那須温泉郷  なすおんせんきょう

硫黄の香りと歴史情緒の漂う地

硫黄の香りと歴史情緒の漂う地
硫黄の香りと歴史情緒の漂う地
栃木県の中で最も古い歴史をもち、硫黄泉の白いにごり湯が特徴的です。開湯1380年という共同浴場「鹿の湯」は、温泉街の象徴的な存在として今も入浴客でにぎわっています。

★那須温泉の宿泊はこちら

■那須高原の紅葉の見頃(目安)
 茶臼岳:9月下旬~10月上旬
 姥ヶ平:9月下旬~10月上旬
 朝日岳:9月下旬~10月上旬
 那須ロープウェイ付近:10月上旬~中旬
 駒止の滝:10月中旬
 那須甲子道路:10月中旬
 つつじ吊橋:10月中旬
 殺生石:10月中旬~下旬
 湯本温泉周辺(那須温泉郷):10月中旬~下旬

※見頃は例年のものです。その年の天候により変化しますので、お出かけの前にお問い合わせください。
 那須町観光協会 TEL 0287-76-2619

周辺観光情報

基本情報

住所 栃木県那須郡那須町湯本
電車・バスでのアクセスJR黒磯駅から東野バス那須ロープウェイ行きで35分、「那須湯本温泉」下車。
車でのアクセス東北道那須ICから那須街道経由で12km