• スポットを探す








観光情報検索

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
204ありました
1
日光東照宮

日光東照宮

江戸幕府初代将軍徳川家康を神としてまつる神社 
 日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。  その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康が祀られた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で建て替えられたものです。  境内には国宝8棟、重要文化財34棟を含む55棟の建造物が並び、その豪華絢爛な美しさは圧巻です。全国各地から集められた名工により、建物には漆や極彩色がほどこされ、柱などには数多くの彫刻が飾…
日光エリア
2
出流原弁天池・磯山弁財天(磯山公園)

出流原弁天池・磯山弁財天(磯山公園)

 
出流原弁天池は、環境省認定の名水です。 栃木県指定の天然記念物であり、出流川の源でもあります。 その池の水の清らかさは、ほとりに立って覗き込めば一目瞭然。 水中で優雅に泳ぐ鯉の姿、そのうろこの輝きまで、そして水底でゆらめく緑の植物までもが目に映ります。 湧水を持ち帰られる際は、隣のホテル一乃館の脇へお立ち寄り下さい。 鎌倉時代に再建されたといわれる現在の本殿は、「釘を使わない」という昔日の力学工法…
県南エリア
3
世界遺産「日光の社寺」

世界遺産「日光の社寺」

世界遺産「日光の社寺」 
1999年(平成11年)の12月2日、モロッコのマラケッシュで開催された第23回世界遺産委員会において、「日光の社寺」が世界遺産に登録されました。 世界遺産に登録された「日光の社寺」の内容は、日光山内にある日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社の103棟(国宝9棟、重要文化財94棟)の「建造物群」と、これらの建造物群を取り巻く「遺跡(文化的景観)」です。 世界遺産の名称:「日光の社寺」(…
日光エリア
4
【2020年・中止】ライトアップ日光〔日光市(日光)〕【ライトアップ】

【2020年・中止】ライトアップ日光〔日光市(日光)〕【ライトアップ】

秋の日光ならではの世界遺産ライトアップ! 
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年の開催は中止致します。  楽しみにされていた皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 ※内容は2019年のものです。 ■写真 日光東照宮表門・五重塔  今年で25回を数える「ライトアップ日光2019」が11月8日(金)から10日(日)までの3日間行われ、秋の夜長にたたずむ世界遺産「日光の社寺」をライトア…
日光エリア
5
雲巌寺

雲巌寺

吉永小百合さんが出演するJR東日本『大人の休日倶楽部』テレビCM【黒羽の芭蕉篇】の撮影地  
 江戸時代の俳諧師・松尾芭蕉も訪ねたという禅寺。筑前の聖福寺・紀州の興国寺・越前の永平寺と並んで禅宗の日本四大道場の一つです。八溝山の奥深く、清らかな渓流沿いにある仏国国師開山の臨済宗妙心寺派の名刹であり、渓流に架かる朱塗の橋から見る石段の上にそびえる山門が美しい。 ・雲巌寺は、禅の修行のための道場ですが、一般の方でも自由に拝観が許されています。 ・雲巌寺周辺は駐車場がほとんどありませんので、…
那須エリア
6
日光山輪王寺

日光山輪王寺

奈良時代に創建された、東叡山・比叡山と並ぶ大本山 
日光山輪王寺はお堂や塔、15の支院全体の総称で、「日光の社寺」として世界遺産に登録されています。   1200年以上前、日光開山の祖である勝道上人が四本龍寺を建てたのが始まり。天台宗三本山のひとつに数えられ、日光山全体を統合していました。 日光三山の本地仏をまつるお堂「三仏堂」は日光山最大の規模を誇る木造建造物で、千手観音(男体山)・阿弥陀如来(女峰山)・馬頭観音(太郎山)三体の仏像がまつられてい…
日光エリア
7
日光二荒山神社

日光二荒山神社

福の神・縁結びのご利益でも知られる神社 
 1200年以上前、勝道上人が開いた日光山。二荒山神社は日光山信仰の始まりとなった古社で、二荒山(男体山)をご神体としてまつり、古くから下野国の一の宮としてうやまわれ、信仰を集めていました。二荒山神社の主祭神は招福や縁結びの神様、大己貴命(おおなむちのみこと)がまつられており、現在では縁結びのご利益でも人気の社です。また、日光山内の入り口を飾る木造朱塗りの美しい橋「神橋」は、二荒山神社の建造物。世…
日光エリア
8
【終了】日光山輪王寺「逍遥園」ライトアップ〔日光市(日光)〕【ライトアップ】

【終了】日光山輪王寺「逍遥園」ライトアップ〔日光市(日光)〕【ライトアップ】

淡い光が色鮮やかな紅葉を照らす 
 日光山輪王寺では、10月25日(金)から11月15日(金)まで、紅葉の名所の日本庭園「逍遥園(しょうようえん)」をライトアップします。  逍遥園は江戸時代に作られた代表的な日本庭園で、池を中心に周囲を歩きながら楽しめる池泉回遊式の庭園であり、日光国立公園の特別保護区の中にあります。そのため環境にやさしいLEDライトを多用し、自然の動植物の生態系に配慮しております。他のライトアップとは一味違う淡い…
日光エリア
10
大谷寺

大谷寺

日本最古の石仏「大谷観音」 
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は短縮営業となります。 9:00~16:30(受付は20分前に終了)。 風邪・発熱の症状がある方、マスクを着用されていない方の参拝をご遠慮いただいております。なお、お互いの距離をお取りください。  宇都宮の中心から車で約30分。石の里・大谷にある寺社、大谷寺は洞窟に包まれるように建てられた非常にめずらしいお寺です。神秘的な本堂内には自然の岩壁に彫ら…
県央エリア
11
国指定史跡「唐沢山城跡」・唐澤山神社

国指定史跡「唐沢山城跡」・唐澤山神社

上杉・北条と攻防を繰り広げた戦国時代の山城跡。戦国当時の高石垣が訪れる人を出迎えます。 
〔唐沢山城跡〕 続・日本百名城、関東七名城のひとつで、国指定史跡の山城跡です。唐沢山山頂に本丸を有し、本丸周辺では関東平野を一望できる眺めと季節の花が楽しめ、400年以上前に築かれた貴重な高石垣が訪れる人々を出迎えます。 〔唐澤山神社〕 唐沢山山頂の本丸跡には、この地に城を構えたという藤原秀郷を祀った唐澤山神社があります。 境内では四季折々の草木や周辺の眺望を楽しむことができます。春のツツジや秋…
県南エリア
14
那須温泉神社

那須温泉神社

温泉発見を感謝し、祠を建てたのが温泉神社の始まりと伝えられている 
7世紀頃、狩りで傷を負わせた鹿を追って山へ入ったところ、翁が現れ、鹿が傷を癒している温泉を告げた。 そこで、温泉発見を感謝し、祠を建てたのが温泉神社の始まりと伝えられている。 のちに屋島の戦で扇の的を射た那須与一が戦勝祈願した神社ともいわれている。 宝物殿には那須与一ゆかりの品や乃木大将の遺品などが展示されている。 毎年10月8~9日に行われる例祭には、神前に献湯し、獅子舞などが行われる。
那須エリア
16
家光廟大猷院

家光廟大猷院

重厚な雰囲気がただよう家光をまつったお堂 
 日光山輪王寺にある3代将軍家光の霊廟(れいびょう)で、世界遺産に登録されています。  大猷院(たいゆういん)とは家光の法号のこと。祖父である家康を心から深く尊敬していた家光の、死後も家康に仕えるという遺言により、4代将軍家綱によって建造されました。  東照宮に比べて規模が小さく華やかさは抑えられていますが、建物は本殿、相の間、拝殿が国宝となっているほか、壮麗な二天門、竜宮城を思わせる皇嘉門(こう…
日光エリア
17
日光二荒山神社中宮祠

日光二荒山神社中宮祠

男体山山麓に鎮座する神社 
中禅寺湖の北岸、男体山山麓の景勝の地に鎮座する神社です。男体山の山頂にある二荒山神社奥宮と、日光市内にある二荒山本社の中間にあるので中宮祠と呼ばれています。 中宮祠は、784年(延暦3年)に建立、境内は本殿など7棟が重要文化財に指定され、男体山の登拝口の近くにある巨大なイチイは、樹齢は1,000年を超えると推定されています。宝物館では、二荒山神社が所有する刀剣等の多くの宝物を展示してます。 本殿…
日光エリア
18
鷲子山上神社

鷲子山上神社

日本最大級の大フクロウ(不苦労)像、運気上昇・金運福徳で人気のパワースポット!  
 創建大同2年(807年)といわれ、大鳥居と御本殿の中央が栃木県と茨城県の県境に位置し、御祭神が天日鷲命という鳥の神様であることから、幸福を招く神様のお使いとして、「不苦労」「福老」とも記されるフクロウが崇敬されています。  また、近年、運気上昇・金運福徳で今、メディアに何度も取り上げられています。  6月には多種の色とりどりのあじさいの花が満開になります。  
おもてなし施設 県央エリア
19
日光山中禅寺立木観音

日光山中禅寺立木観音

日光山開祖、勝道上人によって創建されたお寺 
日光山の開祖、勝道上人は、男体山山頂をきわめた後、延暦3(784)年に中禅寺を建立、修行の場とした。当時は男体山の登拝口の方にあったが、明治35年(1902)年の大山津波をきっかけに、中禅寺湖歌ヶ浜に移転した。坂東観音霊場33か所の18番目にあたり、立木観音や波之利大黒天など、特徴的な仏像がまつられている。
おもてなし施設 日光エリア
20
星宮神社

星宮神社

トトロ神社、かかしまつり、目立ちたがりの鳥居で有名な下野市石橋の神社です。 
大同二年(807)に創建されたと伝えられている、下野市(旧石橋町)下古山の神社です。 磐裂神、根裂神を祀る当社は、乾元元年(1302)には宇都宮公剛公の後裔児山三郎左エ門朝行守が当地に築城し、 武運・開運の守護神として香取神宮より経津主神を勧請し合祀したと伝えられています。 以来、開運・武運の守護社として祈願する人たちで賑わい、城主も信仰の念篤く城の守護神と致しました。 現在も「トトロ神社」として…
県南エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設