おおまるおんせん(おおまるおんせんりょかん)

大丸温泉(大丸温泉旅館)

那須町

  • 温泉
  • 宿

2022年7月21日更新

栃木県の
このあたり!

那須エリア

自然湧出する「川の湯」で野天風呂を堪能

那須温泉の最奥地にたたずむ一軒宿です。歴代の館主が200年以上前から守り続けてきた湯は、メタケイ酸を多く含み保湿成分が高いため「美人の湯」と呼ばれています。茶臼岳の麓に点在する那須温泉郷の中でも最奥地にある秘境で、標高1300mに佇む温泉旅館。歴史ある「川の湯」は、湯量豊富な天然温泉が川となり、流れをせき止めてできた野天風呂。川の流れを聞きながら、趣のある秘湯の雰囲気を楽しめる温泉宿で、日帰り入浴も可能です。

大丸温泉は、メタケイ酸を多く含有し、保湿成分が高く古くから美人の湯と言われています。「白樺の湯」「あじさいの湯」「あざみの湯」は混浴の露天風呂となっており、ファミリーに人気です。

お食事処は、那須で採れた新鮮な野菜や、栃木のブランド牛「とちぎ和牛」のしゃぶしゃぶ、栃木県産こしひかりなど、那須の旬を味わうことができます。焼酎好きの方には、源泉の風味を楽しめる焼酎温泉割りもおすすめです。

明治時代には、乃木希典将軍が毎年大丸温泉に湯治に訪れており、大丸温泉旅館のロビーの一画には、乃木将軍の面影が残る当時の着物や日記・手紙など、めずらしい品々が常時展示されています。

基本情報

住所 〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本269
問い合わせ先 大丸温泉旅館 TEL 0287-76-3050
公式URL http://www.omaru.co.jp/
営業情報 営業時間 -
休業日 -
料金 日帰り入浴
大人1,000円
3歳〜小学生700円
アクセス 電車・バス JR那須塩原駅西口から関東バス那須ロープウェイ行きで「大丸温泉」下車徒歩約2分
またはJR黒磯駅西口から関東バス那須ロープウェイ行きで「大丸温泉」下車徒歩約2分
東北自動車道那須ICから県道17号線北進約30分
駐車場情報 台数 34台(バス4台、乗用車30台)
料金 無料
備考 宴会場4(130名)・会議室1(40名)あり

マップ

このページを見ている人が見ているページ

なすおんせんさんらく

那須温泉 山楽

きくやりょかん

喜久屋旅館

うんかいかく

雲海閣

スポット一覧へ戻る