアップ日光2017〔日光市(日光)〕【ライトアップ】

ライトアップ日光2017〔日光市(日光)〕【ライトアップ】

秋の日光ならではの世界遺産ライトアップ! 
  今年で23回を数える「ライトアップ日光2017」が11月3日(金・祝)から5日(日)までの3日間行われ、秋の夜長にたたずむ世界遺産「日光の社寺」をライトアップします。  日光東照宮表門・五重塔、日光山輪王寺(大猷院(たいゆういん)表門、日光二荒山神社本社拝殿・神橋・楼門などに照明がつけられると、世界遺産の建造物が秋の夜更けに浮かび上がり、静寂の中に昼間とは違った幻想的な世界を演出しま…
日光エリア
13
五十里湖

五十里湖

大自然に囲まれた、美しい人造湖 
湯西川温泉近くにあり、男鹿川を堰止めて造られた重力式多目的ダムによる人造湖。江戸の日本橋から五十里の距離に位置することからこの名が付けられたそう。大自然に囲まれ、のんびりと風情ある景色を楽しむことができます。秋の紅葉の時期には、湖と彩られた山々のコントラストが美しく、周辺の観光地と合わせて賑わいを見せます。 五十里湖では、サクラマス釣り、ボート遊びができる他、水陸両用車によるダム湖クルージングも…
日光エリア
14
イタリア大使館別荘記念公園

イタリア大使館別荘記念公園

中禅寺湖畔にたたずむ気品ある別荘 
 明治中頃から昭和初期にかけての中禅寺湖畔は、各国の大使館をはじめ多くの外国人別荘が建てられ、国際避暑地として発展しました。園内の建物は、昭和3年にイタリア大使館の別荘として建てられ、平成9年まで歴代の大使が使用していたものです。「本邸」は、床板や建具・家具などをできる限り再利用して復元し、副邸は、往時の歴史を紹介する「国際避暑地歴史館」として整備しています。また、園内からは表情豊かな中禅寺湖の風…
日光エリア
15
日光山輪王寺「逍遥園」ライトアップ〔日光市(日光)〕【ライトアップ】

日光山輪王寺「逍遥園」ライトアップ〔日光市(日光)〕【ライトアップ】

淡い光が色鮮やかな紅葉を照らす 
 日光山輪王寺では、10月25日(水)から11月15日(水)まで、紅葉の名所の日本庭園「逍(しょう)遥(よう)園(えん)」をライトアップします。  逍遥園は江戸時代に作られた代表的な日本庭園で、池を中心に周囲を歩きながら楽しめる池泉回遊式の庭園であり、日光国立公園の特別保護区の中にあります。そのため環境にやさしいLEDライトを多用し、自然の動植物の生態系に配慮しております。他のライトアップとは一味…
日光エリア
16
【終了】日光けっこうフェスティバル2017「日光秋の花火」〔日光市(日光)〕【花火大会】

【終了】日光けっこうフェスティバル2017「日光秋の花火」〔日光市(日光)〕【花火大会】

日光の秋空を彩る、2,500発の花火 
 日光秋の最大イベント「日光けっこうフェスティバル2017」が10月14日(土)、日光市日光運動公園をメイン会場に行われます。  中でも好評のイベントは大人から子供まで飛距離を競う「日光下駄飛ばし選手権大会」です。日ごろ履き慣れない日光下駄に挑戦者たちは悪戦苦闘し、目の前に落としたり大きく枠外に外すなど珍プレーが続出し、来場者の笑いを誘います。昨年は211名の方が挑戦しました。また、直径2メートル…
日光エリア
17
太子食品工業 日光工場

太子食品工業 日光工場

日光の清流に隣接する豆腐工場で健康を学ぼう! 
清流・大谷川に隣接し、日光名水と厳選された素材で豆腐や油揚げ等を生産しています。工場は自由見学で、健康なからだ作りに必要な大豆の知識を、パネルやVTRを使って楽しく“健学”することができます。見学の他、豆腐作り体験や、工場でできたての豆腐や油揚げを試食することもできます。
日光エリア
18
霧降ノ滝

霧降ノ滝

日光三名瀑の1つ、紅葉時期の全景は圧巻 
古くから華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている。霧降川にかかる滝は上下2段になっていて、上段が25メートル、下段が26メートル、高さは75メートルある。下段の滝が、まるで霧を振られるかのように水が岩に当たり、飛び散って流れ落ちる。その様子からこの名がついたといわれる。 霧降ノ滝は、江戸時代を代表する浮世絵師・葛飾北斎が「下野黒髪山きりふりの滝」で、その渓流の美しい変化を描いた…
日光エリア
19
【終了】日光東照宮秋季大祭〔日光市(日光)〕

【終了】日光東照宮秋季大祭〔日光市(日光)〕

総勢800人の行列は、圧巻! 
 東照宮の秋の大祭は臨時祭で、春の例大祭より規模は小さいものの、徳川家康公の神霊を駿府久能山から日光へ改葬した当時の行列を再現した「百物揃千人武者行列(ひゃくものぞろえせんにんむしゃぎょうれつ)」と呼ばれる豪壮な「渡御祭(とぎょさい)」が10月17日(火)に催されます。  午前11時に神輿舎(しんよしゃ)前を出発した総勢800人ほどの行列は、表参道から御旅所(おたびしょ)までの約1キロメートルを、…
日光エリア
20
華厳ノ滝

華厳ノ滝

日本三大名瀑の一つ!高さ97メートルの大瀑布 
48もの滝が点在する日光周辺で、最も有名とも言えるのが華厳ノ滝。中禅寺湖の水が、高さ97メートルの岸壁を一気に落下する壮大な滝で、自然が作り出す雄大さと、華麗な造形美の両方を楽しむことができます。エレベーターで行ける観爆台から間近で見る滝つぼは迫力満点。爆音とともに水しぶきが弾ける豪快な姿が見られます。5月には見事な新緑、6月にはたくさんのイワツバメが滝周辺を飛び回り、1月から2月にかけては十二滝…
日光エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設