• スポットを探す








観光情報検索

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
31ありました
1
華厳ノ滝

華厳ノ滝

日本三大名瀑の一つにも数えられている高さ97mの大瀑布 
48もの滝が点在する日光周辺で、最も有名とも言えるのが華厳ノ滝。中禅寺湖の水が、高さ97メートルの岸壁を一気に落下する壮大な滝で、自然が作り出す雄大さと、華麗な造形美の両方を楽しむことができます。エレベーターで行ける観爆台から間近で見る滝つぼは迫力満点。爆音とともに水しぶきが弾ける豪快な姿が見られます。 5月には見事な新緑、6月にはたくさんのイワツバメが滝周辺を飛び回り、1月から2月にかけては十二…
日光エリア
2
いろは坂

いろは坂

48ものカーブがある絶景のドライブコース 
日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ観光道路。下り専用の第一いろは坂と上り専用の第二いろは坂の二つの坂を合計すると48か所もの急カーブがあることから「いろは48音」にたとえてこの名がついたのだそう。カーブごとに「い」「ろ」「は」・・・の看板が表示される急坂が続き、標高差は440m。第二いろは坂途中の明智平展望台からの眺めは抜群で、第一いろは坂を望むこともできます。秋には日光で最も紅葉の美しいスポットと…
日光エリア
3
竜頭ノ滝

竜頭ノ滝

日光三名瀑の一つとされる奥日光を代表する滝 
男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちる滝。幅10mほどの階段状の岩場を勢いよく流れる渓流爆。滝つぼ近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれています。5月~6月は赤紫色のトウゴクミツバツツジが咲き誇るオススメの季節。また9月下旬ごろからは紅葉の名所として人気が高く、モミジやシナノキなどに彩られた美しい景観が楽しめます。観…
日光エリア
4
戦場ヶ原

戦場ヶ原

奥日光に広がる日本有数の湿原 
この地が中禅寺湖をめぐって男体山の神と赤城山の神が争った「戦場」だった、という神話が名前の由来といわれる戦場ヶ原。かつて湖であったものが湿原化したもので、400ヘクタールの広大な面積を誇ります。湿原をぐるりと囲むように自然探究路が整備され、2時間ほどで歩けるハイキングコースになっています。350種類にも及ぶ植物が自生し、野鳥の種類が多いことでも有名。男体山を背景に広大な湿原を見渡せる展望ポイントが…
日光エリア
5
湯滝

湯滝

湯ノ湖から流れ落ちる迫力満点の滝 
湯ノ湖の南端にある高さ70メートル、長さ110メートルの滝で、湯川をせき止めて湯ノ湖をつくった三岳溶岩流の岩壁を湖水が流れ落ちる。滝壺に下りられ、その近くに観爆台があって、迫力ある姿を眺められる。戦場ヶ原から北上するハイキングコースの途中にあり、バス停、湯滝入口からも近い。 湯滝の周辺は、ツツジやシャクナゲの名所で、春には多くの観光客が鮮やかなピンク色のツツジやシャクナゲの花を撮影しています。 …
日光エリア
6
明智平

明智平

雄大な景色が広がる日光を代表する眺望スポット 
第2いろは坂をほぼ上りきったところにある明智平。ドライブインになっていて駐車場も広いため、休憩しながら展望を楽しむ観光客でにぎわっています。ここからロープウエイに乗って3分で到着する標高1373mの明智平展望台は日光を代表する人気の展望スポット。男体山や中禅寺湖そして中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝などの大パノラマが一望でき、周囲の雄大な山並みと合わせて絶景が広がります。秋には紅葉の名所としても知ら…
日光エリア
7
湯ノ湖

湯ノ湖

三ツ岳の噴火でできた静かな山間の湖 
三ツ岳の噴火で湯川がせき止められてできた湖。周囲は約3km、三方を山で囲まれており、どことなく神秘的な雰囲気が漂います。湖岸には散策路があり1時間ほどで一周できます。湖の周囲には、ノリウツギ、オオカメノキ、ウダイカンバなどの広葉樹と、コメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、変化に富んだ手つかずの自然を楽しむことができ、9月下旬~10月中旬には赤・黄・茶、色とりどりの見事な紅葉が見られます…
日光エリア
8
中禅寺湖

中禅寺湖

海抜高度1269m。日本屈指の高さを誇る湖 
奥日光の入り口に位置する中禅寺湖。周囲約25km、最大水深163mで、およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができたといわれています。穏やかな気候のため、明治から昭和初期にかけては外国人の避暑地として賑わいました。男体山のふもとに広がるのどかな湖畔は四季折々の表情を楽しめますが、特に初夏のツツジ、秋の紅葉が見事です。また、遊覧船に乗って水上からの景色を楽しむのもオススメ。…
日光エリア
9
龍王峡

龍王峡

巨大な奇岩と怪石が織りなす自然の造形美 
今から2200万年前に海底火山の活動によって噴出した火山岩が鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったと言われています。その名の通り、まるで龍がのたうつような姿を思わせる圧巻の景色は、川治温泉と鬼怒川温泉の間およそ3kmに及びます。昭和25年に「龍王峡」と名付けられたこの渓谷は、鬼怒川・川治随一の景勝地として有名で、紅葉が鮮やかな10月下旬から11月上旬には特に多くの観光客が訪れます。…
日光エリア
10
霧降ノ滝

霧降ノ滝

日光三名瀑の1つ、紅葉時期の全景は圧巻 
古くから華厳ノ滝、裏見ノ滝とともに日光三名瀑の一つに数えられている。霧降川にかかる滝は上下2段になっていて、上段が25メートル、下段が26メートル、高さは75メートルある。下段の滝が、まるで霧を振られるかのように水が岩に当たり、飛び散って流れ落ちる。その様子からこの名がついたといわれる。 霧降ノ滝は、江戸時代を代表する浮世絵師・葛飾北斎が「下野黒髪山きりふりの滝」で、その渓流の美しい変化を描いた…
日光エリア
11
霧降高原

霧降高原

ニッコウキスゲをはじめとする高山植物の宝庫 
霧降高原は赤薙山(あかなぎさん)斜面に広がる標高約1200mの高原地帯。高山植物の宝庫で、ニッコウキスゲの群生地として知られており、6月下旬~7月中旬には約26万株のニッコウキスゲが見ごろを迎え、黄色い花が一面に咲き誇ります。群生地のキスゲ平はハイキングコースが整備されているので気軽に散策も楽しめます。春には色とりどりのツツジ、秋は紅葉、冬はスキーと年間を通して豊かな自然を堪能できる霧降高原。レス…
日光エリア
12
東野交通株式会社 那須ロープウェイ

東野交通株式会社 那須ロープウェイ

那須高原を眼下に見渡す空中遊覧へ出発! 
那須高原のメインストリート、那須街道を進み、殺生石を通過し、ボルケーノハイウェイ(旧那須高原有料道路)を登っていくと、那須ロープウェイ山麓駅にたどり着く。ここから茶臼岳の9合目まで約4分間で結ばれている。 眼下にはボルケーノハイウェイ(旧那須高原有料道路)や那須野が原の雄大な眺めが広がる。山頂駅から茶臼岳頂上までは歩いて約50分。頂上からは天候が良ければ、磐梯山、日光連山、関東平野、筑波山などが望…
那須エリア
13
茶臼岳(那須岳)

茶臼岳(那須岳)

今なお噴煙上がる活火山 
那須連山の中央に位置する活火山。今もなお白い噴煙を吹きあげています。ロープウェイで8合目まで登ることもでき、眼下に広がる大パノラマを堪能。さらに山頂までは歩道も整備されているので、家族連れや初心者でも気楽に登山を楽しむことができます。山頂からは、天気が良いと関東平野を一望できて、まさに絶景です。 茶臼岳山麓は、夏は緑が鮮やかで、秋は美しい紅葉が見られます。 ロープウェイで山頂駅まで登ると、約40…
那須エリア
14
瀬戸合峡

瀬戸合峡

岸壁にかかる吊橋からの眺めは必見! 
鬼怒川の上流に位置する瀬戸合峡は、凝灰岩が浸食されることによって生まれた峡谷で、深度100mにも及ぶ切り立った岸壁が約2kmにわたり広がっています。県道23号線の旧道は、眼下に瀬戸合峡を見ながら縫うように走って行きます。峡谷内にある川俣ダム正面の岸壁に架けられた吊橋「渡らっしゃい吊橋」からの眺望は絶景で、断崖を真近の感じることができます。紅葉の名所としても知られ「とちぎの景勝100選」に選ばれてい…
日光エリア
15
太平山

太平山

山頂からの眺望は必見。桜やあじさいの名所 
栃木市の中心街から西へ約5キロの場所に位置する太平山。山頂の太平山神社は、桜やあじさいの名所としても親しまれています。山頂へは遊覧道路があり、4月初旬になると、道路の両端に約2キロ続く桜並木が一斉に開花。まさに桜のトンネルとなります。頂上近くの謙信平からは、関東平野が一望でき、天気が良い日には遠くスカイツリーや富士山まで望むことも。眼下に広がる雄大な景観も美しく、陸の松島とも称さるほど。太平山は、…
県南エリア
17
【2016年営業終了】那須ゴンドラ「深紅に染まる 那須連山の紅葉」〔那須町〕

【2016年営業終了】那須ゴンドラ「深紅に染まる 那須連山の紅葉」〔那須町〕

ゴンドラから眼下に見渡す紅葉は絶景! 
 マウントジーンズ那須では、9月17日(土)から11月6日(日)まで「深紅に染まる那須連山の紅葉」と題し、ゴンドラの運行を行います。眼下に見下ろす那須高原の紅葉は見事です。春に白い花を咲かせるゴヨウツツジの葉が深紅に染まります。山頂駅展望台からは、茶臼岳をはじめとする雄大な那須連山の紅葉を一望できます。ゴンドラにはケージを用いず直接愛犬の乗車が可能です。  例年ゴンドラ山頂付近の紅葉最盛期は10月…
18
小田代ヶ原

小田代ヶ原

湿原と草原の特徴を持つ希少な草原地帯 
湯ノ湖から流れる湯川の西側に広がる周囲2キロの草原で、面積は戦場ヶ原の約4分の1ほど。ミズナラの林に囲まれた大自然が広がります。初夏から夏にかけてはウマノアシガタ(6~7月)、ホザキシモツケ(7~8月)、ニッコウアザミ(7~8月)の群落に、秋にはミズナラの黄葉や草紅葉の美しい光景に出合うことができます。また草原の真ん中に生えている「小田代ヶ原の貴婦人」と呼ばれる1本のシラカンバの木が美しく、シャッ…
日光エリア
19
男体山

男体山

中禅寺湖の北岸にそびえる雄大な山 
日光連山を代表する標高2486mの山。山自体が信仰の対象で、山頂には日光二荒山神社の奥宮があります。二荒山(ふたらさん)とも呼ばれ、「ふたら」とは観音浄土の補陀洛(ふだらく)からきているといわれています。毎年7月31日には登拝祭が行われ、8月1日の深夜0時に多くの人が山頂を目指し登頂を開始します。また男体山のふもとに広がる中禅寺湖や華厳ノ滝・竜頭ノ滝、草原や湿原などは、男体山の噴火活動によりできた…
日光エリア
20
【まつり終了】根本山のサクラ(真岡の一万本桜まつり)

【まつり終了】根本山のサクラ(真岡の一万本桜まつり)

根本山桜まつり(真岡の一万本桜まつり) 
根本山桜まつり(根本山) 【開催期間】 3月28日(火)~4月10日(月) 【内容】    露店の出店(4月1日~) 【住所】     栃木県真岡市根本56番地11(根本山自然観察センター) ソメイヨシノを中心としたおよそ1000本の様々な桜が咲き誇り、山頂へ向かう穏やかな山道は見事な「桜トンネル」を形成しています。 夜はボンボリが点灯し、優しい光に照らされた夜桜を楽しめます …
県東エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設