• スポットを探す








観光情報検索

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設
193ありました
1
日光東照宮

日光東照宮

江戸幕府初代将軍徳川家康を神としてまつる神社 
※平成の大修理を終えた日光東照宮陽明門が3月10日(金)午前11時から竣工式  を行い、正午から一般参拝者にもお披露目され、4年ぶりに新装された陽明門が  姿を現します。  修復された陽明門をぜひご覧ください。   日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。その中でももっとも有名な「日光東照宮」は徳川家康がまつられた神社で、現在の社殿群は、そのほとんどが寛永13年3代将軍家光による「寛永の大造替」で…
日光エリア
2
大谷寺

大谷寺

日本最古の石仏「大谷観音」 
 宇都宮の中心から車で約30分。石の里・大谷にある寺社、大谷寺は洞窟に包まれるように建てられた非常にめずらしいお寺です。神秘的な本堂内には自然の岩壁に彫られた美しい磨崖仏が10体あり、全てが国の特別史跡かつ重要文化財となっております。中でも本尊の千手観音は日本最古の石仏であり、弘法大師の作とも伝えられています。  大谷寺の洞窟に見られる遺跡からは、縄文人が生活した跡があり、併設された宝物館では、大…
県央エリア
4
日光二荒山神社中宮祠

日光二荒山神社中宮祠

男体山山麓に鎮座する神社 
中禅寺湖の北岸、男体山山麓の景勝の地に鎮座する神社です。男体山の山頂にある二荒山神社奥宮と、日光市内にある二荒山本社の中間にあるので中宮祠と呼ばれています。 中宮祠は、784年(延暦3年)に建立、境内は本殿など7棟が重要文化財に指定され、男体山の登拝口の近くにある巨大なイチイは、樹齢は1,000年を超えると推定されています。宝物館では、二荒山神社が所有する刀剣等の多くの宝物を展示してます。 本殿…
日光エリア
5
【終了】世界遺産「日光の社寺」DC特別企画〔日光市(日光)〕

【終了】世界遺産「日光の社寺」DC特別企画〔日光市(日光)〕

世界遺産「日光の社寺」初の『夜間参拝!』 
 4月29日(土・祝)から5月5日(金・祝)までの期間限定で夜の世界遺産「日光の社寺」を参拝できます。普段は味わうことができない幻想的な夜の世界遺産を堪能できます。  日光東照宮では「国宝陽明門ライトアップ」が午後6時から7時30分(最終受付)まで行われ、4年ぶりに3月10日からお披露目したばかりの陽明門が闇夜に照らされます。  日光山輪王寺では『大猷院(たいゆういん)「燈籠」初点灯~春宵特別参拝…
日光エリア
6
愛宕塚古墳(愛宕神社)

愛宕塚古墳(愛宕神社)

神社境内が古墳!住宅街に古木茂る 
結城街道沿い、富士通小山工場にほど近い住宅街には、小高い山の上に祀られた神社がある。 この古木の生い茂る山は、「愛宕塚古墳」で、墳頂部に祀られているのが「愛宕神社」である。 墳形は、截頭円錐形を呈し、墳丘は裾部から墳頂部にかけて急峻に立ち上がる。 1957(昭和32)年8月、県史跡に指定。
県南エリア
8
世界遺産「日光の社寺」

世界遺産「日光の社寺」

世界遺産「日光の社寺」 
1999年(平成11年)の12月2日、モロッコのマラケッシュで開催された第23回世界遺産委員会において、「日光の社寺」が世界遺産に登録されました。 世界遺産に登録された「日光の社寺」の内容は、日光山内にある二荒山神社、東照宮、輪王寺の103棟(国宝9棟、重要文化財94棟)の「建造物群」と、これらの建造物群を取り巻く「遺跡(文化的景観)」です。 世界遺産の名称:「日光の社寺」(Shrines…
日光エリア
10
日光山開山1250年記念「勝道上人立像」初公開〔日光市(日光)〕

日光山開山1250年記念「勝道上人立像」初公開〔日光市(日光)〕

秘蔵の「勝道上人立像」を初公開! 
 中禅寺は、日光を開山された勝道上人(しょうどうしょうにん)が延暦3年(784)に創建されたお寺です。その由来は、上人が中禅寺湖のほとりで祈願を込めたところ、湖上に観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)を感得(かんとく)され、そのお姿を桂の木に立木のまま御手彫(おてぼり)されました。これが「立木観音(たちきかんのん)」とも称される日光山輪王寺(にっこうざんりんのうじ)別院「中禅寺」の御本尊「十一面千手観世…
日光エリア
11
乙女八幡宮

乙女八幡宮

河岸商人の信仰集めた神社 
創建は鎌倉時代と伝わる神社。誉田別命(ホンダワケノミコト)を祀っている。 境内には1703(元禄16)年に建立された市内で5番目に古い神明鳥居型式石造鳥居がある。 近くを流れる思川には、江戸時代には乙女河岸が設けられ、商人たちからの信仰も厚かった。 2000(平成12)年、小山市有形文化財に指定。
県南エリア
12
二荒霊泉

二荒霊泉

運気アップのスポットとして知られる霊泉 
恒霊山の洞窟から湧く「薬師の霊泉」と、滝尾神社境内に湧く「酒の泉」の水脈が合わさった小さな泉。この水を飲むと眼病が治り、若返るとも。また、古くから県内の造り酒屋からの信仰も厚く、この水を持ち帰り酒を仕込むと銘酒ができるといわれています。隣接している神苑には、二荒霊泉で点てた抹茶やコーヒーを味わえるあずまやもあり、一息つける空間です。 二荒霊泉は、日光二荒山神社の重要文化財が多い「神苑」の中にあり…
日光エリア
17
家光廟大猷院

家光廟大猷院

重厚な雰囲気がただよう家光をまつったお堂 
 日光山輪王寺にある3代将軍家光の霊廟(れいびょう)で世界遺産に登録されています。  大猷院とは家光の法号のこと。祖父である家康を心から深く尊敬していた家光の、死後も家康に仕えるという遺言により、4代将軍家綱によって建造されました。東照宮に比べて規模が小さく華やかさは抑えられていますが、建物は本殿、相の間、拝殿が国宝となっているほか、壮麗な二天門、竜宮城を思わせる皇嘉門(こうかもん)など見どころが…
日光エリア
18
滝尾神社

滝尾神社

様々な伝説が眠る隠れたパワースポット 
二荒山神社の別宮で、二荒山神社の主祭神、大己貴命(おおなむちのみこと)の妃神(きさきがみ)・田心姫命(たごりひめのみこと)が祀られています。鳥居の小さな穴に石を3回投げ、ひとつでも穴を通ったら良いことがあるといわれる「運試しの鳥居」や、子宝に恵まれ安産になるという「子種石」、笹に願を込めると縁が結ばれるといわれる「縁結びの笹」など、ご利益スポットが数多くあります。
日光エリア
20
日光二荒山神社

日光二荒山神社

福の神・縁結びのご利益でも知られる神社 
1200年以上前、勝道上人が開いた日光山。二荒山神社は日光山信仰の始まりとなった古社で、二荒山(男体山)をご神体としてまつり、古くから下野国の一の宮としてうやまわれ、信仰を集めていました。二荒山神社の主祭神は招福や縁結びの神様、大己貴命(おおなむちのみこと)がまつられており、現在では縁結びのご利益でも人気の社です。また、日光山内の入り口を飾る木造朱塗りの美しい橋「神橋」は、二荒山神社の建造物。世界…
日光エリア

検索条件を指定

エリア 地図を見る
ジャンル もっと絞り込む
キーワード 定番・人気
おもてなし施設