おとめのたき

乙女の滝

那須塩原市

  • 歴史・文化・自然

2021年12月12日更新

栃木県の
このあたり!

那須エリア

心も体もリフレッシュしたい方におすすめ!

乙女の滝は、白笹山から流れる沢名川にある幅約5メートル、落差約10数メートルの美しい滝で、季節や水量によっていろいろな表情を見ることができます。
滝の名前の由来にはいくつかの説がありますが、地元にはこんな昔話が残っています。
昔地元の若い釣り人が沢名川に行くと、滝の上に盲目の美しい乙女が現れました。この話が村人に伝わり、後にこの滝の名前になったと言われています。またこの乙女は、沢名川の上流にある沼ッ原湿原の子守石に伝わる昔話と関係があるようで、盲目になった蛇の化身であるという伝説があります。
他にも、滝のやさしく美しい流れが乙女の髪のように見えるという説や、滝壷に若い人魚が現れたという説などが伝えられています。
清らかな水ときれいな空気に包まれて心も体もリフレッシュしたい方にお勧めのポイントです。
夏は、滝からの天然のミストシャワーにより快適に過ごせます。

基本情報

住所 〒325-0111 栃木県那須塩原市板室703
問い合わせ先 那須塩原市商工観光課 TEL 0287-62-7156
利用事前予約 不要
料金 無料
アクセス 電車・バス JR黒磯駅から関東バス板室温泉行きで約45分「乙女の滝」下車
東北自動車道那須ICから約30分
東北自動車道黒磯板室ICから約40分
駐車場情報 台数 普通車20台
料金 無料

マップ

このページを見ている人が見ているページ

みかえりのつりばし・みかえりのたき

回顧の吊橋・回顧の滝

りゅうしゅんのたき

留春の滝

りゅうかのたき

竜化の滝

スポット一覧へ戻る